ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

シャンプーの断捨離で挫折しかけた原因と50代の私にとって切実なメリットとは?

現在、私はシャンプー断捨離して使っていません。いわゆる湯シャンです。

長年シャンプーを使ってきたので、初めはトラブルが発生して大変でした。

湯シャンを始めてから1ヶ月半が経ってやっと落ち着いてきたことと、思いがけないうれしいメリットも発見。

今日は湯シャンを1カ月半続けて感じたことを、ご紹介したいと思います。

シャンプーを断捨離した

f:id:ohitorisamazanmai:20190117094124j:plain

私は1ヵ月半前から、湯シャンを始めました。

湯シャンは洗髪の際、シャンプーを使わずにお湯だけで洗うこと。

以前から湯シャンには興味があり、試してみたいと思っていました。

それまで使っていたシャンプーがなくなったのを機に、思い切って湯シャンデビューすることに。

湯シャンは、宇津木龍一さんが提唱されている宇津木式を採用しています。

湯シャンに挫折しかけた原因

f:id:ohitorisamazanmai:20200601154234p:plain

念願の湯シャンでしたが、始めた頃は髪の毛のベタつきがひどく断念寸前までいったことも。

普段からシャンプーで洗っていると頭皮の皮脂を取りすぎるので、必要以上に皮脂を分泌します。

お湯だけで洗い始めてもそれがすぐには収まらないので、しばらくは分泌過多の状態が続くそうです。

宇津木さんもこうおっしゃっています。

ただ、シャンプーをやめてしばらくは、皮脂腺が十分に縮んでいないので、頭皮や髪のベタつきやニオイが気になるかもしれません。

出典:「宇津木式 スキンケア事典」宇津木龍一著(角川書店)

 そのために私も2週間近く、髪のベタつきや匂いに悩まされました。

いよいよどうしようもなくなって、シャンプーに戻らないといけないかとあきらめかけた時、クエン酸をリンス代わりに使う方法を知りました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190117092358j:plain

そのおかげで、なんとかシャンプーを買うのを踏みとどまることができました。

 

   

クエン酸のおかげで頭皮のべたつきは収まった

 

クエン酸を使い始めたのは、湯シャンを始めてから2週間の時点。

すぐにベタつきはだいぶ収まりました。

ベタつきをほとんど感じなくなるまでの期間は人によりますが、私の場合は1ヵ月ほど。

髪の毛を触ってもさらっとしているというよりは、少ししっとりしている感じ。

それでも以前のベタつきや油っぽさは、なくなりました。

髪の毛の匂いも、ほとんど気にならない状態に。

 

私が初めからクエン酸を使っていれば、もっと早くベタつきが収まったかもしれません。

もし湯シャンを始めてベタつきが気になり始めたら、すぐにクエン酸を使ってみてください。

50代の私には切実にうれしいこと

湯シャンを始めてから、もう一つの大きな変化に気づきました。

それは2週間ほど前、ちょうど髪のベタつきがほとんど収まってきた頃のこと。

排水溝にあるはずの髪の毛が、ほとんどないことに気がつきました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200601161620j:plain

私はお風呂上がりに毎回排水口のゴミを取るのですが、その時は髪の毛が1~2本しかありませんでした。

湯シャンを始めて1ヵ月ほどは、毎日10本程度は髪の毛が排水溝に引っかかっていたのでビックリ。

その日はたまたま少ないのかと思いましたが、それ以降毎日なのでこれは湯シャンの効果に違いないと。

そういえば洗髪後に髪を乾かした後も床に落ちている髪の毛が、以前よりだいぶ減っています。

湯シャンが順調に実行できていると、髪の毛もあまり抜けなくなるのだと実感しました。 

これは50代の私にはとてもありがたいこと。

最近は抜ける髪の毛の量が増えてきて髪が薄くなっていたのが悩みですが、年だから仕方ないとあきらめていました。

抜ける髪の毛の量が減ったら、髪の薄さも大幅に改善できます。

思わぬ効果があり、とてもうれしく思っています。

それ以外の湯シャンのメリット

それ以外にも多くのメリットがあると感じるので、ご紹介します。

髪の毛を洗うのが楽

シャンプーを使わないので、「ぬるま水」と言う34度以下のお湯で髪を丁寧に洗うだけです。

これはとても気が楽です。

シャンプーを出すのはほんの一手間ですが、それがなくなるだけでもストレスがかなり減りました。

シャンプーのよくない成分をカットできる

シャンプーには界面活性剤などの、あまり体に良くない成分も入っています。

頭皮からそういう成分が体内に入りやすいと聞きます。

また、洗髪中にどうしても顔にかかってしまいます。

その心配がなくなるのは精神衛生上、大変いいことだと感じています。

節約になる

シャンプーを買わなくなれば、その分お金もかかりません。

金額的にはさほど大きくありませんが、ちりも積もれば山となります。

長い目で見れば、節約効果が期待できると思います。

収納スペースが必要がなくなった

シャンプーがなくなれば、シャンプーを収納する場所が不要になります。

シャンプーやリンスがない分、収納場所にかなり余裕ができます。 

ボトルを洗わなくてもいい

シャンプーのボトルを洗う必要もなくなります。

シャンプーを使っていた時は、浴室にボトルを置いていました。

そのためにカビやぬめりなどで汚れて、ひんぱんに洗わないといけませんでした。

シャンプー自体がなくなれば、その手間がまったくかかりません。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

湯シャンを始めて1ヶ月が経ったころから、本格的に髪の具合が良くなってきました。

途中ひどいべたつきにも悩まされましたが、あきらめずに続けてきて良かったと思います。

ベタつきが収まる時期は人によってそれぞれ違うようです。

ですからはっきりこれぐらいの期間という事はできません。

それでも湯シャンのリスクはほとんどありません。

新しい何かを買うわけでもありませんし、お金もかかりません。

人によってはクエン酸が必要なこともありますが、安いものです。

ですから、やってみる価値は十分あるのでは。

もし興味があれば、湯シャンを始めてみることをおすすめします。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。