冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

岡山の家を断捨離する事情と家を手放す方法。

私は今年5月に岡山県から埼玉県に引っ越してきました。

岡山県にいた時に住んでいた家は、元は夫の所有でしたが、夫が亡くなってから私が相続しました。

その手放すことにしたので、お話したいと思います。

 岡山の家を離れた理由

その家は岡山県北の山間部にあり、静かでご近所さんもやさしい方ばかりのすばらしい環境にありました。

埼玉に引っ越すことになってからも、離れるのがとても寂しかったのを覚えています。

夫がいればその家を離れるつもりはありませんでしたが、夫が亡くなってその家で一人暮らしをするのはきびしい状況でした。

後ろ髪をひかれながらその家を後にしました。

くわしいことはこちらに書いてあります。

www.yamanoyume.com

家を手放す理由

f:id:ohitorisamazanmai:20180818095222j:plain

今後は住むつもりがない

後ほどくわしく書きますが、私一人で岡山の家に暮らすのはむずかしい状況にあります。

それと、東京に住んでいる次女が心配なので、関東から離れるつもりがないことも関係があります。

次女のことは詳しくは書けませんが、一人にしておくのがとても気がかりな状況なので、近くにいたいと思っています。

こういうわけで、私はもう岡山の家に住むつもりがありません。

住むつもりがなければ、手放すしかありません。

固定資産税や水道料金がかかる

住むつもりがない家でも、所有していれば固定資産税がかかります。

田舎の古い家なので大した金額ではありませんが、それでも手放せば払わなくてもよくなるので、できるだけ早く手放せるようにしたいと考えています。

また、家がある美作市は誰も住んでいなくても、家を壊さない限り水道の基本料金が発生します。

毎月数百円という微々たるものですが、こちらも無くせるものなら無くしたい料金です。

家の管理が大変

私の家は草刈りがとても大変です。

畑はもちろんすぐに草ぼうぼうになりますが、家の庭も土がむき出しなのですぐに草が伸びて困ります。

初夏以降は、草刈りしても2週間もするとすぐに草が目立ってくるので、ひんぱんに草刈りする必要があります。

また、マムシがいるので草ぼうぼうにしておくと危ないんですね。

そういう点からも草刈りはルーティンワークです。

ところが、私は草刈り機のエンジンをかけることができないので、草刈り機が使えません。

現在依頼しているシルバー人材センターに、2週間おきに頼むのはコストがかかりすぎます。

かといって放置していると、マムシのこともありますが、ご近所さんに対して恥ずかしい思いをします。

ご近所さんは皆、いつも早めに草刈りしていてきれいに管理しています。

とても一人では管理しきれないのも、家を断捨離する理由の一つです。

不要な家、土地の一般的な処分方法

相続がらみで不要な家や土地を手放すには、一般的には相続放棄や売却する選択肢があります。

私は後々の手続きを考えると相続放棄しようかとも考えましたが、現実には相続しました。

売却

私は家と土地を相続したので、手放す方法は売却しかありません。

そうなると、不動産会社に依頼することがまっさきに頭にうかびました。

早速、岡山の家を購入した時にお世話になった、地元の不動産会社に連絡したんですね。

すると、美作市の物件を売却するなら市役所の空き家バンクに登録したほうがいい、というアドバイスを受けました。

それで、空き家バンクの登録を済ませてから、その不動産会社に正式に委託しました。

現在、売り出し中でちらほら見学には来ていますが、まだ売れていません。

相続放棄

相続放棄は、借金がある場合に有効な手段です。

借金のほうがプラスの遺産よりも多い場合は、相続放棄したほうが得です。

また、そうでなくても不動産の処分に困るので要らない、という人もいると思います。

相続放棄は司法書士か弁護士に依頼すれば、簡単に手続きできます。

戸籍謄本などの必要書類をそろえて依頼した司法書士か弁護士に預けると、裁判所に申請してくれます。

地域にもよるかもしれませんが、大体、数日で手続きがすむはずです。

このように、主に相続がらみで家や土地を手放す方法は二つありました。

寄付という手段もありますが、あまり聞いたことがないので、省略させていただきました。

私の体験が少しでも、家や土地を手放そうと考えている方の参考になればうれしいです。