ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

連絡がつかなくなった婚活の相手。その後に起こった小説のような話。

私は婚活中の50代。

今月1日に、婚活で知り合った相手と初デートして、お付き合いすることになりました。

ところが、翌日の夜から急に音信不通に。

どうやっても連絡がつかずにあきらめかけていたところ、10日ぶりに予想外の展開がありました。

今日はそのお話をしたいと思います。

婚活の相手と急に連絡が取れなくなった

私がマッチングアプリで知り合った、 婚活の相手と初めて会ったのは11月1日。

翌日の朝は、普通にLINEでやりとりしていました。

ところが、「またあとでね」という言葉を最後に、ぷっつり連絡が途絶えてしまいました。

倒れてでもいるんじゃないかと気になり、4日にこちらからLINEしましたが、それも未読のまま。

全く連絡が取れなくなってしまったんですね。

LINEしか連絡手段がないので、どうにもならずにあきらめかけていました。

婚活の相手から突然連絡が来た

 

f:id:ohitorisamazanmai:20191114121418p:plain

忘れかけていた頃、お昼寝しようと布団に横になった時のことです。

急に電話の呼び出し音が鳴り、見るとなんと音信不通になった相手!

10日ぶりに、LINE電話で連絡が来たではありませんか。

びっくりして電話をとると、相手が開口一番。

「あ〜よかった。」

急いで電話をかけたようで、息せき切って話しています。

ゆっくり話を聞いてみると、2日の夜にアイフォンが発火したそうなんですね💦

ズボンの後ろポケットに入れていたら、急に熱くなって燃えだしたと言うからびっくり。

その後、IDやパスワードがわからずに、なかなか新しいアイフォンが手に入らなかったとのこと。

アイフォンショップや購入した携帯ショップに行っても、なかなか作業が進まなくて大変だったようです。

10日間誰とも連絡がつかなくて困った、とも。

やっとLINEが使えるようになり、真っ先に私に電話をくれたというGさん。

「〇〇ちゃん(私のこと)、怒ってるだろうなぁ」

連絡がつかない間そう思っていた、と漏らしていました。

付き合おうと言ったのに急に音信不通になったのは、病気や振られたわけではなかった。

アイフォンが壊れたからでした。

なんだか作り話のようですが、本人は至って真面目。

その話を信じることにしました。

婚活の相手と2回目のデートをした

Gさんは私と連絡がついてほっとしたようで、その日の夜食事に誘ってくれました。

音信不通になっていた間、私が占いに行って自分の本心を知ったことは分かっていません。
一瞬どうしようかと思いましたが、10日間1人で大変だった彼の話も聞きたかったのでOKと返事。

電話の4時間後に待ち合わせなので、昼寝している時間はありません。そのまま出かける支度を始めました。

 Gさんに会ってから、10日間の大変だった様子を詳しく聞きました。

f:id:ohitorisamazanmai:20191114122204j:plain

彼が持っていたのは、購入してさほど日が経っていないアイフォン6。

アイフォン6は発火しやすいそうなんですね。

それは知りませんでした。

また、アイフォンは故障すると修理が大変、とも。

そんな話を聞くと、アイフォンユーザーの私はちょっと不安になります。

次はアンドロイドに変えようかな、という考えが頭をかすめました。

9月末に格安SIMのワイモバイルに替えた時、格安SIMはアンドロイドと相性がいいと感じていたんですね。

今後ずっと格安SIMを利用するなら、早めにアンドロイドに替えておいてもいいかも。

彼の話を聞いてそんなことまで考えました。

今後のお付き合いについて思うこと

占いで私の気持ちが相手に向いていないと聞いてから、もう縁がないと思っていました。

まさかこんな状況だったとは。

今回、Gさんに会ったのは、10日間大変だったことをねぎらおうと思ったから。

たとえ私に今後付き合う気がなくても、その時は会わなきゃ、という気持ちになったんですね。

一人暮らしで、きっととても心細かったことでしょう。とにかく、少しでも気を許した相手に話を聞いてもらいたいはず。

ものすごい勢いでしゃべり続ける彼を見て、私を信頼しているんだなぁとうれしくなりました。

それでも、2回目のデートをして感じたのは、やはり自分とは感覚が少し違うなということ。
相手もそれはなんとなく感じているようです。

「〇〇ちゃん(私)は品があるよね。俺は下町育ちだからなあ。」

私が上品なのかは、自分ではよくわかりません。

そう言われてうれしい反面、生活習慣の違いが大きいと一緒に暮らすのは難しいかなとも思ってしまいます。

次にお誘いがあったらどうしようか、とふと思い出しては考えます。

考えても結論が出ないので、誘われた時の感覚で決めることにしました。

Gさんは悪い人ではなく、私のことはとても気に入ってくれている様子。

それはとてもありがたいことです。

それでも、私も心底気に入った相手と暮らしたい。

妥協はしたくないんですね。

近々、3年ぶりに姉に会う約束をしているので、相談してみようと思います。

 

お手数ですが、押していただけると大変喜びます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

婚活の相手が音信不通になったのは、アイフォンが壊れたから、という小説のようなお話でした。

長年生きていると、いろいろなことがありますね。

アイフォンが壊れたおかげで、自分の本心に気づくことができました。

これもタイミングが良いのでしょうか。

相性が良くないのに付き合っていても、お互いに幸せにはなれません。

もっと気の合う相手と出会うチャンスを逃してしまいます。

Gさんのことは冷静に判断して決めるつもりです。

その後何か進展がありましたら、またご報告させていただきますね。