ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。ゆるベジタリアンで砂糖断ち中。

ミニマリストあつしさんにお会いした!人気YouTuberに学ぶ5つのこと。

一昨日、サンクチュアリ出版で開催された、ミニマリストあつしさんのトークショーに参加してきました。

あつしさんは我が子と同い年ですが、ミニマリスト歴2年の大先輩。

2か月前にあつしさんのブログを知ったばかりですが、内容が濃いんですね。

また、あつしさんはユーチューブのチャンネル登録者数が6000人を超える、人気ユーチューバー。

トークショーでも何をご紹介するかかなり迷うほど、深い話を伺うことができました。

今日はミニマリストあつしさんのトークショーで、特に心に響いたことを5つご紹介したいと思います。

ミニマリストあつしさんのトークショーに参加した

f:id:ohitorisamazanmai:20200116120846j:plain

ブログより拝借しました

一昨日、都内のサンクチュアリ出版で、19時半からミニマリストあつしさんのトークショーが開催されました。

サンクチュアリ出版で思い浮かぶのは、ミニマリストしぶさんの『手ぶらで生きる』

やはり、会場内の目立つ場所に展示されていました。

サンクチュアリ出版でトークショーをするからには、あつしさんも本の出版予定があるのかと思いましたが、今のところはないそうです。

ご本人は本を出したいと思わないそうですが、ファンとしてはぜひ出版してほしい。

 

ミニマリストあつしさんは28歳と若いのですが、ミニマリスト歴2年の大先輩。

心に響くことがたくさんありました。

あつしさんは、もともとトークショーはあまりしないのだそう。

また大阪在住の方なので、なかなかこんなチャンスはないと思い、思い切って申し込みました。

あつしさんは壇上で話すよりも、ミニマリストオフ会で参加者と同じ目線で話したいとのこと。

その言葉通りとても気さくな方で、一番乗りした私は10分以上あつしさんを独り占め。

たまたま私があつしさんと同じマットレスを使っている話などを、させていただきました。

思いがけない至福の時間でした♪

現在ミニマリストあつしさんは、ブログやyoutubeで活動されています。

私はブログを拝見してファンになったのですが、YouTubeからという参加者も多かったですね。

ミニマリストあつしさんのブログはこちら。

ミニマリストあつしのブログ | 大阪で一人暮らしをする男性ミニマリスト

 

トークショーの後には懇親会もあり、参加者7人のうち6人が参加しました。

人気ミニマリストさんと、こんなに間近で話をしたのは初めて。

とても和気あいあいとした雰囲気で、あっという間に夜が更けていきました。

それでは、ミニマリストあつしさんのお話の中で、特に私の心に残ったことを5つご紹介したいと思います。

   

