冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

10年使った無印良品の爪切り。改めて実感した驚きのメリットとは?

私は10年ほど無印良品爪切りを愛用しています。

実際に使ってみて今さらながらに大変驚いたメリットがあるので、ご紹介したいと思います。

 無印良品の爪切り

私が持っているのはこちらの爪切りです。

f:id:ohitorisamazanmai:20181030093502j:plain

商品名は「スチール爪切り・小 PPカバー付」です。

無印良品には2サイズあり、小さいほうの爪切りです。

現在の価格は小が税込み450円、大は税込み650円です。

現在販売されている商品は、私の持っている爪切りよりも1センチほど長くなっていますね。

この爪切りはコンパクトなので、私は化粧ポーチに入れて持ち歩いています。外出先で使うことがほとんどです。

この爪切りの驚くべきメリット

この無印良品の爪切りは何が驚いたかというと、切れ味です。

スパッと切れるのでまったくストレスを感じません。

10年間特に手入れなどはしていませんが、買った当初と変わらない切れ味だと感じます。

こんなに小さいのに切れ味はかなりいいと思います。

私は外出先で使いますが、爪はもちろん指のささくれにも使えます。

ささくれを切るのはおすすめです。

私はささくれができやすいんですね。

家では気づかなくても外出先で見つけると気になってしまいます。

そんな時にスッキリ切れるのでとても助かります。

切れ味が悪いと痛いですから。

それ以外にも、商品に付いているタグを取る時もこの爪切りを使います。

タグに付いたプラスチックもよく切れますよ。

こういう使い方は爪切りにはよくないのかもしれませんが、買ってすぐに使いたいけれど、お店で値札を取ってもらうのを忘れた時は便利です。

無印良品のこだわり

爪切りを始めとする無印良品の刃物類は岐阜県関市で作られています。

「刃物の町」として有名な関市は、世界でも三本の指に数えられるそうです。

そんな関市で作られた無印良品の爪切りにも、技術が存分に生かされているんですね。

また、日本製の爪切りは世界一品質が高いと評価されているそうです。

無印良品の爪切りが高品質なのは当然なのかもしれません。

その他のメリット

カバー付き

この爪切りにはポリプロピレンのカバーが付いています。

私は爪切りにはカバーが必須だと考えています。

切った爪が飛び散るのがストレスなんですね。

このカバーはこんな風に取り外すことができます。

f:id:ohitorisamazanmai:20181030100850j:plain

中をきれいに掃除することができるので、この点も気に入っています。

10年使ってもカバーもあまり劣化していないのがすごいですね。

コンパクト

この爪切りは小さいほうなので大変コンパクトです。

化粧ポーチに入れても全然邪魔になりません。

また軽いのでそれも助かります。

最後に

10年たってもまだ現役で十分使える爪切りは、なかなかないと思います。

爪切りの購入をご検討中の方は、無印良品の爪切りをおすすめします。

使ってみたら良さが実感できると思います。

この記事が少しでも皆様の役に立てばうれしいです。