冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して片づけ中。

付き合わなくなった友人からのプレゼント。処分に迷った時におすすめの対処法。

私には1年ほど前から付き合わなくなった同性の友人がいます。

その友人からのプレゼント処分するかどうかしばらく迷っていましたが、やっと決めました。

今日は付き合わなくなった人からもらったものをどうするか、迷った時の対処法についてお話ししたいと思います。

   

処分を迷ったプレゼント

f:id:ohitorisamazanmai:20190529113627j:plain

ポコポコさんによる写真ACからの写真。思い出のイラストのイメージ。

プレゼントは一種の思い出の品です。

手放すかどうか迷いやすいものの1つだと思います。

それを無理矢理手放すと後々後悔しそうですよね。

私にも手放すかどうかしばらく迷ったプレゼントがありました。

それは友人からもらったものでした。 

その友人はイラスを描くのが得意だったので、私のイメージで2枚の鉛筆画を描いてくれたんですね。

とても優しい色合いのイラストで大変気に入っていました。

それを手放すかどうか迷ったのは、その友人と1年ほど前に完全に付き合いがなくなったからです。

喧嘩したわけではなく、自然消滅したんですね。

私が岡山を離れたのがきっかけで、なんとなく疎遠になっていきました。

付き合いがなくなった事は別に恨んではいません。

縁がなくなっただけだと思っています。

ただ、お気に入りの2枚のイラストはどうしよう、と正直悩みました。

見るたびに友人のことを思い出して辛くなるかな。

もしそうなら手放そうと思い、3ヶ月ほど壁に飾ってみました。

そうして毎日のように目にするようになって感じたのは、残したいということです。

そのイラストを壁に飾っていた3ヶ月の間、辛いと思った事はほとんどありませんでした。

逆にその友人のことを思って心が温かくなり、そのイラストから元気をもらっている気がしたんですね。

親しく付き合っていた時期のことは、いい思い出として心に刻まれていたことが分かりました。

それなら手放す理由はありませんよね。

こうして私は付き合わなくなった友人からのプレゼントを手元に置くことにしました。 

手放すかどうか迷ったときの対処法

思い出の品というのは、それにまつわる人間関係が必ずあります。

子供が幼い頃に作った作品もなかなか手放すのは簡単ではありません。

友人からのプレゼントも手放し難いものですよね。

それがもう付き合いのなくなった友人からのプレゼントだとなおさらです。

友人との別れ方も大いに関係があるでしょう。

喧嘩別れしたのなら処分もしやすいですよね。

そうでない場合は本当に困ります。

そのもの自体が気に入らなければ、割と簡単に手放すことができます。

迷うのはその思い出の品が気に入っている場合です。

今回の私のように、しばらく置いておいて自分がどう感じるか、確認するのがおすすめです。

別れた友人の事を思い出して辛くなるようなら手放したほうがいいと思います。

私の場合は逆だったので残すことにしました。

コツは目につく場所に置くことです。

毎日のように目にしていると、自然にどうしたいかわかってくるんですね。

もし手放すかどうか迷っているプレゼントがあれば、ぜひお試しください。

 

(この中に片づけのヒントがたくさんあります)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

お手数ですが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ  

最後に

物を手放すかどうかの決断には多くのエネルギーがいります。

思い出の品ならなおさらです。

これは書いていて、別れた恋人からのプレゼントにも当てはまるなぁと感じました。

迷った時は時間を置いてみることも有効だと思います。

いつも目に触れる場所にしばらく置いてみるのがおすすめです。

誰でも自分が本当はどうしたいか、無意識では知っているはずなんですね。

その声に耳を傾けてみてください。

納得のいく決断ができることでしょう。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。