ミニマリストあつしさんから学んだ5つのこと

1、ミニマリストになってみないと向いているかどうかわからない

f:id:ohitorisamazanmai:20200116120938j:plain

あつしさんは、ミニマリストになりたいという方から、よく相談を受けるそうです。

ミニマリストになったほうがいいかどうか、と悩む方も多いとか。

そんな方に対して、あつしさんはとにかくやってみたら、とアドバイスされるのだとか。

やる前からわかっていることは10%、残りの90%はやりながらわかることなんだそう。

だから、直感でミニマリストになりたいと思ったらやってみること。

自分がミニマリストに向いているかどうかは、ミニマリストになってみなければわからない。

これはなるほどと思いました。

私はミニマリストになるかどうか迷ったことがないので、迷う方の気持ちはよくわかりません。

ただ、ミニマリストになってみないと自分がどう感じるかわからないのは、とても共感します。

私に合っていたからかもしれませんが、ミニマリストになってみて何もデメリットはないと感じています。

少し考えてみても、ミニマリストになって後悔するとしたら、二度と手に入らない希少価値のあるものを捨てたケースくらいでしょうか。

私は経験がありませんが、それほど手放して困ったものはないということです。

逆に私の場合、ミニマリストになったらどう感じるか、知りたかった。

現在、毎日がとても快適で、やはりミニマリストは私に合っていたと感じています。

2、ものを捨てた後は実体のないものを捨てる

私は昨年2019年年末にほぼ不用品を手放しました。

その時、やっとミニマリストの入り口に立つことができたと感じました。

不要なものはなくなっても、次は自分の内面に目を向けるべきかなと。

内面には手放すべきものが、まだたくさんある気がしています。

ものを捨てた後は実体のないものを捨てる

あつしさんがおっしゃった時に、やはりそうかと腑に落ちました。

3、見栄を捨てる

捨てるべき実体のないものの一つとして、あつしさんは見栄を挙げます。

以前、あつしさんは見栄を張ったために、どん底になった経験があるとのこと。

あつしさんは見栄を手放してミニマリストになったんですね。

私が深いと思ったのは、同じものを持っていても、見栄かどうかは本人にしかわからないということ。

高級車や高級腕時計を持っていても、あつしさんは見栄のために持っているとは思わないそう。

本人が純粋に好きで、手に入れたかもしれないからと。

あつしさんのブログで見栄についての記事を拝読してファンになったので、そのお話が聞けてうれしかったですね。

4、ミニマリストになりたての頃は逆にお金がかかる

f:id:ohitorisamazanmai:20200116121126j:plain

ミニマリストになるとすぐに節約できると思いがちですが、意外とそうではないんですね。

ミニマリストになりたての頃は、持ち物をアップデートしたくなるそうです。

これも大変納得しました。

私もまさにミニマリストになりたてホヤホヤ。

残した持ち物も、今まで以上に使い勝手が気になります。

最近も、長年使ったお気に入りの鍋を、一瞬手放そうかと思いました。

ちょっとしたストレスや使い勝手の悪さに対して、以前よりかなり敏感になっているんですね。

少しでもストレスを感じると、その状況をすぐに改善したくなります。

私は鍋を手放しませんでしたが、もし手放していたら新しい鍋を買っていたはず。

ミニマリストになりたての頃、逆に出費が増えるのはあるあるだと思いました。

5、生活の自由度を上げるために固定費を減らす

今回のトークショーで、1番心に響いたのがこちらの話。

生活の自由度を上げるために固定費を減らす、というのはとても合理的だと思います。

外で働くなど自分で自由にならない時間を減らし、その分自由時間を増やす。

そのためには、生活費そのものを減らすのが1番有効だということです。

私もちょうど生活費を減らしたかったので、大変参考になりました。

具体的には、固定費の中でも1番割合の大きい家賃を下げること。

私の部屋は1Kで10畳あり、家賃は5万円。

部屋自体は最寄り駅からわりと近く、きれいで気に入っています。

ただ、最近になって荷物がかなり減りました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200115114725j:plain

10畳はかなり余白があって、もったいないなぁと。

半分ぐらいの広さで家賃の安いところに、引っ越したいと思っています。

また、都心から少し遠いので、贅沢を言えば都内に住みたい。

現在の部屋は今年5月が契約更新。

どうなるか分かりませんが、良い物件があれば引っ越すつもりです。

 

以上、ミニマリストあつしさんのトークショーで、特に心に残ったことを5つご紹介しました。

よろしければ参考になさってください。

 

お手数ですが、押していただけると大変喜びます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

ミニマリストあつしさんは、ミニマリストに関する考え方をシェアしたいとおっしゃいます。

私も、ブログで拝読した見栄のお話が目から鱗だったので、これからも楽しみにしています。

最近、あつしさんのYouTubeも拝見するのですが、お話が上手でわかりやすいですね。

私もYouTubeを始めたいので、お手本にさせていただきます。

よろしかったらぜひ皆様も、ミニマリストあつしさんのブログやyoutubeをご覧になってみてください。