冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

数年飲み続けた薬を断捨離。きっかけは生まれて初めてのある不思議な体験。

私は数年飲み続けた断捨離することにしました。

そのきっかけとなったのは、生まれて初めてのある不思議な体験です。

今日はそのお話をしたいと思います。

あなたのクリックが更新の励みになります♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

 薬を断捨離したきっかけ

f:id:ohitorisamazanmai:20181128230301j:plain

薬は良くないという話

数日前、都内のとある会合に参加しました。

初めて参加したのですが、大変勉強になり参加してよかったと思いました。

その中で薬はあまり飲まないほうがいいというお話がありました。

それは以前から私も感じていましたが、必要に迫られて飲んでいる薬があり、なかなかやめる決心がつかなかったんですね。

それでもそのお話がずっと心に引っ掛かっていました。

飲酒の翌日の不思議な体験

その日はその会合でおいしい料理とお酒をいただいて気分良く帰りました。

驚いたのは翌日の朝です。

なんだか体がとても軽いのです。

また気分もここ数年ないというほどスッキリしていて自分でもびっくりしました。

どうしたんだろう。自分でもかなり驚きました。

昨夜はお酒もかなり飲みました。

それなのにお酒を飲まない時より心身ともに軽いなんて、こんな経験は初めてです。

不思議だなぁと思いながら2日ほど過ごしました。

2日後の夜に突然はっと閃きました。

これはきっと無農薬野菜と良いお酒のせいに違いない。

実はその会合で出された料理は野菜が中心ですべて無農薬野菜でした。

またお酒もこだわりの製法で作られたものでした。

私も初めて飲んだものばかりでしたが、大変おいしくスッキリしていました。

翌日、二日酔いするどころか逆に体が軽くなったのは、そのおかげだと感じています。

人の体って食べ物でこんなに違うのかと感じました。

もちろん翌日心身ともに軽かったのは、参加したメンバーがいい方ばかりだったからかもしれません。

そういうお付き合いは最近なかなかなかったので、とても楽しかったんですね。

でも、お酒を飲んだ翌日にこんなに軽く感じる事は今まで経験がありません。

やはり食べたもの飲んだものの影響もかなりあると判断しました。

それで、もしかしたらもう薬をやめても大丈夫かもしれないとふっと感じました。

薬の断捨離

私は若い頃に病気をして薬をしばらく飲んだ経験があります。

お医者さんの言うとおりにきちんと飲んだのですが、結局良くなりませんでした。

それ以来、薬に対しては不信感を持っています。

もちろん薬が万能だとは思っていません。

それでも一生懸命飲み続けた薬が全然私には効果がなかったということが何か心の傷のようになっています。

ですから、それ以来なるべく薬を飲まないようにしてきました。

それが50歳になり更年期を迎えたころに体調が悪くなりました。

肩こりなどは昔からありますが、ホットフラッシュはあまりなく、不定愁訴が一番困りました。

ホットフラッシュというのは、前触れもなく突然体がほてったり、気温と関係なく大量の汗が出たりする更年期特有の症状のことです。

不定愁訴は、イライラしたり疲労感が取れなかったりするにもかかわらず、検査をしても病気が見つからない状態を指します。

友人の勧めもあり、更年期障害に良いと言う市販薬を飲み始めました。

それを飲み始めてからは、だいぶ落ち着いたねと夫が言ってくれるくらいに回復しました。

効果を実感したので、それからずっと飲み続けています。

それでもやはり不定愁訴は時々感じていました。

今は更年期だから仕方がない、これはきっと薬を飲んでいるからこの程度で済んでいるのだと思っていました。

それが先日の飲酒した翌日の体験で、もしかしたら違うのかもしれないと思い始めました。

それで思い切ってその薬を飲むのをやめてみることにしました。

これは完全に自己責任でするので、誰にもすすめるつもりはありません。

もししばらく薬をやめてみてやはり体調が悪いようならば、元に戻すつもりで始めました。

実は薬をやめて3日目ですが、飲まなくてもなんだか体調がいいんですね。

今のところ不定愁訴はほとんど感じません。

これがとても不思議なんですよね。

もう少し続けてみる価値があると思いました。

そして一旦薬を全部手放すことにしました。

今回手放す薬は以下の通りです。

更年期障害の市販薬、漢方薬の胃腸薬、心臓の薬、目薬です。

f:id:ohitorisamazanmai:20181129102702j:plain

漢方薬の胃腸薬と目薬は主に亡くなった夫が使っていました。

私もたまに使っていましたが、こちらに越してきてから全く使っていないので、感謝して手放します。

心臓の薬は夫が亡くなってから買いましたが、結局封を切っていません。

これは捨てても良いのですが、知り合いで欲しい人がいれば譲ろうと思います。

もともと薬嫌いだったので薬と言えるものはこれぐらいしかありませんが、4つ手放しただけでも気分的にはかなりスッキリします。

ここでお断りさせていただくと、薬の断捨離はどなたにでもすすめられることではありません。もし薬を止める時は、お医者さんや薬剤師さんなどに相談してください。

最後に

私は不思議な体験がきっかけで、何年か飲んでいた薬をやめました。

これは危険だという考えもあることは十分承知の上でしています。

自己責任でしばらく続けてみて、やはり飲んだ方がよさそうなら薬剤師さんに相談しようと考えています。

薬を飲まないと命に関わる場合もあると思います。そんな方には飲むことをおすすめします。

また、人間の体は食べるものでできています。今回の体験でそれを強く感じました。

やはり食べるものにはこだわった方がいいと再確認しました。

今回は珍しい体験でしたが、少しでも何かのお役に立てばうれしいです。