ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

熱帯夜にニトリの「N cool 敷きパッド」。私が困った意外なわけ。

私は2日前にニトリで「N cool 」という冷感タイプの敷きパッドを購入しました。

 熱帯夜だったその日から早速使い始めましたが、意外に困ったことがありました。

今日はその理由をお話したいと思います。

   

「ニトリの接触冷感 N cool super  敷パッド」を購入した

ニトリで購入したのはこちらの「ニトリの接触冷感 N cool super  敷パッド」です。価格は税込2394円でした。

f:id:ohitorisamazanmai:20190729112908j:plain

一緒に「ニトリの接触冷感 N cool まくらカバー 標準サイズ」も購入しました。

接触冷感というのはニトリのホームページによると、手が触れたとき冷たいと感じることだそう。

ニトリから冷感タイプの寝具が出ているのは以前から知っていたので、使ってみたかったんですね♪

ニトリの店舗にはN coolシリーズの敷パッドは3種類ありました。

冷感のグレードが3から5まであり、価格もほぼ1000円づつ違います。

店舗で何度も行ったり来たりしながら細かくチェックして、私は真ん中の「4」を選びました。

選んだ理由は3だとあまり冷たくなさそうだし、5は冷え過ぎそう、と思ったからです。

私は暑がりではないので、4がちょうどいいかなと。

詳しい違いははっきり覚えていませんが、冷感の度合いが数字の順に強くなると解釈しました。

N coolのグレードはマークの色で区別しています。

3は水色、4はネイビー、5はグレーです。

私が購入したのは4なので、ネイビーです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190729123747j:plain

ネットショップには数字の表示がありませんが、色分けしているのは一緒でした。

本当は無地が欲しかったのですが、私が行った店舗にはなくて迷いました。

部屋の白い壁にもなじむもの、という基準で選んだのがこちらです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190729114927j:plain
店舗内では一番白っぽい、柄が目立たないけれど結構好きな植物柄の敷きパッドにしました。 

実際に敷いてみても部屋の中で違和感がなかったので、ほっ。

裏はメッシュ状になっていますが、リバーシブルではないようです。

リバーシブルでも顔に跡がつくので使いませんが💦

ワクワクしながら購入した日から早速使い始めました。

「ニトリの接触冷感 N cool super  敷パッド」に寝た感想

購入してから2晩使っていますが、どちらも最低気温が25度、26度と熱帯夜でした。

試すにはぴったりの条件で寝た感想をご紹介します。

結論から言うと、とてもひんやりして寝やすいですね。

表面もサラサラしていて汗をかいてもベタつかないのもいいですね。

冷感効果は十分だと感じました。

「ニトリの接触冷感 N cool super  敷パッド」で困ったこと

ただ効果が強力すぎて困ったことが。

最初の晩は寝る前からクーラーをかけていたのですが、寝る時にはすでに敷きパッドがかなり冷たくなっていました。

タイマーで1時間ほどクーラーをかけたまま寝ましたが、困ったのは冷たすぎることでした。

そのせいでなかなか寝付けなかったほどです。

熱帯夜でも寒いと感じたのは生まれて初めてです。

正直戸惑いました。

逆に言えば、それだけ冷感効果が高いということなのでしょうね。

でもこれなら最低気温がもっと上がってもぐっすり眠れそう。

2晩目はタオルケットだけでは寒くて、とうとう薄手の羽毛布団まで持ち出す始末。

 寒がりな私には効果がありすぎると感じました。

暑がりの方や暑い地域にお住まいの方にはちょうどいいかもしません。

ニトリのN coolの敷きパッドはかなり強力だと感じるので、使うタイミングが難しいかもしれないとも思いました。

私が寝る時は、クーラーの設定温度を高めにするか切ってもいいですね。

あくまで私個人の感想ですが、よろしかったら参考になさってください。

「ニトリの接触冷感 N cool 枕カバー」も購入

ニトリでは敷きパッドと一緒に、「ニトリの接触冷感 N cool 枕カバー」も購入しました。

こちらも敷きパッドと同時に使い始めました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190729130113j:plain

枕カバーが枕より少し大きかったのですが、余った部分は下に折り込んで使っています。

枕カバーも冷感タイプは初めてですが、今のところひんやりしていて寝やすいですね。

寝苦しい感じはしません。

使い勝手が良かったら洗い替えも、と一瞬考えましたが、夏だけだしすぐに乾くので一枚で過ごしてみます。

冷感枕カバーがない時におすすめの裏技

汚れて困った時のことを考えていて、思いついた裏技があります。

これは冷感タイプのブランケットがないとできない裏技です。

私はこの夏、化粧品を購入した時にこちらのブランケットを景品でもらいました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190729130624j:plain

お昼寝によさそうと思ったのですが、広げてみると結構小さい。

お腹しかかけられない大きさです。
私はクーラーをかけている時、足まで覆わないと寒いんですね。

どうしようかと数日、置いていました。

それが冷感タイプの枕カバーを使って、ひらめきました。

冷感タイプではない枕カバーの上に巻いたらどうか。

やってみるとちょうどいい大きさで、私の枕をすっぽり包むことができました~

f:id:ohitorisamazanmai:20190729131053j:plain

なぜか捨てたくなくて取っておいたのですが、使い道が見つかってよかったです。

もし冷感タイプの小さめのブランケットがあったらお試しください。

 

(この中にミニマルライフのヒントがたくさんあります)
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

お手数ですが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

今回購入した「ニトリの接触冷感 N cool super  敷パッド」はお値段以上でした。

急に暑くなってきたので、冷感タイプの寝具は助かりますよね。

洗濯できるのもありがたい。

熱帯夜が始まるこれからの時期に、ぐっすり寝られる敷きパッドは大変おすすめです。

よろしかったらお試しください。