冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

私が電子レンジを10年以上前に断捨離した切実な事情。

私は、先日電子レンジ断捨離して、今は持っていない状態です。

オーブン機能のある電子レンジを手放して10日ほどですが、今のところまったく不便は感じていません。

それは、10年以上ほとんど電子レンジを使っていないことにも、関係があると思います。

これからそのお話をしたいと思います。

 電子レンジを10年以上使っていない

f:id:ohitorisamazanmai:20180803174329j:plain

 電子レンジなしで10年以上暮らしたこと

電子レンジを使っている方は多いと思いますが、私は10年ほど前からほとんど使っていません。

冷ご飯などを温めたい時は、鍋に水と一緒に入れて温めます。

鍋を洗う手間はありますが、わざわざそうしています。

私には、そうしてまで電子レンジを使いたくない理由があります。

電磁波を避けるため

なぜなら、電磁波を避けているからです。

電磁波という言葉を聞いたことはあると思います。

あらゆる電気製品が電磁波を出していますが、電子レンジは電磁調理器と同じくらい電磁波の量が最も多いんですね。

私は電磁波の影響を受けたくないので、電子レンジは使わないことにしています。

私がなぜそんなに電磁波を避けようとするのかは、ご存知の方も多いと思いますが、電磁波は体に大変悪影響があるといわれているからです。

電磁波の正体

そもそも、電磁波とは何でしょう。

電磁波は、送電線のような大型電力設備や家庭内にある家電製品のまわりの、電流の流れるところに発生しています。

まだ電磁波が体に悪影響があると断定する研究結果は出ていませんが、その疑いはかなり強いようです。

電磁波が多く発生するのは

私たちの身近にある家電製品からは、ほとんどのものから電磁波が出ています。
テレビやパソコン画面からも電磁波が発生していますが、特に電磁波が強いのは、
消費電力が大きい、電磁調理器(IHクッキングヒーター)、電子レンジ、ミキサー、電気ストーブ、オーディオ類などです。
電磁波が強い訳ではなくても、長時間使用する電気毛布や電気カーペット、電気こたつ、パソコンも注意が必要です。

携帯電話やドライヤー、電気シェーバーなど、頭部付近で使用する家電製品も頭部への影響が懸念されるので、注意したほうがいいでしょう。

私の意見を押し付けるつもりはない

ただ、電子レンジを使いたい人を止めるつもりはありません。

これは私個人の考えなので、人に押し付けるつもりはないことをご理解ください。

現に亡くなった夫は、毎日電子レンジを使っていました。

オーブンレンジを断捨離した記事はこちらからどうぞ。 

www.yamanoyume.com

電子レンジを使わなくなって感じること

10年以上、電子レンジを使わない生活を続けてきて、具体的に体感することがあったかというと、それはよくわかりません。

電磁波は目に見えないものなので、何とも言えないというのが本音です。

なんとなく体調がよくなった気がしますが、それも気のせいだと言われても反論はできません。

自分の体にいいことをしている、と思いたい自己満足だけかもしれません。

それでも、私が選んだ生活スタイルを亡き夫が認めてくれたので、それはとても感謝しています。

私が突飛なことを言い出しても受け止めてくれた、夫の懐の深さにはありがとう、と言いたいです。

電子レンジを使わなかった恩恵は、実はこんなところにあるのかもしれません。