冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

ミニマリストに学ぶワードローブの選び方。

最近、気になる男性ミニマリストを見つけました。

今回はその方の提案をもとに、私なりのワードローブに関する考えを書きたいと思います。

それでは、さっそく始めましょう。

 ミニマリストのび太さんの提案

その方は石黒敬太さんという30代男性ですが、ハンドルネームをミニマリストのび太さんとおっしゃいます。
ブログ名は「ミニマリストのび太の無印良品大好きブログ」で、その気になる提案の記事はこちらです。
www.muji-nobita.com

 ミニマリストのび太さんが上の記事で仰りたいことは、部屋着と外着を明確に分けない、ということです。

そうすることによって、持っている服の数を減らすことが出来るというのです。

それは、ミニマリストなら可能なようです。

ミニマリストのび太さんは具体的にご自身のワードローブを挙げて、どのように着まわしているか、わかりやすく書かれています。ワードローブというのは、簡単に言うと手持ちの服のことです。

それは、まだミニマリストがどんなものか、よく知らない私には大変な衝撃でした。

今まで50数年間生きてきて、部屋着と外着は分けるのが当然だと思っていたからです。

第一そんなことができるのだろうか、と初めは半信半疑でした。

それが読み進めていくと、部屋着と外着をほぼ分けなくても大丈夫なのが私にも理解できました。

部屋着と外着を分けないことは私にもできるか

ミニマリストのび太さんの記事を読み終わってから、ただすごいなあ、と感心しました。

ここまで徹底して実践できるのは、さすがミニマリストです。

でも、わたしに真似できるだろうか、というと、むずかしい気がしました。

50数年間の習慣を変えるのは容易ではありません。

なんといっても私はミニマリストには憧れるものの、ミニマリストではありません。

それでも、気になってしかたないので、少しでも私に取り入れられないか、部屋着と外着を分けない方法を考えてみました。

すると、いくつか思い浮かんだので、それをご紹介します。 

上着を部屋着と外着で兼用する

冬にダウンコートを着る方は多いと思いますが、最近のダウンコートは薄くて軽くても暖かいものが多いですね。

ミニマリストのび太さんもおっしゃっている様に、薄いダウンコートを部屋でも着たらかなり温かいだろうな、と思います。

薄くて軽いので意外と部屋着に向くと思います。

そうしたら暖房も弱い設定にできて節約にもなります。

この冬は、薄くて軽いダウンコートを無印良品やユニクロで買って、ぜひ試したいと思います。

また、合着のカーディガンやパーカーなども部屋着と外着の兼用にしやすいと思います。

こちらのカーディガンのように、部屋の中でも外でも着られそうなデザインが多いですよね。こちらも実践したいと思います。

f:id:ohitorisamazanmai:20180728173416j:plain

ユニクロのリラ͡コ

ミニマリストのび太さんは、夏はユニクロの男性用ハーフパンツを着用していらっしゃいます。

女性の私なら、同じユニクロのリラコがいいような気がします。

今年初めて買ったのですが、これは本当に昼間も夜寝る時も履きやすくてお助けアイテムです。

現に今はパジャマ代わりに着ていて、楽なので朝も着替えたくないくらいです。

あまりに使い勝手がいいので、もう少し買い足そうかと考えています。

f:id:ohitorisamazanmai:20180728173448j:plain

トレーナーやスエットの上下

トレーナーやスエットの上下は定番なので、今さら言うまでもないでしょう。

私はスエットの上下は持っていませんが、トレーナーならあります。

トレーナーは一日中着ていても疲れません。

トレーナーは外着にもなるし、ミニマリスト向きのような気がします。

ミニマリストのび太さんも、冬は無印良品のストレッチパンツを愛用されているそうです。

もし女性用があったら、私も一度無印良品のストレッチパンツを買ってみたいと思います。

f:id:ohitorisamazanmai:20180728173532j:plain

Tシャツ

Tシャツも定番のような気がします。

夏に汗をかいたら着替えますが、昼間も夜も着ることができて外着にもなります。

ミニマリストのび太さんはユニクロのエアリズムのシャツを愛用されていますが、素材が化繊です。

私は綿や麻といった天然素材が好きなので、もっぱらそういうTシャツを着ています。

無印良品やユニクロにはたくさんありますね。

f:id:ohitorisamazanmai:20180728175659j:plain

私のワードローブの傾向

 今思いつくのはこれくらいでしょうか。

こうやって見ると、私はトップスのほうが部屋着と外着を兼用できるものが多いですね。

ボトムスは部屋着と外着に分かれているものが多いということでしょう。

スエットのパンツを外には着ていきにくいので、それはしかたないと思います。

リラコなら近所のコンビニくらいは行けそうな気がします。

憧れのミニマリストを目指して

今すぐミニマリストのび太さんのような本格的なミニマリストになるのは無理ですが、少しでも近づきたいと思います。

まずは、ゆるいミニマリストを目指すつもりです。

これから断捨離しながら、多くの物を持たない暮らしに向かっていきたいと思います。

そこには、きっと物に振り回されない心穏やかな暮らしが待っていると信じています。