冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して片づけ中。

1週間前に断捨離した120冊の本。処分は3つの方法。

私は1週間前に断捨離をして120冊を一度に手放しました。

その処分方法が決まったので、今日はそのお話をしたいと思います。

断捨離した本の処分方法

私は1週間前に一度に120冊の本を手放しました。

その本の処分方法が決まったのでご紹介したいと思います。

処分方法は3つあります。順にご説明しますね。

寄付する

120冊のうち大部分は、リサイクルの記事にも書いた近くの障害者支援団体に寄付することにしました。

そちらの支援団体には80冊ほどを寄付するつもりです。

内訳は単行本や文庫本、雑誌などです。

f:id:ohitorisamazanmai:20181213103506j:plain

引き取り依頼の連絡をしたところ、段ボール箱持参で来てくれるそうです。

自分でどこかに持ち込むのは大変なので、取りに来てくれるのは大変ありがたいと思います。

そちらの団体では引き取った本を販売して障害者支援に充てるようです。

寄付する本が売れればわたしもうれしいです。

本を寄付するのは初めてですが、大量に処分したいときはこれもアリですね。

もちろん以前利用したことのあるリサイクルショップの引き取りも今後も利用するつもりです。

今回は折角の機会なので寄付をしてみたいと思いました。

自分がどう感じるかということも体験してみたかったんですね。

引き取りが来週なので、その時の様子は後日またご報告させていただきたいと思います。

リサイクルの記事を書いたときに寄付の話もしています。よろしかったらこちらの記事をご覧ください。 

www.yamanoyume.com

娘に譲る

寄付以外では絵本とレシピ本は長女に譲ることになりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20181213103611j:plain

幼い子供のいる長女に聞いたところ、絵本のほとんどとレシピ本2冊を欲しいと言われました。

絵本はできれば孫に譲りたいと思っていたので私にとってもありがたい申し出でした。

レシピ本は私がパンやお菓子を作らなくなったので必要なくなったものですが、それも娘や孫に引き継がれると思うとうれしいものです。

 メルカリなどで売却する

残り30冊ほどは自分でメルカリなどで売却する予定です。

どうして全部寄付しないのかと言うと、あまりに趣味に走っているので見られるのが恥ずかしいからです。

知り合いでないとは言え、この人こんな趣味があるのかと思われそうでそれが嫌で自分で売ることにしました。

そんなこと誰も気にしていないかもしれませんが、まだそういう思い込みは手放せません。

また思い入れのある本なので、1冊ずつ丁寧に手放したいと言う気持ちもあります。

これはかなり個人的なこだわりなのであまり理解して頂けないかもしれませんが、自分の気持ちを大事にしたいと思います。

一度に120冊の本を手放した話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。 

www.yamanoyume.com

最後に

一度に120冊の本を手放すと処分方法も3通になりました。

改めて振り返ると全部リサイクルすることになります。

それぞれ手間がかかりますが、今まで私のもとにいてくれたことに感謝して送り出したいと思います。