冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

新品同様のパトリックコックスのお財布を断捨離したわけ。

今日私が断捨離したのは、パトリックコックスお財布です。

3~4年前に買ったものですが、ほとんど使っていませんでした。新品同様にきれいな状態です。

なぜそんなお財布を手放すのか、理由をお教えしますね。

 このお財布を買った目的

このお財布は、ショッピングモールに入っているバッグ専門店で買いました。

夫からのクリスマスプレゼントでした。二人で一緒に買い物に行って私が選んだものです。

f:id:ohitorisamazanmai:20180810082532j:plain

お小遣い用に買った

その当時、私にはもう一つお財布がありました。それは家計用として使っていました。

それなのにもう一つお財布を買ったのは、お小遣い用にするためでした。

家計用とお小遣い用のお財布を分けたほうがいい、とどこかで聞いたので、そうしてみようと思ったんですね。

今まで持っていなかったタイプのお財布にチャレンジしました。

パトリックコックスのことはあまり詳しくないのですが、このユリ柄はよく見かけます。このユリ柄が気に入ってこのお財布を選びました。

どうしてほとんど使わなかったのか

気に入って買ったはずのお財布を、どうしてほとんど使わなかったのでしょうか。

それは、いくつか理由があります。

お財布を二つ一緒に入れにくい

私がよく使っているバッグは、そんなに大きくありません。

家計用もお小遣い用も長財布なので、二つ一緒に入れるとバッグがパンパンになってしまいます。それで、二つのお財布を同時に入れなくなったんですね。

家計用がメインなので、お小遣い用は家に置いておくようになりました。

お小遣いで買い物をすることがあまりなかった

お小遣い用のお財布を持つとお小遣いが増えるような気がしていたのですが、急に増えることはありませんでした。

それで、お小遣いで買い物することがあまりなかったんですね。

当然、お小遣い用のお財布も出番がないということです。

黒が私には合わなかった

気に入って買ったはずなのに、やはり黒のお財布は私には合わなかったようです。

このお財布を見てもときめかなくなったので、自然と使わなくなりましたね。

当時、こんまりさんの「ときめき」は知りませんでしたが、無意識でときめきを大事にしていたのかもしれません。

手放せなかったのは、夫に申し訳ないから

こんな状態でほとんど使わなかったお財布なので、何度か手放そうと思いました。

でも、手放すことができなかったのは、プレゼントしてくれた夫に申し訳ない気持ちがあったからです。

夫自身はプレゼントをもらうのが好きではなかったのですが、私の誕生日やクリスマスには必ずプレゼントをくれました。

余裕があるわけでもない中から買ってくれたプレゼントを、気軽には手放せなかったんですね。夫の優しい気持ちを踏みにじるような気がして、なかなか手放すことができませんでした。

でも、断捨離を始めてから、私の気持ちが変わりました。

このお財布には感謝して手放そうと。

それで、やっとふんぎりがついて、このお財布を断捨離することにしました。

このお財布の処分方法

この財布はまだきれいなので、娘に譲るかリサイクルショップに引き取ってもらうつもりです。

後日そのご報告ができたらさせていただきます。