ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

私が本棚の本を大量に断捨離する本当の目的とは?

私は先日、を大量に断捨離しました。

そのおかげで本棚にかなり余裕ができましたが、それは最終的な目的ではありませんでした。

今日はそのお話をしたいと思います。

   

120冊の本を一度に手放した

私は1か月前に120冊の本を一度に手放しました。

ビフォー画像がないのでわかりにくいですが、その後の本棚はこのように大変すっきりしました。 

f:id:ohitorisamazanmai:20190114101847j:plain
それまで私にとって本はなかなか手放すのが難しいものでした。

思い入れのあるものが多かったので、レシピ本や農業関係の本、カフェ関係の本を少し手放した以外は、なかなか断捨離することができませんでした。

f:id:ohitorisamazanmai:20190114091709j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190114091505j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190114091616j:plain

それがふと手放せそうな気がして、120冊の本を断捨離することができました。

その話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

本棚自体を断捨離したい

本を減らしてスッキリした本棚ですが、実は将来的には本棚自体も断捨離して小さいものに替えたいと思っています。

その理由をお話しますね。

読まない本のためのスペースがもったいない

私は本が好きで油断するとすぐに増えてしまいます。

ですが、本棚を片づけて気づいたのは、一度読んだらほとんど読み返すことがないんですね。

何度も読み返す本はごくわずかです。

もう二度と読まないかもしれない本のためにスペースを取られるのはもったいない、と思いました。

そのためには、できる限り買わないで図書館で借りたり電子書籍で読んだりする予定です。

生前整理のため

私は50代半ばという年齢でもあり、少しづつ生前整理をしたいと考えています。

そのきっかけは夫の急死でした。

夫は1年前に急病で突然亡くなりましたが、その時に人はいつ死ぬかわからないと気づきました。

私自身も死ぬ時にできるだけ荷物を少なくしておきたいと考えています。

私はもともと本棚に300冊ほど本がありました。

本の片付けが大変なのはよく知っているので、遺品整理をするであろう家族の負担を少しでも減らしたいという気持ちがあります。

ミニマルな暮らしがしたい

もう一つは、できるだけ少ないもので心豊かな暮らしがしたいからです。

本が300冊あっても手に取るものはごくわずかです。

自分にとって必要なくなったものは、手元に置いておいても仕方ありません。

今の自分に必要な本だけを残したいと考えました。

引っ越しもミニマルにしたいので、本棚は小さいものに替えたいと思います。

ミニマリストが物を減らすのは手段ではなく結果的にそうなっただけですが、そんな暮らしを目指しています。

先に収納スペースを決める

本自体を減らすと、収納する本棚も小さくしたりなくしたりすることができます。

今のところ本を全て手放すのは難しいと思うので、なくすことはできません。

もう少し本が減ったら新しい本棚を買う予定です。

それ以降は、その本棚に収まる以上の本は持たないことにします。

まず収納するスペースを決めてしまうと、ものがそれ以上増えません。

ものをこれ以上増やしたくないと思ったら、まず収納スペースを決めてしまうのも1つの有効な手段だと思います。

また、余分な収納スペースがあると不要なものまで取っておきがちです。

余分な収納スペースそのものを断捨離することも大事です。

その話もよろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

寄付した時の感想

先日断捨離した120冊の本は3つの方法で手放しています。

メルカリなどでリサイクルする、娘に譲る、民間の障害者支援団体に寄付する、の3通りです。

そのうちの1つ、障害者支援団体に寄付した本は80冊ほどありました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190114091409j:plain

その本を手放す時にどう感じるか、ということに自分で関心がありました。

いざ引き取りに来てもらうと、意外に何も感じなかったんですね。

大量の本を無料で引き取ってくれてありがたかったのですが、期待した感動は全く感じずに自分でもびっくりしました。

あまりにあっさりと引き渡しが済んで、拍子抜けしてしまいました。

もう本に対して執着がなくなっていたからでしょう。

引き取られた後、再利用されることもわかっていたので、それも罪悪感を感じないで済んだのだと思います。

本を断捨離した後の本棚

断捨離したおかげで本は元の半分近くまで減りました。

本を取り出しやすいように入れ替えて、このようにかなり余裕ができました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190114102631j:plain

下から3段目は全く本を置かずに、小物類を置いています。 

下から2段目には、無印良品の収納グッズに書類を入れています。

120冊の本を手放すまでは本が本棚にあふれていました。

手前と奥に2層に置いていた段もあります。

それがなくなり、すべての段で1列に並べることができました。

背表紙が一目で見渡せるので、本を探しやすくなりましたね。

何より本棚がいつ見てもすっきりしているのが、とても気持ちいいものです。

よく目につく本棚を片づけて良かったとつくづく思います。

 

私は数年前ブックオフで自宅買取サービスを利用したことがありますが、200冊ほどの本を手際よくチェックしてくれてほとんどを買い取ってもらいました。

とてもよかったので、よろしかったらぜひご利用ください。

【ブックオフ】公式宅配買取サービス  

 

私はメルカリもよく利用します。

ほかのサービスに比べると高めに売れると感じるので、よろしかったらこちらもぜひお試しください。

メルカリ  

 

 (この中にミニマルライフのヒントがたくさんあります)
ミニマリストになりたい
ミニマリストの持ち物

お手数ですが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

私は今持っている大きな本棚を手放したいと思い、本の断捨離を進めています。

半分以下には減りましたが、もう少し減らせるような気がします。

本には思い入れがある分精神的にもハードですが、本は物理的に重いので気力と体力が充実している時にしようと思います。

新たに本を手放した時にはご報告させていただきます。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。