ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

ミニマリストには不用品がない?残念ながらそうではない2つの理由。

ミニマリストになって必要最低限のものに減らしていくと、不用品なくなるのでしょうか?

それはなかなか難しいと思います。

今日は読者さんからいただいたコメントをもとに、私なりの理由を2つをご紹介したいと思います。

   

ミニマリストになって不用品がほぼなくなった

私は必要最低限のもので暮らす、自称ミニマリストです。

主な不用品はつい最近、ほぼ手放しました。

本棚やベッド、桐のタンスなど、自分では処分できないものを業者に依頼しました。

f:id:ohitorisamazanmai:20191028120936j:plain

それによって足りなくなった鏡は、数日前に無印良品で購入。

f:id:ohitorisamazanmai:20191028120959j:plain

本棚も小さいものを購入しようかと思ったのですが、読者さんの提案で購入しないことに。

代わりに、押し入れ収納グッズを現在検討中です。

本が作業机に山積みになっているので、気になって仕方ないんですよね。

f:id:ohitorisamazanmai:20191028121151j:plain

早く本の収納グッズを購入したいと思います。

こうして、部屋の中には不用品がほとんどなくなりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20191028121241j:plain

あるとしたら、上の画像には写っていませんが、娘が大学の卒業制作で作った等身大のパネルくらい。

f:id:ohitorisamazanmai:20191028121428j:plain

1年前に娘が1枚ぐらいパネルを引き取るかも、と言ったんですね。

ところがそれ以降、娘とはなかなか連絡がつかないので、困っています。

近々、私の姉と一緒に娘の誕生日祝いをすることになっているので、その時にどうするか聞き出すつもりです。

ミニマリストになっても不用品がなくならない2つの理由

このように、私の部屋にはほとんど不用品がなくなりました。

そんな中で数日前に、ある記事に読者さんからコメントをいただきました。

その記事は、「ミニマリストになって不用品をもったいないと思わなくなった理由」。

(id:kumabe22)さんから「不用品がなくなるということはないのでしょうか」というコメントをいただきました。

コメントありがとうございます。

私が思うに、ミニマリストになっても不用品がなくなることは一生ないのでは、と思います。

一時的には不用品がなくなることがあっても、ずっとその状態を保つのは厳しいんですね。

それには2つの理由があると考えています。

1、ものはいつか傷んで使わなくなる

世の中には、使い込んでいくうちに味わい深くなるものがありますよね。

例えば、陶磁器や家具、革製品など。

それは一生モノです。

一生使えるものは大事にしたいですね。

それでも、大抵のものはどんなに大事に使っていても、いつか壊れたり破れたりします。

どんなにお気に入りでも、一生持っていられるものはあまり多くありません。

当然ですが、傷んだものは手放します。

人より寿命の長いものは、そんなに多くありません。

必要最低限の量に減らしても、生きているうちに不用品が出るのは、仕方ないことだと思います。

2、好みやライフスタイルが変われば不用品になることも

人というのは、気が変わりやすい生き物です。

私は今これがお気に入り、と思っても1年後には全く別のものに関心が移っている可能性もあります。

また、ライフスタイルが変わると、必要なものも変わります。

私もそういう経験はたくさんしてきました。

特に、1年前ミニマリストを目指してからは、必要なものがだいぶ変わった気がします。
例えば服。

ミニマリストになる以前は、たくさんの服を持つマキシマリストでした。

ミニマリストになって最低限必要の量がわかると、着回しが3通り以上できる服しか持たなくなりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20191028121844j:plain

それ以外の服はすべて不用品。感謝して処分しました。

ミニマリストになってからも、劣化以外の理由で服を手放しています。

自分では似合うと思って購入した服が、実はそうではなかった、とわかることがあります。

似合わないと気づいた時は悲しいのですが、その服を手元に残すわけにはいきません。

必要最低限の服で暮らしているので、似合わない服はワードローブには不要です。

この夏も、似合わない新品の服を何枚か手放しました。

これはもう少し服選びのセンスが磨かれていけば、減ってくるはずです。

それ以外にも、私の場合はライフスタイルが大きく変わる可能性があります。

私は50代半ばですが、現在婚活中。

もしパートナーが見つかって同居することにでもなったら、生活は180度変わります。

その時はパートナーとすり合わせをして、必要か必要でないかを決める必要が出てくるかなと。

私の私物はあまり変わらないと思います。

パートナーとの共有物は、相手にこだわりがなければ私の好みで選ぶでしょう。

こだわりの強い相手の場合、よく話し合ってお互いに納得したものを選びたいですね。

具体的には、日常的に使う食器やティッシュペーパーなどの消耗品です。

毎日使うものは、気に入らないとストレスが溜まります。

少しでも共同生活がスムーズにいくように、早めにすり合わせする必要があるかなと。

まだパートナーが見つかったわけではありません。

ライフスタイルが変われば必要なものも変わってくる例として、あげさせていただきました。

このように、好みやライフスタイルが変わると、その都度不用品が出てくるはずだと私は思います。 

 

お手数ですが、押していただけると大変喜びます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

こうしてみると、たとえミニマリストでも、不用品がなくなることはない気がします。

生きている限りものは必要です。

どんなものを手元に置くかは、一生選び続けることになります。

それならば、ある時期に必要最低限の量に絞ってしまったほうが、それ以降の暮らしは楽になると私は考えます。

皆様はどうお感じでしょうか。