冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

今日断捨離したのは年代物のロングワンピース。

今日断捨離したのは、年代物ロングワンピースです。

では、早速参りましょう。

 今日断捨離した年代物のロングワンピース

このロングワンピースはものすごい年代物です。

たぶん20年くらい前に買ったものです。

このロングワンピースは当時お気に入りだったニューヨーカー製で、一目ぼれして買いました。

涼しそうなブルーのチェック柄が気に入りました。

好きなブランドだったこともあり、なかなか手放すことができませんでしたね。

f:id:ohitorisamazanmai:20180728102334j:plain

気に入って買ったはずなのに、私はこのロングワンピースを20年間ほとんど着ていませんでした。

それはどうしてか、理由を説明したいと思います。

ロングワンピースをほとんど着なかった理由

丈が長すぎて歩きにくい

このロングワンピースは、とても丈が長いんですね。

身長が159センチの私が着るとくるぶしまであります。

夏は丈が短い服が好きだったのに、なぜかこんなに長いものを買ってしまいました。

デザイン的にも足付近の幅が狭いので、歩きにくく、あまり着ようと思わなくなりました。

こういうデザインだと分かって買ったのですが、私には合いませんでした。

足元の風通しが悪い

このロングワンピースはくるぶしまであるので、足元の風通しがとても悪いんです。

それで、足まわりが常に熱い感じがします。

暑がりの私にはそれがとても我慢できませんでした。

生地はコットン75%、麻25%なので涼しいのですが、これだけ長いとどうにもなりません。

どうして手放さなかったか

実は、なかなか手放すことができなかったのは、このロングワンピースをリフォームしよう、と考えていた時期があったからなんですね。

丈を短くすれば着ることができるかな、と考えたのですが、裁縫の技術があるわけでもない素人がリフォームしたら失敗しそうだったので、なかなか手を付けることができませんでした。

それで、ずるずると手元に置いてしまったんですね。

引っ越し後にこのロングワンピースを着てみた

この夏、このロングワンピースを断捨離するかどうか、見ただけでは決められなかったので、引っ越しが済んだ7月に着てみることにしました。

これだけ長い間着なかったのに、まだ未練があったんですね。我ながら呆れてしまいます。

この夏はご存知の通り猛暑です。私は家にいる時はずっと冷房をつけているので、部屋にいる限りは涼しいはずです。その環境でこのロングワンピースを着てみました。

すると、いくら冷房をつけた涼しい部屋でも椅子に座ると足まわりが暑くて、やるべきことに集中できません。部屋の中を歩いている時でも熱いんですね。

また、このロングワンピースを着て外に出る勇気はありませんでした。

外出時にいちいち着替えるのは面倒です。

それで、もうこのロングワンピースを着るのは無理だと判断しました。

これでやっと、このロングワンピースを断捨離する決心がつきました。

ロングワンピースの処分方法

このロングワンピースを断捨離することは決めましたが、処分方法はリサイクルショップに持っていくか、捨てるかの二択です。

このロングワンピースは20年くらい経っているので、生地も傷んでいます。

ダメもとでリサイクルショップに持っていこうと思います。

また、誰かのお役に立てばうれしいし、だめでも仕方ありません。

昔の服を断捨離する際に思うこと

昔買って長年着なかった服を断捨離する際に、よく思うことがあります。

昔はあまりよく考えずに服を買っていたな、ということと、よく手放さずに持っていたな、ということです。

今後は服を買う際は計画的に買うこと、それでも合わないと思ったら早めに手放すことを心がけたいと思います。