ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

20年前から冬服だけは制服化していた?ある意味ミニマリストだったかも。

私は1年半前からミニマリストを目指して、片づけをしてきました。

最近、やっと必要最低限に近い状態まで減ったかなと思っています。

そんな私が今年の冬服のことを考えていて、ふと20年前から無意識に冬服を制服化していたことに気づきました。

今回は、そのお話をしたいと思います。 

ミニマリストは服を制服化する方が多い

1年半前にミニマリストを目指すまでは、どちらかというとマキシマリストだった私。

欲しいものはできるだけ手に入れたいほうでした。

それがミニマリストを意識してからは、必要最低限の服で暮らすようになりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20191113185537p:plain

ミニマリストは洋服を制服化する方も多いですよね。

以前の記事に書いた、やまぐちせいこさんもそのお1人。

ご著書は大変参考になりました。

洋服を制服化すると、買う時も着る時も悩まなくて済みます。

スティーブ・ジョブズもそうですが、洋服のことを考える時間がもったいない方には、最適の方法です。

私は服を制服化すれば楽だとは理解しても、なかなか実践できません。

服の色はモノトーンにしていますが、多少は流行を取り入れたい。

そう思うと、なかなか制服化に踏み切れないんですね。

20年前からある意味冬服は制服化していた

そろそろ本格的に冬服を考えなければと思っていたところ、ふと過去の冬服を思い出しました。

意外にも昔の冬服は制服化していたのでは、と思ったんですね。

20年ほど前から、私の冬服は毎日タートルネックニットにデニムかコーデュロイパンツと決まっていました。

f:id:ohitorisamazanmai:20191113184611j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20191113184852j:plain

毎年冬になると、代わり映えしないと思いつつも、楽で止められませんでした。

タートルネックのニットは、ユニクロのものを色違いで3〜4枚揃えていました。

白は使い勝手が良いので、必ず1枚は購入。

それ以外はグリーンやからし色など全部色違いに。

デニムとコーデュロイパンツも、つい最近までユニクロのものを愛用していました。

これもある意味、服の制服化では。

ニットがカラフルなので、ミニマリストの制服化とは少し違います。

それでも、毎日何も考えずにニットとパンツを順番に着ていたんですね。

その頃から面倒くさがり屋だったのがばれてしまいますが、気がついた時自分でもびっくりしました。

私の場合、ストレスを手放したいとか、めんどうくさいという理由で、ミニマリストになった気がします。

性格はそうそう変わりませんね。

とにかく、コーディネートを考えずに済む服という点では魅力的です。

過去のコーディネートも参考に、今年の冬服を決めようと思いました。

 

お手数ですが、押していただけると大変喜びます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

すでに20年前から、冬はコーディネートを考えずに済む服だったんですね。

めんどくさいも極めると、暮らしが楽になります。

ミニマリストという生き方は、私にはとても魅力的です。

今後も楽しく追求していきたいと思います。