冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

手帳の断捨離をするのはお盆がおすすめな理由。

今日私が断捨離したのは手帳です。気づいたら5冊もたまっていました。

実は、たまたまお盆のこの時期に断捨離して思ったのは、お盆は手帳の断捨離に向いているんじゃないかということです。

 私が断捨離した手帳

まず、私が今日断捨離した手帳のことから始めたいと思います。

私は毎年1冊づつ手帳を新調していて、今、手元にあるのは5冊です。

f:id:ohitorisamazanmai:20180814085542j:plain

 大きさはスマホより少し大きいくらいです。

私の小さめのショルダーバッグに入れても、邪魔にならないサイズです。

今まで手帳を残していたわけ

5冊の手帳があったということは、今年5月の引っ越しでも手放さなかったということです。

引っ越し後に先延ばししていた

手帳のチェックをする時間が取れなかったのが一番の理由ですが、手帳を見始めると日記や写真と一緒で、なかなか終わらないんですよね。

それで、引っ越しが落ち着いてから、手帳をチェックしようと考えて、先延ばしにしていました。

メモがあるから捨てられなかった

時々ですが、私は思いついたことを手帳に書き留めています。

メモの量はそんなに多くありませんが、そのメモを捨ててしまうのは惜しいんですね。何かにまとめたいと思いますが、どこにまとめるか決められずに、ずるずると来てしまいました。

今は、スマホをメモ帳代わりに使っているので、手帳に書くのはスケジュールぐらいになりました。

お気に入りの装丁だった

ここ2年ほどは東急ハンズで手帳を買っています。

その前は近所の書店で買っていましたが、どれも私が好きな小花模様なので、もう用が済んだのに捨てられませんでした。

手帳を断捨離しようと思ったきっかけ

7年間持っていた手帳を断捨離しようと思い立ったのは、人気ブロガーでミニマリストの筆子さんのご著書がきっかけです。

こちらの「1週間で8割捨てる技術」(KADOKAWA)です。

f:id:ohitorisamazanmai:20180814091942j:plain

この中で、ハッとした記述があるので引用させていただきます。

思い出の品は、人に昔あったことを思い出させてくれるもの。思い出すきっかけとなるものです。つまり、モノそのものが思い出を持っているわけではなく、昔あったことは全部自分が覚えているのです。

出典:「1週間で8割捨てる技術」(KADOKAWA)筆子著

私はこの部分を読んで、手帳もある意味思い出の品なんじゃないか、と感じたんですね。

過去のスケジュールが書き込まれた手帳を見ると、あの頃はこんなことをしていたな、と思い出すことができますよね。

それで、なかなか手放せなかったんだと思いました。

そして、筆子さんは思い出の品を処分するための具体的な行動も示しています。

それならば、モノは処分して、思い出させてくれるきっかけだけを残すことができますよね。どうしても忘れたくない感情なり、記憶があるのなら、その思いを文章にしたり、写真を貼って備忘録をつくるのはいかがでしょうか。

出典:「1週間で8割捨てる技術」(KADOKAWA)筆子著

それで、私も手帳に書きつけたことを、備忘録としてノートにまとめようと思いました。

これで、心おきなく手帳を断捨離することができます。

お盆に手帳の断捨離をおすすめする理由

それでは、お盆に手帳の断捨離をおすすめする理由を説明したいと思います。

手帳のチェックは時間がかかる

こういう時間がかかる作業は、お盆や年末といった、自由な時間がある時にすることが多いと思います。

小さい手帳でも情報量はかなりありますから、逐一チェックしていたら時間がかかります。

また、こういう作業はゆっくりするほうがチェック漏れが減るので、まとまった時間を取りたいところです。

実家などに行って手帳を目にする機会がある

お盆は実家に帰省することも多いことでしょう。

そうすると、預けていたものをチェックして手帳を見つけるかもしれません。

お盆は、忘れていた手帳の存在を、思い出しやすい時期であると思います。

お盆は思い出と繋がりやすい

帰省しなくても、お盆は亡くなった身近な人のことを思い出す機会がふえます。

故人の思い出とともに、ほかの思い出も振り返ることがあるのではないでしょうか。

手帳も私は思い出の品だと思うので、昔の写真などと一緒に引っ張り出すことが増えるのでは、と思うんですね。

お盆特有の時間の流れがある

手帳の断捨離は年末でもいいじゃない、と言われそうですが、年末は特有のあわただしさがあるので、ゆっくり手帳のチェックをする時間は取りにくいと思います。

年が明けてお正月ならいいかもしれません。

 お盆は他の時期にはない、特有のゆったりした時間の流れがあるような気がします。

思い出を振り返るにはぴったりの時期だと思いますが、いかがでしょうか。

お盆に手帳のチェックをしよう

以上、私が手帳の断捨離はお盆にするのがおすすめな理由でした。

帰省中でそんな時間が取れないという方でも、家に持ち帰って時間のある時にチェックしてみるといいのでは、と思います。

もし、古い手帳がまだ手元にあるなら、お盆にチェックしてみて、必要なら断捨離することをおすすめします。