ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

ミニマリストの娘に感化された食器収納!知らずに手放していた思い込み。

私の次女は私から見たら、かなりこだわりの強いミニマリストです。

我が娘ながら、様々なことに気づかされます。

最近もまた判明したのは、娘のおかげで私の思い込みを1つ手放せたこと。

手放した思い込みというのは、食器収納に関するもの。

今回はミニマリストの娘の影響で、私の思い込みに気づいた話をご紹介します。

次女はミニマリスト

f:id:ohitorisamazanmai:20200714092047j:plain

私の次女は現在一人暮らし。

キッチンが狭いので、ミニマルな食器で暮らしています。

以前娘の部屋を訪れた時は、狭いなりに収納を工夫していて驚きました。

もともと娘は几帳面なのですが、一人暮らしになってより磨きがかかった気がします。

 

娘がミニマリストだと思った理由は、2つ。

1、持ち物が全体に少なめ

2、持ち物に関するこだわりがかなり強い

 

2の持ち物に関するこだわりについては、何度かご紹介しています。

たとえ食器1つでも、とても慎重に選びます。

以前私が娘の部屋に泊まった際、間に合わせで密閉容器を購入したことがありました。

娘が好きそうなものを選んだつもりでしたが、やはり娘は気に入らなかった様子。

後日、密閉容器を返されたことがあります。

収納スペースが狭いこともあり、食器を厳選したい気持ちは今ならよくわかります。

 

娘がバスタオルを持たなかったことも、衝撃でした。

一人暮らしを始める際、無印良品の家電や収納グッズを揃えてうれしそうだった次女。

何かにつけて、次女はこだわりが強いことを感じます。

今回は娘の食器収納に影響されて、自分の思い込みを手放した話をご紹介します。

ミニマリストの娘が実践していた食器収納

f:id:ohitorisamazanmai:20200714095500j:plain

我が家のキッチン

娘の部屋はキッチンが狭く、専用の食器棚はありませんでした。

小ぶりな小物収納や、作り付けの棚にポンと置いているだけ。

当時の私にしたら、衛生面がかなり心配だなと。

それでも神経質なはずの娘は、あまり気にしていないようでした。

内心私は、少々ショックを受けていました。

   

食器収納に関する私の思い込み

数年経って私もまた一人暮らしになり、さらにはミニマリストというライフスタイルを選択。

最近食器収納に関する自分の思い込みに、やっと気づきました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200714095637j:plain

それは、食器は食器棚に収納しなければ不衛生だというもの。

食器が食器棚に収納してあると、ほこりや虫がつかずに安心だと思い込んでいました。

逆に食器棚に収納しないのは、なんとなく不衛生な気がしていたんですね。

よく考えれば食器棚に収納していても、ほこりや虫がつくことはあります。

食器棚に収納しないよりは、多少マシな程度だったなと。

 

私は潔癖症なせいで、無意識のうちに自分を納得させるためのマイルールを作っていたようです。

食器に関しても食器棚に収納していれば大丈夫と、自分を安心させていたのですね。

 

私は2年前、狭いアパートに引越しました。

その後ミニマリストになって、小さな食器棚を処分

f:id:ohitorisamazanmai:20200714095326j:plain

食器は、作り付けの収納スペースやシンク下に置くことに。

f:id:ohitorisamazanmai:20200714100017j:plain

 

私が食器棚以外に食器を置いたのは、その時が初めてです。

いつの間にか娘の食器収納に影響受けて、半ば無意識にそれまでの思い込みを手放していたのだと思います。

私が食器棚を処分して半年以上経つのですが、思い込みを手放したと自覚したのはつい最近のこと。

引越しの荷造りについて考えていた時に、ふと気づきました。

また1つ不要な思い込みを手放すことができて、ラッキーだと感じています。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

ミニマリストの娘には、多くの気づきをもらっています。

高知に引越したらしばらく会えなくなりますが、元気でいて欲しいものです。

今回は娘の食器収納のおかげで自分の思い込みに気づいた話を、ご紹介させていただきました。

どなたかのお役に立つかどうかは分かりませんが、何か感じていただけたらうれしいです。