冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

真夏に着られそうだけど、あえてノースリーブのカットソーを断捨離するわけ。

今日、私が断捨離したのは、ノースリーブカットソーです。

真夏の今着るのにちょうどよさそうなノースリーブのカットソーを、なぜ手放す気になったのか、ご説明したいと思います。

この ノースリーブのカットソーも10年以上持っていた

このノースリーブのカットソーも、私はかなり長いこと手放せずにいました。

買ったのは10年以上も前のことで、くわしいことは定かではありません。

ちょうどこのサンダルと同じくらいですね。

www.yamanoyume.com

それくらい昔から持っているのですが、買ったのは通販か生協のどちらかでした。

ネイビーの半袖ニットとセットアップになっていた記憶があります。

ニットはその頃、ヘビーローテーションだったせいで早くに手放しましたが、このノースリーブのカットソーはあまり着ることがなかったので、傷みませんでした。

素材が綿100%で、ネイビーの涼しげな花柄も気に入っていました。

それで、なんとなく手放しそびれたんですね。

f:id:ohitorisamazanmai:20180804091650j:plain

ノースリーブのカットソーを今、断捨離しようと思ったわけ

それなら、どうして今になって、このカットソーを断捨離する気になったのか、ご説明したいと思います。

ノースリーブの服はあまり着ない

このノースリーブのカットソーをあまり着なかったのは、私が普段あまりノースリーブの服を着ないからでした。

私は二の腕が太いので、できるだけ二の腕を出したくないんですね。

だから、ノースリーブの服はこのカットソーしか持っていません。

それなら、なぜ断捨離しなかったのか、というと、もったいないと思ったからです。

まだ、生地が傷んだわけでもないし、夏に着るのにちょうどいい、と自分に言い訳していたんだと思います。

これは、断捨離に失敗する原因の一つと言われています。私もそれだったんですね。

クーラーの効いた部屋では寒い

このノースリーブのカットソーは、次女に手伝ってもらった断捨離では残しています。

www.yamanoyume.com

それは、これから着るつもりだった、ということです。

今年は早い時期から猛暑なので、ちょうどいいと思ってこのカットソーを着始めたんですね。

それが、意外なことに気づきました。

この夏は暑すぎるのでクーラーをかけた部屋にずっといるのですが、このノースリーブのカットソーを着ていると腕が寒いんですね。

このカットソーは袖がないのが逆効果になってしまい、腕が寒くてこれはいけないと思いました。

ほかの方はどうかわかりませんが、私はクーラーをつけた部屋では袖付きの服でないとダメだと気づきました。

それで、このカットソーを断捨離する決心をしたというわけです。

今回の断捨離で気づいたこと

クーラーの効いた部屋ではノースリーブの服は着られない

直前にも書きましたが、今回このノースリーブのカットソーを断捨離することになって気づいたのは、クーラーの効いた部屋では私はノースリーブの服が着られない、ということです。

もともとクーラーは苦手でしたが、今年のような猛暑ではそんなことは言っていられませんよね。クーラーをつけないと熱中症になりそうです。

そうなると、私はノースリーブの服では無理なのが、よくわかりました。

もったいない、が多い

もう一つは、もったいない、という理由で手放せないものが実に多いと感じました。

これは、先ほども書きましたが、断捨離する際にうまくいかない原因の一つと言われています。私もまんまとその罠にはまっていたんですね。

「もったいない」は、私の断捨離にとって大きな壁のような気がします。普段から心に留めておかなくてはいけないでしょう。

そういう意味で、いい気付きを得られた断捨離だったと思います。