ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

15年越しの雑誌の切り抜きを断捨離。紙ごみの片づけで気づいたこととは?

私は15年ほどの間に雑誌切り抜きをためていました。

これまでも時々整理していましたが、今回大幅に断捨離することにしました。

今日はそのお話をしたいと思います。

雑誌の切り抜き

私は 15年ほど前から、雑誌の切り抜きをファイルに保存していました。

「人生がときめく片づけの魔法」を書かれた、近藤麻理恵さんも雑誌の切り抜きはファイルに保管することをおすすめされています。以下、こんまりさんと呼ばせていただきます。

このファイルに保管された雑誌の切り抜きは、昨年5月に引っ越した際は全く手付かずのまま運んできています。

前の家にはもともと荷物がかなり多かったのですが、亡くなった夫の遺品整理も並行しながらだったので、自分の持ち物までチェックすることができませんでした。

そのために、私の荷物は引っ越し後に整理するつもりでそのまま運びました。

この雑誌の切り抜きは、最近断捨離が進んでいる本棚に置いています。

本棚がだいぶスッキリしてきたので、このファイルが目立つようになってきました。

いよいよ手をつけなければ、という気になりました。

本棚の断捨離については、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。
 

www.yamanoyume.com

雑誌の切り抜きを断捨離

ファイルはこのように本棚の1番下の段に置いていました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190131094159j:plain

ファイルをまず全部、本棚から取り出します。

f:id:ohitorisamazanmai:20190131094245j:plain

そして残すものと捨てるものに分けました。

断捨離の基準

今回、雑誌の切り抜きを断捨離する際に、こんまりさんとミニマリストの筆子さんの方法を検討しました。

先程のこんまりさんはファイルに収納するというやり方でしたが、筆子さんは雑誌の切り抜きを全部捨てるというお考えです。

どうするかは、チェックしながら考えました。

私の持っていた雑誌の切り抜きは古いものが多いので、全部処分対象かと思っていましたが、意外と残すものがありました。

それでも大半は捨てましたが、一部は残しています。

このように私は自分の感覚を一番重視しているので、人気のあるメソッドもまるごと採用するわけではありません。

どういうものを残して何を処分したか、ご紹介しますね。

残すものと処分したもの

残すもの

私の娘たちが子供時代に描いたイラストや誕生日のメッセージなども一緒に置いていました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190131104555j:plain

これは大事に取っておこうと思います。死ぬまで手放さない私の宝物です。

また、先日の記事に書いたトイレの記事の切り抜きは時々読み返したいので、しばらく手元に置くつもりです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190131111124j:plain

私はフィギュアスケートの高橋大輔さんのファンで、バンクーバーオリンピックの頃の新聞記事をたくさん集めています。

f:id:ohitorisamazanmai:20190131111322j:plain

岡山で行われたパレードにも行きました。

大切な思い出なので、しばらく残したいと思います。

処分したもの

処分したものはこちらです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190131104842j:plain

オレンジのファイルはこのように破れています。

f:id:ohitorisamazanmai:20190131104931j:plain

生活の知恵や行きたかった場所の特集記事も結構ありました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190131105013j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190131105032j:plain

こちらの情報は古くなっていますし、見返す事はもうないと思うので手放します。

カフェやレストランの切り抜きを集めていたのは、10年ほど前から肉を食べなくなり、入れるお店がかなり限られるようになったからです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190131095951j:plain

そのために、ふらっと気軽にお店に入ることができません。

ある程度、下調べしてから出かけるようになりました。

飲食店は移り変わりが激しいので、情報が古くなっている可能性が高いですよね。

また、ガーデニングも趣味で育て方などの切り抜きを取ってありましたが、今はインターネットですぐに調べることができます。

f:id:ohitorisamazanmai:20190131105212j:plain

紙媒体として残しておく必要性を感じないので手放します。

すべて感謝して手放したいと思います。

断捨離のビフォーアフター

大半の切り抜きを処分しましたが、ファイルはほとんど残したので、本棚の見た目はあまり変わりません。

断捨離のビフォーアフター画像をご覧ください。

(ビフォー)

f:id:ohitorisamazanmai:20190131094159j:plain

(アフター)

f:id:ohitorisamazanmai:20190131101734j:plain

このようにファイル2個分だけスッキリしました。

こうやって見ると、目が行くのは左側に積まれたものです💦

左側には古いパソコンと印刷用紙を重ねて置いています。

古いパソコンははなるべく早く手放さなければいけません。

また、この箇所だけ平積みになっているので、見た目も揃わずストレスになっています。

近いうちにこちらも断捨離する予定です。

 

過去に、近藤麻理恵さんの片付けメソッドで収納し直した記事も書いています。

よろしかったらこちらの記事もご覧ください。

www.yamanoyume.com

www.yamanoyume.com

今回気づいたこと

雑誌の切り抜き自体はそんなに量がないのですが、分ける作業に3時間ほどかかりました。

一枚一枚チェックしないといけないのが大変ですね。

紙の処分は時間がかかると実感しました。

やはり紙はためないことが一番です。

今後はこまめにチェックしたいと思います。

雑誌を買わなくなったので、今後は雑誌の切り抜き自体もほとんどなくなるはずです。

今はインターネットでなんでも調べられますし、本や雑誌も読める時代です。

これからは、できるだけインターネットで調べることにします。

また、娘たちからもらったイラストやメッセージについ見入ってしまったのも、時間がかかった原因です。

これは思い出の品ですが、見ていたらきりがありません。

こういうものは事務的に仕分けしないといけないと反省しました。

この後には古いパソコンと印刷用紙が控えています。

それらを断捨離したら、またご報告させていただきます。