おひとりさま三昧

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

夫のいない畑にも春はやってくる

昨年末にが急逝してから畑仕事をする気になれず、ほったらかしでしたが、植物は強いものです。

昨日の記事で書いたようにキャベツも白菜もそれなりに育ってくれていました。

我が家の白菜はおひとりさまサイズ - おひとりさま三昧

 

春分が近づいてだいぶ春らしくなってきたせいか、野草たちも顔をのぞかせ始めました。

 白菜を植えていた畑にも毎年ふきのとうが出てきますが、今年も最初の一個を見つけました。

たくさんは出ませんが、4~5個あったら一度に摘んで天ぷらにします。

f:id:ohitorisamazanmai:20180318103158j:plain

 

 

最近テレビで見た食べ方は新鮮で、たしか生の葉を一枚づつはがして料理に添えていたと思います。
NHKの『京都人の密かな愉しみ』の中で、常盤貴子さん演じる老舗和菓子店の若おかみが食事中にそうしていました。
こういう食べ方だと、ふきのとうの香りがストレートに楽しめるので、いいですね。
さすが京都だと感心しました。
今年は私もぜひチャレンジしたいと思います。

f:id:ohitorisamazanmai:20180318103229j:plain

ふきのとう以外に、よもぎも見つけました。
よもぎは畑だけでなく道端にもいくらでも生えてくる強い野草ですが、やわらかい新芽のうちに摘んで干しておくと使い道はたくさんあります。
足湯にしたりお風呂に入れたりするとデトックス効果があるといわれるし、よもぎもちにしてもおいしいですよね。
私はよもぎの強い香りが好きなので、摘んだり干したりする過程ですでに癒されます。
ことしもそろそろよもぎ摘みをしないといけないので、のんびりしていられません(^^♪