冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

どうして今、夫の遺品を断捨離するのか?私がした苦渋の決断とは?

私は夫の大事にしていた遺品をとうとう手放すことにしました。

夫にはとても申し訳ない気持ちですが、今そうしてもいいと感じました。

そのお話をしたいと思います。

 夫が生前大事にしていたもの

夫は生前、あるミュージシャンの数十年来のファンでした。

そのミュージシャンの東京でのコンサートには、数年前から毎年のように行っていたそうです。

私も結婚した年に初めて一緒にコンサートに行きました。

結局それが最初で最後になりましたが、今となってはいい思い出です。

夫はそのミュージシャンのタオルをコンサートの度に買っていました。

それで20枚くらいバスタオルやフェイスタオルを持っていたんですね。

そのタオルを夫が大事にしていたのは知っていました。

それで引っ越す時も全部こちらに持ってきています。

こちらがそのタオルたちです。

f:id:ohitorisamazanmai:20181031083622j:plain

一番上のタオルは夫が生前私にくれたバスタオルで、使い込んでいます💦

そんな夫がとても大事にしていたタオルですが、もう手放してもいいと思えるようになりました。

その理由をお話しますね。

夫が大事にしていたタオルを手放す理由

カビ臭い

最初このタオルをただ捨ててしまうのは、夫に申し訳ないと感じていました。

どれだけ夫が大事にしていたか、そばで見ていたので、とても捨てる気にはなれませんでした。

もし欲しいというファンの方がいたら、もちろんタダで譲ろうと考えていました。

そう思いながら、なかなか譲る手段を調べられずにいたのですが。

その話は以前の記事に書いていますので、よろしかったらご覧ください。

www.yamanoyume.com

そうこうしているうちに、やはりそれはしないほうがいいと思い始めました。

それはこのタオルがカビ臭いからです。

夫は毎年夏に陰干ししていましたが、以前住んていた家が古く、カビ臭い部屋にタオルを置いていました。

そのせいでタオルにもカビの匂いがついてしまったんですね。

そんなタオルを差し上げるのはやはり失礼だと思いました。

それで、手放すにしてもファンの方に譲ることはあきらめました。

私がバスタオルを断捨離した

これも大きな理由の一つですが、最近私はバスタオルを断捨離しました。

全然使わなくなったんですね。

その話はこちらからご覧ください。 

www.yamanoyume.com 一応来客用に2枚は残していますが、それ以外は手放しました。

このタオルは夫の遺品ということで別枠で残していましたが、やはり使うことはありません。

手放したほうがいいと考えました。

一周忌が近づいた

これが一番大きな理由です。

夫は昨年12月に亡くなり、そろそろ一周忌を迎えます。

その準備を始めたのを機に、もう手放してもいいかな、とふっと感じたんですね。

今までなかなか決められずに保留していましたが、直感が来ました。

以前の記事でも書いていますが、手放すかどうかすぐに決められない時はふっと感じるまで保留にすることにしています。

そのことはこちらの記事に書いていますので、よろしかったらご覧ください。 

www.yamanoyume.com

一周忌という節目を迎えたことで、自分の中で気持ちに一区切りついたのだと思います。

それでもまだ夫には申し訳ない気持ちがあり、葛藤がないわけではありません。

あんなに大事にしていたのにごめんなさい、と心の中で手を合わせています。

その思いを振りきってやっと手放すので、正直苦しい気持ちもあります。

罪悪感ですね。

やましたひでこさんは、断捨離では執着心も手放すとおっしゃっています。

今回その執着心を手放そうとしているのだと感じます。

夫の思いをくんだつもりで手元に置いていたけれど、はたしてそれを亡くなった夫は喜んでいるだろうか。

ただ私が執着していただけではないか、という気がしています。

そう思えたのは、モノを手放しても思いはなくならないと感じたからです。

思い出の品が目の前からなくなっても、夫のことは一生忘れません。

お位牌に毎日お参りしている限り忘れようがないですし、そうでなくても短期間でも連れ添った相手を忘れるはずがありません。

そう思うことで、手放すことに対する罪悪感もだいぶ薄れます。

夫と一緒に行ったコンサートの思い出があるバスタオルだけ残して、それ以外のタオルは手放します。

バスタオルに深く感謝して、執着心も一緒に手放そうと思います。

最後に

これを機に前を向いて生きていこうと思います。

私は50代で若くはありませんが、もう少し残りの人生があると思います。

残りの人生を悔いなく生きたいと願っているので、そのために多少辛い思いをしても手放してもいいものは手放していきます。

モノを手放しても思いまでは手放さないと今回痛感したので、今後は思い出の品を手放しやすくなりました。

また、思い出の品を手放した時はご報告しますね。