ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

独身の50代ミニマリストが初体験!オトコンの婚活パーティーの口コミ。

 私は50代ミニマリストですが、現在独身です。

最近、生まれて初めて婚活パーティーに参加してきました。

オトコンという会社の主催するイベントです。

今日は、初めての婚活パーティーで感じた、率直な口コミをご紹介したいと思います。 

   

50代ミニマリストがオトコンの婚活パーティーに初挑戦

f:id:ohitorisamazanmai:20190909140731j:plain
私が生まれて初めて参加した婚活パーティーは、オトコン(OTOCON)という会社が主催しています。

オトコンを運営しているのは、株式会社パートナーエージェントという上場企業です。

インターネットで検索したら、上位に出てきました。

毎日都内数か所で婚活イベントが開催されており、場所も新宿や渋谷、上野などアクセスのいい場所ばかりです。

費用もお手頃で、女性の方が男性よりも多少安くて1000~3000円といったところです。

直前になるとかなり割引されて、女性が500円という回もありました。

私が参加したのは銀座で、女性が2500円のところ直前割引で2000円でした。

ほかにも友割や早割もあります。

私が参加した回は男女ともに50~59歳までが対象で、+-2歳までが参加可能。

同世代ばかりなので安心でした。

ほかにも対象年齢が何種類かあります。

40歳~55歳という回もあり、何とかギリギリで参加できますが、最年長で相手にされないでしょう。

私が年上希望だということもあり、40歳~55歳の回はやめました。

今回私が参加したのは、銀座のBEAMSと同じビルに入っている会場でした。

ビルの一室に専用スペースが確保されていて、落ち着いた雰囲気です。

スタッフの方も若い女性ばかりで感じがよかったですね。

オトコンは銀座以外にも新宿や渋谷、上野など都内だけでなく、大宮などの地方にも会場があります。

東北以外は全国に会場があります。

私が参加した銀座の婚活パーティーでは、1対1で半畳ほどの狭い半個室で話をしました。

奥にある小さなテーブルの前にイスが2脚あり、椅子に座って斜めに向かい合います。

狭い空間だと落ち着いて話ができますね。

1人に対して7〜8分ずつ、2巡しました。

オトコンはフリータイムがないんですね。

私は経験がないのでよくわかりませんが、フリータイムがないほうがいいのかもしれません。

女性は同じところに座ったままで、男性が移動します。

男性は大変ですが、足が悪い私にはありがたかったですね。

オトコンでの婚活パーティー1巡目の口コミ

私が参加した回は、男女ともに5人ずつでした。

募集は7人でしたが、定員にならなかったのでしょう。

当日、台風が近づいていた影響なのか、予約して来なかった人もいたようです。

1巡目は私自身、婚活イベントが初めてなこともあって、とにかく緊張しました。

緊張するのは仕方ないと割り切って、できるだけ笑顔で接するように心がけました。

1巡目が終了すると、5分間の休憩です。

気になる人に〇をして、主催者側に提出。

少ししてから、自分に興味を持ってくれた人に赤丸がついて返ってきます。

今回お話した男性陣を仮に、AさんBさんCさんDさんEさんと呼びます。

5人中3人のBさんCさんEさんが、私に赤丸をつけてくれました。

Aさんに聞いた話では、半分くらいはたいてい丸がつくそうです。

ただ、私が丸をつけた3人の AさんDさんEさんのうち、赤丸をつけてくれたのはEさん1人だけでした。

私が丸をつけなかったBさんCさんには、それなりの理由があります。

Bさんは食肉関係のお仕事でした。

私が10年前から肉類を一切食べないので、おそらく話が合わないだろうと思ったんですね。

短い時間なので、私が肉を食べない話はしていません。

いきなり話したら、気を悪くするかもしれないですしね。

相手には理由が言いにくい場合もありますね。

もう1人のCさんに関しては学歴です。

その方は高卒でした。

私は一応、4年制大学を卒業しています。

亡くなった夫も高卒でしたが、どこかでコンプレックスを感じていたようです。

私は特に夫の学歴には何も思わなかったのですが、男性は気にする方が多いのかなあと。

そのことを思い出して、やはり学歴は4年制大学以上がいいと思いました。

これから何十年か一緒に過ごす相手です。

トラブルのもとになる要素は、できるだけ排除したいものです。

Bさんはシャイだけど優しそうな方で、Cさんは明るくて楽しい方でした。

お友達としてなら、お付き合いしたいと思うお二人でした。

ただ、残りの人生を一緒に過ごす相手としては考えられません。

申し訳ないと思いつつ、シビアに割り切りました。

オトコンでの婚活パーティー2巡目の口コミ

第一印象で私が〇をつけなかったBさんCさんとは、2巡目では少し気まずい雰囲気でした。

どちらも私には第一印象で〇をつけてくれていたので、余計そう感じたんですね。

1巡目が終了した時に第一印象で丸をつけるのは、ないほうがいいような気がします。

それとも全員に〇をつけるか、ですね。

逆に、私が〇をつけて相手がつけてくれなかったAさんDさんと話すのは、気が楽でした。

カップリングする可能性が低いと思うと、変に気を遣わなくてすんだんですね。

一番困ったのは、お互いに第一印象で〇をつけたEさんでした。

Eさんは朴訥な印象で、誠実そうなお人柄に惹かれました。

とつとつとしたお国訛りを聞いていると、なんだかホッとするんですね。

そんなEさんとの2巡目は妙に意識しすぎて、なんだかうまくしゃべれませんでした。

また、終わりのころに相手が6歳年下だと気づき、少し迷いました。

それでも最終的なカップリング希望では、第一印象でお互いに〇をつけたEさんを第1志望にしました。

第3志望まで書けたのですが、他の方はやはり少し違う気がして第2、第3志望は空欄で提出。

