冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

私が断捨離した調味料と5つのメリット。

私は10年ほど前から調味料断捨離して、必要最低限の調味料しか買わなくなりました。

そうするほうが私にとって断然メリットが多いので、続けています。

今日はそのお話をします。

 調味料の断捨離とは

調味料と呼ばれるものは、たくさんの種類がありますよね。

私はそれをなるべく減らしたいと思って、10年ほど前からできるだけ少ない調味料で料理や食事をするように心がけています。

私はそれを調味料の断捨離と呼んでいます。

私が今使っている調味料は、しょうゆ、みりん、料理酒、みそ、塩、ケチャップくらいです。

f:id:ohitorisamazanmai:20180810105144j:plain

ケチャップはたまに使うくらいです。コショウなどのスパイスも多少ありますが、最近は和食ばかりであまり使う機会がなくなりました。

ドレッシングも調味料なら、私はよく使います。毎朝サラダを食べるからです。

その記事はこちらからどうぞ。

www.yamanoyume.com

調味料はどんなものをいう?

私の体験をお話する前に、調味料は何を指すのか、確認したいと思います。

調味料
ちょうみりょう
料理の味あるいは素材の持ち味などを調整し、料理全体の味をととのえる働きをするものの総称。食塩、砂糖、酢、しょうゆ、香辛料といったものから、広い範囲では、トマトケチャップ、ウースターソース、油、酒の一部も含めることがある。昆布やかつお節などのうま味成分を含むうま味調味料も調味料の一つとされる。[河野友美・山口米子]

出典:日本大百科全書(ニッポニカ)

私はこの記述が分かりやすいと思ったのですが、いかがでしょうか。

私が断捨離した調味料

私が10年ほど前から使わなくなった調味料は、一つの利用方法しかないもの、化学調味料が入っているもの、自分で作れるものです。

めんつゆ

私はめんつゆを早くから断捨離していました。めんつゆは麺を食べる以外にも、いろいろな利用法があるのは知っています。煮物などには手軽で便利ですよね。

忙しい主婦や一人暮らしの方には使いやすい調味料だと思います。

でも、私がめんつゆを使わないのは、化学調味料が入ったものが多いからです。

それに、めんつゆはしょうゆとみりん、昆布や削り節のだしがあれば簡単に作れます。

私は、めんつゆを常備するよりも、しょうゆ、みりん、昆布、削り節を常備しています。

私がめんつゆ作りの参考にしているのは、土井勝さん著「NHKきょうの料理 日本料理の基礎」日本放送出版協会です。

30年前に買ったので表紙が破れて修理していますが、細く長く愛用している本です。

f:id:ohitorisamazanmai:20180811115412j:plain

本格的な日本料理の本なので、めんつゆといってもそうめん用、そば用、うどん用などでそれぞれ違っていて、冷やして食べるか温めて食べるかでも変わってきます。

ここでは、私がよく参考にする、氷水につけた盛りのときのそうめんつゆを載せたいと思います。

材料

しょうゆ カップ1/3

みりん  カップ1/3

水・だし カップ1と1/3

かつお節 10g

作り方

鍋にみりんを入れ、ひと煮えさせ、他の調味料を加えてふたたび煮たてば、こして用いる

これで4人分くらいになります。

材料を見ておわかりかもしれませんが、しょうゆとみりん、水・だしの割合が1:1:4です。とても簡単なので、作ってみてください。

 砂糖

このブログの読者さんならご存知ですよね。

私は今、砂糖断ちをしているので、2か月前から砂糖を使っていません。

くわしくはこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

いろいろなタレ

照り焼きのタレや焼き肉のタレなどは、なくても自分で作ることができます。

私は肉を食べませんが、焼き肉のタレは野菜にも合うのでたまに作ります。

ニンニクやショウガといった香味野菜を常備していると、食べたい時にすぐに作れます。

ウスターソースなどのソース類

私は、もともとウスターソースよりも中濃ソースを使うことが多かったですね。

その中濃ソースも最近は使わなくなりました。

ソースをかけるような揚げ物をほとんど食べなくなったからです。

揚げ物は好きですが、自分一人のために作る気にはなれません。

また、揚げ物自体も、以前ほど食べたいと思わなくなりました。

マヨネーズ

マヨネーズは子供の頃、あの酸味が苦手でしたが、大人になってからは食べられるようになっていました。夫が好きだったので、よく食べていました。

夫が亡くなってからは、ほとんど使わなくなって全然減らないので、断捨離しました。

調味料を減らすメリット

それでは、調味料を減らすことでどんなメリットがあるか、みていきましょう。

メリットその1 節約できる

 買う調味料の種類が少なくていいので、節約になります。

メリットその2 重い調味料を運ぶ手間が省ける

めんつゆやタレは重いですよね。こういう調味料を買わなくなると、買い物の荷物が軽くなります。重い調味料を運ぶ手間が省けるんですね。

メリットその3 置くスペースを減らせる

調味料の種類が少なくなれば、その分置くスペースを減らすことができます。

メリットその4 化学調味料をとらなくて済む

化学調味料が入ったものを買わなければいいだけですが、めんつゆなどは大抵はいっています。そういった調味料を買わないことで、化学調味料をとらなくなります。

 メリットその5 手作りのほうがおいしい

これは私の料理自慢ではなくて、誰が作っても手作りのほうがおいしいと思います。素材の味が生きているという気がします。

できるならおいしいほうがいいですよね。

簡単に作れるものが多いので、無理はしませんが、できるだけ手作りするようにしています。

以上、調味料を減らすメリットを挙げました。

無理しないで続けることが大事

私も全部手作りしているわけではありません。

ケチャップやドレッシングは市販品です。それぞれできる範囲でいいと思います。

大事なのは無理しないで続けることです。無理すると続かなくなるので、それはもったいないですよね。

皆さんも何か気になることがあったら、チャレンジしてみてください。どんな小さなことでも、それは大事な一歩です。

私の記事が少しでも参考になればうれしいです。