冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

机の残りの片付けと30年実践する領収書のおすすめ保管方法。

今日は先日片付け文机の引き出しに続いて、残っていた扉の中を片付けました。

それに加えて、30年間私が実践している領収書などの保管方法もご紹介します。

 扉の中を片付ける

ビフォー画像

f:id:ohitorisamazanmai:20181015090850j:plain

文机の扉の中にはこのように収納しています。

扉の中+机の上に置いているペンスタンドも全部出します。

f:id:ohitorisamazanmai:20181015091127j:plain

思っていたよりも物がありました。

ペンケースとペンスタンドの中身はどちらも文具なので、一緒に出しました。

f:id:ohitorisamazanmai:20181015093420j:plain

分けたところ

これを要るものと要らないものに分けるとこうなります。

(要るもの) 

f:id:ohitorisamazanmai:20181015091658j:plain

(いらないもの)

f:id:ohitorisamazanmai:20181015091353j:plain

いらないもの

いらないものの中には古い通帳が8冊ありました。

そのうち6冊が亡くなった夫のものでした。

夫は昨年末に亡くなりましたが、何か手続きに必要かもしれないと取っておいたんですね。

10か月が過ぎてもう必要ないと判断したので、処分することにしました。

それ以外には使わないペンや絵はがき、黄ばんだ透明のファイルなどもあります。

感謝して手放しました。

アフター画像

残すものを扉の中に戻すとこうなります。

f:id:ohitorisamazanmai:20181015093838j:plain

いつもながらあまり変わりませんね💦

改善点

30年くらいこの状態で収納していますが、特に不便は感じません。

ただ、今回少しだけ物が減って、ファイルが倒れやすくなった気がします。

ファイルが倒れにくくなるには、どうしたらいいかと考えた時に、100均のブックスタンドを使うことを思いつきました。

f:id:ohitorisamazanmai:20181015095143j:plain

実際に使ってみると、倒れにくくなりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20181015095216j:plain

黒くてちょっとわかりにくいのですが、こんな風に置いてみました。

しばらく使って様子を見ようと思います。

先日机の引き出しを片付けた様子はこちらからどうぞ。 

www.yamanoyume.com

領収書や古い通帳の保管

今回、私が実践している領収書や古い通帳の保管方法をお見せしようと思います。

領収書

領収書は30年前から100均のB5ファイルに入れています。

f:id:ohitorisamazanmai:20181015100157j:plain

上部に「電気」「ガス」「水道」などと書いたインデックスシールを貼っています。

中がよく見えて便利です。

月に一枚づつしか増えないので、この大きさで十分です。

領収書はたまってきたら2年分くらいを残して処分しています。

領収書によって残す期間が違いますが、よく忘れるので調べました。

ガス・電気⇒2年
医療費・リフォーム工事費⇒ 3年
国税・地方税・水道料金・家賃⇒5年
国民年金保険料⇒老齢年金をもらうまで保存

出典:実家片づけ整理協会

いつまで保存?公共料金などの領収書の整理|ファイリング・紙の書類の保管期限 | 実家片づけ整理協会

ガスや電気は2年だったのでOKでした。

医療費が3年とは知りませんでした。

税金や水道料金が5年と長いので、気をつけないといけません。

古い通帳や一筆箋など

古い通帳や一筆箋、シールはジッパー付きのクリアファイルに入れています。

f:id:ohitorisamazanmai:20181015100359j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20181015102312j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20181015102340j:plain

 これも30年くらい同じ保管方法です。

中身がよく見えるので、使いやすいです。

一筆箋はファイルに入れないと必ず端が折れるので、助かっています。

シールもバラバラにならずに済んで気に入っています。

ファイルが結構しっかりしているので、扉の中に立てて収納しています。

立てているのでさっと取り出すことができて便利です。

よかったら参考になさってください。