その後、2組のカップルが誕生した、との発表がありました。

もしかしたら私もカップリングできたかも、と少し期待しながら待つことに。

結果は、残念ながらEさんには振られてしまいました💦

私が唯一希望を出したEさんはお子さんがいらっしゃるのですが、事情があってほとんど会えないそうです。

私が自分の娘の話をうっかりしてしまったのが良くなかったのかな、と反省しました。

カップルが成立しなかったことは、はっきり言ってショックでした。

ただ、よく考えれば1人しか希望を出さなかったので、仕方ないですね。

オトコンの婚活パーティーに初めて参加して思った3つのこと

今回初めて、婚活パーティーに参加して良かったと思います。

今回のように半個室で1対1で話をするのは、割と私に合っています。

それでも一度に何人もの相手と話をするのは、とても疲れました。

第一印象で合わないと思った方ともう一度話をするのも、結構辛いですね。

1回経験してみたかったので、婚活パーティーがどんなものかわかったのは良かったと思います。

私は直接参加する婚活パーティー以外にも、マッチングアプリやネットの婚活サイトも利用し始めました。

自分に合った手段を探しつつ、マイペースで婚活していくつもりです。

マッチングアプリやネットの婚活サイトのことも、何か進展があればご報告したいと思います。

それでは、今回オトコンの婚活パーティーで感じたことを3つご紹介したいと思います。

1、参加人数が多いほうが出会いのチャンスが増える

今回の婚活パーティーで感じたのは、対象者が5人なのは少ないということです。

多いからいいとは限りませんが、多いほうが気の合う人と出会う可能性は高くなりそうですよね。

一度にたくさんの人と話すのは大変ですが、人数が多いほうが効率がいい気がしました。

次回は、話すのが1回でもいいから、人数が多い婚活イベントも検討したいと思います。

2、自分の仕事やミニマリストであることを説明するのが大変

f:id:ohitorisamazanmai:20190909141027j:plain

今回、自己紹介カードに自由業と書いたので、ほとんどの方にどんなお仕事ですか、と聞かれました。

ブログを書いたり寄稿記事を書いたりしていることを、毎回説明するのがちょっと恥ずかしかったですね。

本業とはいえ十分生活できるほど稼いでいないので、後ろめたさもありました。

また、ミニマリストという特殊なライフスタイルを理解してもらうのも大変かなという気がしています。

これは今後ずっと付いて回るので、何か対策を考えるしかありませんね。

3、目の具合がよくないことを話しにくい

今回、私の目の具合が良くないことも話せませんでした。

体調が悪いと言ったら、おそらく100%ダメだと思ったんですね。

これは婚活では高い障害になると思っています。

目のこともあって、自分自身が積極的になれない部分もあります。

目のために実践しているのは、1年前からの砂糖断ちです。

そのおかげで、著しく悪化することは避けられているので、今後も続けるつもりです。

なので、焦らずにゆっくり婚活していきたいと考えています。

全捨離で8割捨てて毎日トイレ掃除や床磨きをしていたら、きっといつか私に合った相手が現れると信じています。 

婚活パーティーにはエアークローゼットの服が合う

私はエアークローゼットという、服のレンタルサービスを利用しています。

婚活にはエアークローゼットの服を着るつもりでしたが、今回は見送りました。

婚活パーティーにどんな服を着ていけばいいのか、ドレスコードが分からなかったんですね。

わからない時は、くだけた服装より改まった感じのほうが無難だと思いました。

最近エアークローゼットでレンタルした服は秋色で素敵でしたが、カジュアルすぎる気がしてやめました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190908102511j:plain

 

代わりに着たのは、今年4月に購入したJプレスのワンピースとジャケット。

f:id:ohitorisamazanmai:20190909125755j:plain

パーティー会場に向かう時にたまたまエレベーターで一緒になった参加者の女性によると、ワンピースの女性は多いとのこと。

その言葉に励まされました。

できればほかの女性の服装もチェックしたかったのですが、パーティーが始まると他の女性の姿は全く見えません。

ただ一人服装が分かっているのは、エレベーターで一緒になった女性です。

彼女は見事にカップリングしていました。

その方は私の方がカジュアル過ぎるかも、とおっしゃっていたのですが、レースのトップスがおしゃれでした。

そういうかしこまりすぎない服装の方が、好感を持たれるのかもしれません。

今回お会いした男性も、5人ともカジュアルな服装でした。

半個室で1対1で話すパーティーなら、さほど服装に気を遣う必要はなさそうです。

もしまたこの形式の婚活イベントに参加することがあれば、エアークローゼットの服を着て行くことにします。

 

婚活にはエアークローゼットの服が向くと考えている話は、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

私が婚活にも活用したいと思っている手持ちのネックレスについても、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

お手数ですが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に 

初めての婚活パーティーは疲れましたが、得るものがありました。

50代はまだまだ元気な方が多いですね。

励まされた部分もあります。

私自身の婚活でもあり、半分は取材のような感覚でした。

カップリングできなかったのは残念ですが、今後に生かしたいと思います。 

また婚活イベントに行った際は、ご紹介しますね。