おひとりさま三昧

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

おひとりさまになって変わった食事と解決法

私がおひとりさまになって4か月になりますが、がいた頃に比べると生活面で変わったなあ、と思うことがいくつかあります。

 

一番大きく変わったのは、食事です。

以前の記事でも書きましたが、料理を作ることが少なくなりました。

その記事はこちらからどうぞ

おひとりさまの食事は手抜きになりがち - おひとりさま三昧

 

夫が元気だった時は、毎日料理していました。

家で食べる夕飯のおかずを買うことはあまりなく、買うのは出かけて作る時間がない時だけでした。

それに私なりのこだわりがあって、できるだけ化学調味料や合成添加物を摂りたくないという理由から、なるべく手作りするようにしていました。

カレーのルーも手作りでした。

f:id:ohitorisamazanmai:20180427103852j:plain

市販のお惣菜はお手軽ですが、たいていそういう物が入っているので、避けていたんですね。

夫のお弁当も要りました。

 

それが、一人暮らしになると一変しました。

 

最初は、夫が急に倒れて入院したので、夫のことが心配で食欲もなくなったし、毎日のお見舞いで料理する時間もとれなくなったのがきっかけでした。

ほどなく夫が亡くなってからは葬儀、法事に続いてたくさんの手続きが発生して忙しくなりました。

その頃もまだあまり食欲がなかったので、わざわざ自分一人のために料理するのはおっくうで、ついつい簡単なもので済ませていました。

もともと肉は食べませんが、魚すらも食べたくなくて野菜や大豆製品ばかり食べていました。

 

亡くなった夫は豆腐が大好物だったので、豆腐を常備していました。

よく豆腐と野菜だけの簡単湯豆腐を食べていたものです。

私も豆腐なら胃にもたれないので、よく湯豆腐にしていました。

亡くなった後は一か月近く水道管が凍っていたくらい、とても寒い時期が続いたので、体も温まりなおさらおいしく感じました。

 

現在は、常備している納豆と野菜料理がメインになっています。

食べる野菜の種類が変わってきて、ジャガイモやレンコン、ゴボウが減って、ほうれん草、小松菜をよく食べるようになりました。

にんじんだけは相変わらず毎日食べています。

 

ある時、カルシウムなどのミネラルが足りないことに気が付きました。

それを解決するにはどうしたらいいか考えたところ、もっと魚を摂ることを思いつきました。

焼き魚や煮魚も好きですが、まだ胃に重い感じがするので、小魚を積極的に摂ることにしました。

岡山県は海があって小魚が豊富に獲れるので、生かさない手はありません。

それで、よくちりめんじゃこなどを食べるようになりました。

たまには焼き魚も食べますし、気が向いたら地元産のあなごもおいしいくて好きです。

 

直近は引っ越しで忙しくなりますが、落ち着いたらいろいろな魚介類を食べたいですね。

関東も海に囲まれているので、おいしい魚介類がたくさんあります。

今から楽しみです。