ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

シックなフランス人に学ぶ。ミニマルで上質な暮らしのための2つのコツ。

最近、フランスにホームステイしたアメリカ人女性の本を読みました。

その中でフランス人ミニマリストなのか、と思うシーンがたくさんあって大変勉強になったんですね。

フランス人のシックなライフスタイルから学んだミニマルで上質な暮らしのコツをご紹介しますね。

   

今回読んだ本

私が今日ご紹介するのは『フランス人は10着しか服を持たない』です。

アメリカ出身のジェニファー・L・スコットさんが、フランスの貴族の家にホームステイした際に感じたことが率直に書かれています。

タイトルには服とありますが、副題にもあるように”暮らしの質”を高めるコツがたくさんあります。

その中でも今回特に気になったことについてご紹介しますね。

イケてない服は一着も持たない

最初は、イケてない服は一着も持たないということです。

着古した服や傷んだ服、似合わない服は全部捨てること。(中略)

ダサい服は一着も持たないようにすれば、ダサく見える心配だってなくなるのだから!

「フランス人は10着しか服を持たない」ジェニファー・L・スコット著(大和書房) 

著者がかなり着古した服や似合わない服を着ていた時、ホームステイ先のマダムにはっきり指摘されたエピソードがあります。

これは1年間部屋の片付けをしてきて、私もとても共感しました。

着古した服や傷んだ服を手放すのは割合簡単ですよね。

ただ、似合わない服というのは少し難しいかもしれません。 

そもそもその手持ちの服が自分に似合うかどうか、というのは分かりにくいからです。

自分で似合うかどうかわからなければ、身近な人に聞いてみると良いでしょう。

また、私のようにパーソナルカラーや骨格診断を受けてみるのもおすすめです。

パーソナルカラー&骨格診断を受けた話は、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

そうやって自分にとってイケてない服を持たなければ、ダサく見えることもないんですよね。

逆に言えば手持ち服を、全て自分に似合うお気に入りにすればいいわけです。

本のタイトルにもあるように、10着しか持たない時点でフランス人はミニマリストが多いと思います。

自分に似合うお気に入りの服だけを厳選しているんですね。

私も似合わない服は新品でもすぐに手放しています。

その話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。 

www.yamanoyume.com

予算内で一番良いものを選ぶ

もう一つは予算内で一番良いものを選ぶということです。

買い物をするときには、いちばん気に入ったものを買うにしても、予算内に収めることが大事。つねに自分たちの買える範囲内でいちばん良い物を選ぶのが賢明だ。

 出典:「フランス人は10着しか服を持たない」ジェニファー・L・スコット著(大和書房) 

これは私もミニマリストを目指すようになってから心がけていました。

良いものというのはそれなりに値が張りますが、無理をして高い物を買う必要はありません。

手の届く範囲内で一番いいと思ったものを選ぶことは、暮らしの質を上げると私も実感しています。

こちらの本にもありますが、良いものでも来客用に取っておかないで、普段から使うようにするのがコツです。

私の体験

私の体験をお話ししますね。

私は今年初めてノリタケでこちらのマグカップを買いました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190604142250j:plain

今まで持っていたマグカップの中で1番高価なものですが、お気に入りだからこそ毎日愛用しています。

マグカップは本来、来客用というよりは普段使いするものですが、それでも1年前までならもったいないから普段使いしようとは思わなかった気がします。

必要最低限のもので暮らすことを心がけるようになったおかげで、毎日お気に入りを使うことができるようになりました。

ノリタケのマグカップを購入した話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

それ以外では、こちらのウェッジウッドのお皿は10年以上愛用しています。

f:id:ohitorisamazanmai:20190616180605j:plain

ウェッジウッドの中では安い方ですが、私にしてはかなり思い切って買ったものです。

シンプルで飽きのこないデザインなのが気に入っています。

トーストからメインディッシュ、デザートにまで幅広く使えて便利です。

もう一つは、備前焼の小皿です。

f:id:ohitorisamazanmai:20190616180627j:plain

私の好きな備前焼作家さんの作品で、小さいのですが結構高かったものです。

こちらは毎日ではありませんが、使うたびに幸せを感じています。

このように、その時に買える範囲内で一番気に入ったものを手に入れると、毎日の暮らしの質が上がります。

ぜひ習慣にしていただきたいと思います。

 

(この中にミニマルライフのヒントがたくさんあります)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

お手数ですが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

フランス人は貴族でも10着しか服を持たないことに驚きました。

少ないもので暮らすのは服だけにとどまらず、生活全般にわたります。

上質なものを少し持って、丁寧に暮らしているんですね。

そんな暮らしにとても憧れて、少しでも近づきたいと切実に思います。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。