ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

娘の作品を処分した直後に1年半ぶりの連絡が!一足先に手放せた洗濯機。

引越しに当たり、次女の卒業制作作品を先日やっと処分しました。

とはここ1年半ほど連絡がつかない状態でしたが、処分当日なんと次女から久しぶりに連絡がありビックリ。

作品を解体して2~3時間後に娘からメールが届き、不思議なこともあるものだなと。

不要なものを手放すと、必要なもの(娘からの連絡)がやってくるのかもしれません。

今回さらに洗濯機を娘に譲ることになった話も、ご紹介したいと思います。 

娘から1年半ぶりに連絡があった 

引越しに向けて、つい先日次女が卒業制作で作製した作品を処分しました。

なんと作品を解体した直後に、驚くべきことが勃発。

1年半連絡のなかった次女から、久しぶりにメールが来たんですね♪

f:id:ohitorisamazanmai:20200721170913p:plain

メールの要件は2つ。

・高知の新住所を教えてほしい

・まだ手放していなければ、洗濯機がほしい

やり取りしていても元気そうな様子が伝わってきて、心底ホッとしました。

 

娘とはこの1年半、こちらから連絡しても全く返事が返ってこない状態。

音信不通だと思っていたら、違っていました。

心理カウンセラーの友人に相談したところ、娘とは音信不通ではないとのこと。

音信不通というのは、メールや電話などすべての通信手段をブロックした状態のことだとか。

娘に電話したら呼び出し音は聞こえるし、メールもブロックされていない様子。

友人の言葉にひとまず安心したものの、相変わらず娘から返事はありません。

便りがないのは元気な証拠と思い、気にかけながら過ごしていました。

  

数日前に娘がモデルだという作品を泣く泣く解体したのですが、その思いが娘に伝わったのでしょうか。

処分当日に娘から1年半ぶりの連絡が来るとは、不思議なこともあるものです。

やはり不要なものを手放すと、必要なもの(娘からの連絡)がやってくるのかもしれませんね。

思い切って娘の作品を手放してよかった~

洗濯機を娘に譲ることにした

f:id:ohitorisamazanmai:20200720131448j:plain

今回のメールで、娘は洗濯機がほしいとのこと。

娘の洗濯機は大学入学時に購入したもの。もう10年ほど使っていることになります。

そろそろ買い替え時期ではと思い、娘には早い段階で冷蔵庫と洗濯機がいらないか打診していました。

なかなか返事が来ないのであきらめていたところ、久しぶりに連絡があってビックリ。

冷蔵庫と洗濯機はリサイクル業者に売却する予定でしたが、娘のほうが優先なのは当然のこと。

リサイクル業者に売却するのは冷蔵庫とテーブルセットのみ、ということになりました。

   

洗濯機の受け渡しで娘に会えるかと内心期待したのですが、残念ながらスケジュールが合わないとのこと。

直接会えないとなると、洗濯機の運搬は専門業者に依頼することになります。

娘が提案してきた運搬手段は、なんとヤマト運輸系列の家財宅急便。

私が引越しを依頼しているヤマトホームコンビニエンスのサービスで、またまた驚き。

早速ヤマトホームコンビニエンスに連絡。

荷物出しの際、洗濯機も娘に発送することになりました。

 

思いがけず、1年半ぶりに娘から連絡があり心底ホッとしています。

娘はしばらく連絡しなかったことを、詫びてくれました。娘にもいろいろと事情がある様子。

連絡できる時にしてくれたら、それでいいかなと。

 

今回の件は、なんだかご褒美のような気がします。

関東を離れる直前にずっと気がかりだった次女から連絡があって、また1つ肩の荷が下りました。

荷物出しの日は私が都内のホテルに泊まるので、一目でも娘に会えたら最高ですね。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

娘の作品をやっとの思いで処分したら、当日娘から久しぶりに連絡がきて驚きました。

かなりうれしかったのも事実ですが、もうすぐ関東を離れるので寂しい気持ちもあります。

時々次女の様子を見に上京したいほど。

耳鼻科への通院など都内に用事があれば、その際また娘に声をかけようと思います。