冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

私がベルメゾンのナイトテーブルを選んだ理由。

私は今回の引っ越しで、収納家具やテーブルなどを何点か買いました。

いくつかの店舗やネットショップで比較検討した結果、ほとんどをべルメゾンで買いました。

今日は無印良品の脚付きマットレスの横に置く、ナイトテーブルについて書きたいと思います。

ベルメゾンのナイトテーブルを選んだ理由

ベルメゾンはもう10年以上前から利用していて、お気に入りの通販です。

ナイトテーブルは無印良品でも探しましたが気に入った物がなかったので、ベルメゾンで買いました。

こちらがそのナイトテーブル「天然木のコンセント付きベッドサイドテーブル」です。値段は税込み11,900円でした。

f:id:ohitorisamazanmai:20181029200209j:plain

このナイトテーブルは、私のイメージにかなり近いもので、とても満足しています。

私がベルメゾンのナイトテーブルを選んだのは、いくつかの理由があります。それを順に説明しますね。

素材が天然木

 私は素材が天然木のナイトテーブルを探していました。こちらはタモ材という天然木で、温かみがあるのが気に入りました。

大きさがちょうどいい

ベルメゾンではこの商品の幅が2タイプあり、幅が広いほうの35センチを選びました。幅が35センチだと、ベッドの横に置いても壁からはみ出すことがなくて、とても使いやすいです。

色はタモブラウン

この商品は色が4色あり、私はタモブラウンという濃いめの茶色を選びました。

実は、色を選ぶ時にベルメゾンのサイトではかなり黒っぽく見えたので、迷いました。買うならブラウンだけど、あまりに黒に近かったらいやだな、と。

でも、今までの通販で買い物した経験を思い出すと、カタログやネットショップで見る色は実物とかなり違うことがあるんですね。

特に濃い色に関しては、実物はもっと薄いことが多かったので、たぶん私が望むような色にちがいない、と考えて注文しました。

その予想が当たり、私が欲しかった色のナイトテーブルが手に入りました。

上が平になっている

もう一つ、ベルメゾンはナイトテーブルの種類が多く、とても選ぶのに苦労しましたが、最後まで迷ったものがありました。

それを選ばなかった理由は、上の板のまわりが少しだけ高くなっていて、内側が低い作りになっていましたが、掃除がしにくそう、と思ったからです。

少しの段差くらい、と思われるかもしれませんが、今後何年も使うことを考えたら、それは妥協できませんでした。

逆に段差があることで、置いたものが下に落ちにくいのでしょうが、私は掃除のしやすさを選びました。

私が買ったナイトテーブルは上が平で見た目もスッキリしているし、掃除が楽です。

コンセント付き

この商品は上向きにコンセントが二つ付いているので、大変助かります。

スマホの充電には欠かせません。

また、コンセントにゴミやほこりが入らないように、使っていない時は自動的にカバーがかかるようになっています。

引き出しがついている

ベッドの横に置くテーブルなので、最低限メガネとスマホが置ければいいのですが、夜寝る前に読む本も置けたらいいな、と欲張って、引き出し付きを選びました。

単行本が3冊は余裕で入るので、重宝しています。

f:id:ohitorisamazanmai:20180629105018j:plain

下にスペースがある

引き出しの下にゴミ箱を置くスペースがあるので、これも助かっています。

これでベッド回りがスッキリまとまって、ストレスが減りました。

改善してほしい点

私にしたらほぼ満点のナイトテーブルですが、あえて注文を付けるとしたら、重くて動かしにくいので、これが改善されればパーフェクトだと思います。

床に傷がつかないか、毎回ひやひやしながら動かしていますが、天然木なので仕方ないでしょうか。

最後に

今回私が買ったベルメゾンのナイトテーブルについて感想を書きました。

購入の際に参考にしていいただければうれしいです。