ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

引越しの段ボールはヤマト運輸系列で購入!5箱詰めてシミュレーション。

今回の引越しは、ヤマトホームコンビニエンスの単身者向けサービス「わたしの引越し」に申し込みました。

段ボールがついておらずオプションもないので、ヤマト運輸系列のネットショップで段ボールを10枚購入。

昨日、5個分の荷造りをしてみました。

荷造りして感じたのは、専用ボックス1個で何とか収まりそうだということ。

今回実際に段ボールに荷物を詰めてみて気づいたことを、ご紹介したいと思います。

ヤマト運輸系列「ネコハコ」で段ボールを購入した

f:id:ohitorisamazanmai:20200720100218p:plain

私は高知へ引越す際に、ヤマト運輸系列のヤマトホームコンビニエンスを利用することにしました。

現在ヤマトホームコンビニエンスは単身者向けサービス「わたしの引越し」しか実施しておらず、サービス地域も限定とのこと。

埼玉→高知便は運行されていて、助かりました。

 

 ヤマトホームコンビニエンスでは、段ボールの無料配布もオプションもありません。

近所のスーパーで段ボールをもらおうと思っても、ちょうどいい大きさのものがない💦

仕方なくヤマト運輸系列の「ネコハコ」というネットショップで、段ボールを購入しました。

 

ネコハコで購入したのは、中サイズの段ボール10枚組を1セット。

価格は2,400円+消費税で2,640円。

中サイズの大きさは、319㎜×319㎜×281㎜。

大サイズとも迷ったのですが、過去の経験上重い本は小さめの段ボールが安心かなと。

   

実際に荷造りを始めて感じたこと

f:id:ohitorisamazanmai:20200722173556j:plain

昨日段ボールが届き、早速荷造りを始めました。

荷造りしたのは、段ボール5箱分。

本から始め、キッチンの鍋や食器もある程度詰めました。

 

本と書類で段ボール3個分に。

f:id:ohitorisamazanmai:20200722173722j:plain

 

小さなカラーボックスに収納していた本は、段ボール1箱と3分の2。

f:id:ohitorisamazanmai:20200722165813j:plain

カラーボックス手前の書類が、1箱と3分の1。

 

鍋や食器類は今のところ2箱。

f:id:ohitorisamazanmai:20200722173805j:plain

まだ使っている食器や鍋を収納するのに、もう1箱は必要かなと。

 

収納ケースに入った衣類も段ボールに詰め替えるのか、ヤマトホームコンビニエンスに電話で問い合わせてみました。

衣類は収納ケースに入れたままでもOKとのこと。

私の場合、無印良品の収納ケースが4つあります。

f:id:ohitorisamazanmai:20200722173905j:plain

そのうち3つは衣類なので、段ボールに詰め替えなくていいことに。

残り1つは雑貨類なので、段ボールに詰め替えます。

 

ほかの細々したものも段ボール3個で、何とか足りそうな気が。

布団は1人分なので、そんなにかさばらないはず。

鏡やミシンも、そんなにスペースは必要ないかも。

もしテーブルセットが売れなくても、テーブルは脚が外せるタイプ。

となると、専用ボックス1個でなんとか足りそうかなと。

専用ボックスに積載したシミュレーション

私の荷物を専用ボックスに積んだという、シミュレーションをしてみました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200722174342j:plain

公式サイトからお借りしました

専用ボックスの大きさは、幅104㎝×奥行104㎝×高さ170㎝。

無印良品の収納ケースを4段重ねて置いた場合、横に2箱、奥に3列段ボール箱が置ける計算に。

ダンボールを収納ケースに寄せて積載すれば、横に鏡やテーブルを置くスペースは十分あるはず。

布団は一番上に乗せます。

 

専用ボックスに収まりきらなければ、家財宅急便の扱いになるとか。

荷物を積み残すことはないのですが、できれば追加料金は発生してほしくないもの。

自分でシミュレーションした結果、専用ボックス1個でなんとか足りそうで気が楽になりました。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

段ボールに荷造りを始めて、いよいよ引越し間近だという実感が湧いてきました。

引越し当日までに役所に転出届を提出するなど、まだ少し用事が残っています。

必要な行動を忘れないように、注意しながら過ごしたいと思います。