冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

カード類の断捨離から見えてきたものとは?

今日は、お店のポイントカードや割引券、会員制のカード、図書館のカード、病院の診察券を断捨離しました。

全部で10枚ありました。

それぞれのカードについて順番に見ていき、気づいたことをお話したいと思います。

 今日手放したカード

今日手放したカードは、お店のポイントカードなど10枚です。

順番にご説明しますね。

f:id:ohitorisamazanmai:20180909104120j:plain

ポイントカード

f:id:ohitorisamazanmai:20180909102803j:plain

近所の薬局のものなど、現在使っているポイントカードは処分しません。

処分するのは、以前住んでいた岡山でしか使えないポイントカードです。

「たまルンカード」といって、地元のバス会社が主体となった、デパートでもポイントがたまるカードです。クレジット機能はありません。

地元の路面電車のマスコットである「たま」がプリントされた、かわいいカードです。

岡山を離れてもう使うことができないので、手放すしかなくなりました。

会員カード 

f:id:ohitorisamazanmai:20180909104140j:plain

会員カードは2枚あります。

一枚は「まねきねこ」というカラオケ店のカード、もう一枚は「プロフーズ」という食材店のカードです。

「まねきねこ」の店舗は岡山県南にたくさんあり、よく行っていました。

関東圏にも店舗があるようですが、今の部屋の近くには一軒もないので、手放そうと思います。

「プロフーズ」は、スーパーで手に入らないレアな食材が買える唯一のお店で、よく利用していましたが、もう行くことはないので手放します。

割引券

f:id:ohitorisamazanmai:20180909102941j:plain

割引券というと、期限付きで使える物が多いと思いますが、こちらの2枚は期限がありません。

1枚は「ケーズデンキ」、もう1枚は「SHOE-PLAZA」という靴の量販店のカードです。

「ケーズデンキ」はテレビCMで皆さんもご存知だと思いますが、現金で買い物をする際に、一定の割合で値引きするサービスがあります。

その割引券ですが、近くにないので使うことがないと判断しました。

「SHOE-PLAZA」はCHIYODAグループの量販店で、55歳以上のシニアに限り毎月14~17日の間だけ10%OFFになります。

こちらも近くに店舗がありません。

どちらの会社も全国展開していますが、すぐに使う予定がないので、手放すことにしました。

必要になったら、また作りたいと思います。

病院の診察券

f:id:ohitorisamazanmai:20180909103032j:plain

岡山でお世話になった病院の診察券は3枚ありますが、もう使うことがないので処分します。

図書館のカード

f:id:ohitorisamazanmai:20180909103054j:plain

図書館のカードは2枚あります。

岡山県立図書館と美作市立図書館のカードです。

どちらももう行くことはないので、手放したいと思います。

カードの処分方法

これら10枚のカードの内訳は、紙が4枚、プラスチックが6枚です。

ハサミを入れてから、中身が見えないような袋に入れて、捨てたいと思います。

地域のごみ出しルールに従って処分しますが、私の住んでいる町はどちらも燃えるゴミなので、一緒に捨てようと思います。
個人情報の漏洩が気になるのであれば、データの読み出し部分に当たる、磁気テープやバーコード部分を削ってから処分するのもおすすめです。

クレジットカードをより慎重に処分したい時は、この方法がいいでしょう。

今回私はクレジットカードの処分はしないので、簡単な方法を選びました。

今回の気づき

こうやってみると、今年5月にした、引っ越し関連の整理がまだ済んでいなかったことがわかります。

カード類はすぐ目につくものではないので、見過ごしがちでした。

カード以外にもありそうなので、時間をとって細かくチェックする必要がありそうです。

また、少し足を延ばせば店舗がある場合でも、近所にないと結局行かなくなると思ったので、手放しました。

そういうカードを残してしまうと、見るたびに処分するかどうか迷って、ストレスがたまりそうですよね。

今すぐ必要ない物は、手放してスッキリしたいと思います。