ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

プチプラだけじゃ寂しい50代!上質なヘレンカミンスキーの帽子に大満足。

私は普段着をユニクロや無印良品で購入しており、満足しています。

ただ50代後半の私には、プチプラばかりでは物足りないと思う時があります。

そのため、外出着は多少上質なものを揃えています。

小物に関しても、1つだけある帽子は私にしたら高価なヘレンカミンスキーのものを所有。

今回1年前に購入したヘレンカミンスキーの帽子について、ご紹介したいと思います。

普段の服はプチプラで満足 

私は手持ち服がオールシーズンで22枚、そのうち夏服は10枚です。

夏服のうち半分の5枚は、普段着として着用。

3枚をユニクロ、2枚を無印良品で購入しました。

ユニクロと無印良品の服はシンプルでプチプラかつ丈夫と、普段着には最適かなと。

トップスとボトムスが2枚ずつなので、毎日選ぶ必要もないのが楽ですね。

半袖白Tシャツとデニムワイドパンツという夏の定番は、大変気に入っています。

f:id:ohitorisamazanmai:20200815200715j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20200815200730j:plain


対して、外出着はJ.PRESSや自由区、ビアズリーで購入。

f:id:ohitorisamazanmai:20200815200828j:plain

ある程度きちんとした服も、50代には必要かなと思っています。

 

バッグについてもブランド物が1つだけありますが、残りの3つはプチプラです。

そもそもガストンルーガのバッグ2個は、コラボでいただいたもの。

どちらも欲しいと思った時にタイミングよくいただけて、自分でもびっくり。

大変使い勝手が良く、愛用しています。 

昨年購入したヘレンカミンスキーの帽子

帽子に関しては、昨年5月に購入したものを1つだけ持っています。

唯一の帽子は、「Helen Kaminski(ヘレンカミンスキー) 」というブランドのもの。

ヘレンカミンスキーはオーストラリアのシドニー発、ファッションアクセサリーブランド。

洗練されたデザインが、世界中で支持されているようです。

 

ヘレンカミンスキーの帽子にも多くの種類があり、私が持っているのは「ラフィア ハット」という麦わら帽子。

ラフィアというのは、ヤシ科の植物の葉を加工して作られた天然素材です。

ラフィアハットにも10色あり、私が購入したのは「マジョルカ」という色。

f:id:ohitorisamazanmai:20200815200008j:plain

 なんとすべての工程が、フルハンドメイド(手作り)だそうです。

 

価格は、自分の中でそれまであり得なかった30,000円台。

昨年5月京都に行った際、葵祭りの前日に必要に迫られて購入しました。

昨年の夏は購入後日傘をさすことが多く、あまり帽子は被りませんでした。

今年になって急に、帽子を被ろうという気になったんですね。

というのも、おそらく取り出しやすい場所に収納しているからかなと。

先月7月新居に引越した後、帽子をリビングのランドリーラックに収納。

f:id:ohitorisamazanmai:20200815201421j:plain

ランドリーラックは、リビングの中でも1番玄関に近い場所にあります。

出かける際に取り出しやすいので、よく手に取るように。

高価な帽子だからと言って、大事に取っておいては逆にもったいない。

せっかく持っているのだから、惜しまずに被ろうと。

   

 ヘレンカミンスキーの帽子2つのメリット

ヘレンカミンスキーの帽子は、とても涼しくて被りやすい印象。

また2つの点がすばらしいと感じています。

1、内側にシリコンが付いており、強風でも帽子が飛ばない

f:id:ohitorisamazanmai:20200815203840j:plain

購入時にはあまり気に留めていなかったのですが、内側にシリコン製のパーツが付いています。

このパーツのおかげで、少々の風では飛びません。

帽子を押さえなくてもいいのが、ストレスフリーですね。

2、帽子を折りたたんでも型崩れしない

f:id:ohitorisamazanmai:20200815203916j:plain

 ヘレンカミンスキーの帽子には、折りたたんだ際に収納できる袋が付いています。

折りたたむのが前提ともいえます。復元性が素晴らしいんですね。

折りたたんでもしわにならないのは、大変ありがたいと感じています。

 

少しでも気になる方は、覗いてみてください。

 

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

高価だからと、取っておくのはやめようと思います。

今の自分が快適に過ごせることが最重要で、アイテムはそのためのもの。

持っているものをフル活用していきたいと思います。