冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

30年も前に買った下着のキャミソールを断捨離。

今日は、30年前キャミソール断捨離した話をしようと思います。

そんなに昔のキャミソールを持っている人は、なかなかいませんよね。

自分でも書いていて、冷や汗が出てきました。

 なぜ30年前のキャミソールを持っていたか

そもそもどうして、30年もの間キャミソールを手放さなかったか、が問題です。

それは、もったいないからです。

キャミソールは2枚あって、同時期に買ったものですが、まだほつれたり破れたりはしていません。

多少くたびれた感じはありますが、まだ着ることができると思っていました。

また、多少高かったので、捨てるには勇気が要りました。

たまに着ていたので、なんとなく手放すチャンスがなく、30年もの長い間持ち続けてしまいました。

f:id:ohitorisamazanmai:20180801101648j:plain

30年前のキャミソールを断捨離する理由

それならどうしてこの時期に、この30年間持ち続けたキャミソールを断捨離することになったのか、疑問に思われるでしょう。

その理由を説明したいと思います。

ミニマリストである次女の意見を取り入れた

この30年間持ち続けたキャミソールを断捨離することにしたのは、ミニマリストの次女と一緒に断捨離した時です。

次女の目には、この2枚のキャミソールは断捨離すべきものと映っていました。

今、着ていない物は手放す、というのが、彼女の持論です。

この2枚のキャミソールはその頃まったく着ていなかったので、断捨離したほうがよかったわけです。

次女との断捨離の様子はよろしかったらこちらからご覧ください。

www.yamanoyume.com 

自分でもときめかなくなった

それに私も心のどこかでは、この古い2枚のキャミソールをもう身に着けることはない、とわかっていたんですね。

色もなんとなく黒ずんで布地がよれてきたので、この2枚のキャミソールを見てもときめかなくなっていましたから。

そうなったら、もう手元に置いておくべきではない、と自分でも感じました。

不要なものがあるとストレスになる

以上の理由で、30年前から持っていた、2枚の古いキャミソールを断捨離しました。

以前の記事でも書きましたが、不要なものがあると、それを見るたびにストレスを感じるような気がするんですね。

ああこれまだあったんだ、どうしよう、と無意識に一瞬間考えてしまいます。

それが無駄な気がしてなりません。

たとえ一瞬でも、意識を向ける必要がないものに対して意識を向けるのは、エネルギーの無駄遣いだと私は思います。

そういう対象が多ければ多いほど、無意識レベルで疲れがたまる、と思うのはわたしだけでしょうか。

 これからもどんどん断捨離して、物質的にも精神的にもすっきりした生活をしたいと思います。