ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。全捨離を実践して人生が変わってきました。

2年近い砂糖断ちを実践中!代わりにおすすめなはちみつの使い方5選!

私は健康上の理由から、2年近く砂糖断ちをしています。

砂糖断ちしていても、甘いものが食べたくなることはよくあります。

私が砂糖代わりによく使うのが、はちみつ

はちみつは栄誉豊富なので、砂糖断ちしていなくてもおすすめです。

今回は、私が砂糖代わりにはちみつを使う場合の、主な使い方を5つご紹介したいと思います。

2年近く砂糖断ちした効果

f:id:ohitorisamazanmai:20200315171208j:plain

私は2年ほど前から砂糖断ちを実践しています。

始めたきっかけは、目の健康のため。

私が砂糖を避けるのは、血液をドロドロにすると聞いたから。

目に周りには毛細血管が多く、詰まりやすいのだとか。

少しでも目の不調を治したい一心で、砂糖を摂らない生活を始めました。

砂糖断ちで目の具合が画期的に改善されたかというと、残念ながらそうではありません。

ただ、さほど悪化していないだけでも、実践した甲斐はあったのでは。

私が実感する砂糖断ちのメリットは、それだけではありません。

一般的に言われるダイエット効果はもちろん、極度の冷え性が治ったと思っています。

砂糖断ちを1年以上続けたことで、冷え性ならではの習慣をやめられたのはうれしかったですね。

また、年齢より若く見られることが多いのも、砂糖断ち効果ではないかなと。

砂糖断ちを始めて、苦しかったことはありません。

砂糖類を一切取らないと覚悟すると、案外食べたいと思わなくなるもの。

たまにお付き合いで、砂糖入りのお菓子を食べることはあります。

家では、ほぼ砂糖を摂らない生活を2年近く続けています。

砂糖代わりとしてのはちみつ・5通りの使い方

f:id:ohitorisamazanmai:20200313091223j:plain

砂糖断ちする中で、代わりにはちみつは食べてもいいのか、と聞かれることがよくあります。

私の場合、はちみつはOKということにしています。

砂糖もはちみつも甘いものですが、成分が違うからです。

はちみつの糖分は、ブドウ糖と果糖だそうです。

砂糖のショ糖とは別のもの。

また、はちみつは栄養豊富なことでも知られています。

良質なビタミン類やミネラル類、アミノ酸、酵素も多く含まれているとか。

大変栄養価の高い健康食品なんですね。

はちみつの甘味は砂糖の1.3倍なので、カロリー摂取が少なくていいのも魅力。

そんなはちみつは様々なことに使うことができて、とても便利な食品。

砂糖断ちしていなくても、ぜひ暮らしに取り入れていただきたいと思います。

砂糖断ち中に私が食べているものについて、詳しいことはこちらの記事をご覧ください。

砂糖断ちはむずかしくない。半年間実践した私が自信をもっておすすめする7つの理由。 - ミニマリスト三昧

それでは、砂糖断ち中におすすめなはちみつの使い方を、5つご紹介したいと思います。

1、はちみつ生姜やはちみつレモン

f:id:ohitorisamazanmai:20200315161218j:plain

冬になるとよく飲んでいるのは、はちみつ生姜やはちみつレモンです。

生姜はすりおろします。レモンは絞るだけ。

それぞれはちみつと一緒にマグカップなどに入れて、お湯を注ぐだけ。

生姜入りは体が温まります。冬は特におすすめ。

レモン入りは爽やかな味で飲みやすく、手軽にビタミンCが取れます。

こちらも冬は積極的に飲みたいですね。

どちらもとても簡単なので、ぜひお試しください。

2、きな粉と混ぜてパンに塗る

f:id:ohitorisamazanmai:20200313091759j:plain

最近ハマっているのが、はちみつときなこを混ぜてパンに塗ること。

私は昨年から、パンを食べることが増えました。

朝食に、はちみつを混ぜたきなこを塗って食べるのがやみつきに。

私の場合は、近所のスーパーでたまたま見つけた黒大豆のきなこを使用。

f:id:ohitorisamazanmai:20200309084459j:plain

黒ゴマも入っていてかなり黒っぽいので、一見美味しそうではないかも。

見た目に反して、味は自然の甘みが感じられておいしいです。

砂糖不使用のジャムも食べますが、最近のお気に入りはこちらです。

3、おぜんざいにかける

f:id:ohitorisamazanmai:20200112100833j:plain

おぜんざいはたまに作ります。

器に盛ってから、最後にはちみつをかけるだけなので超簡単。

おぜんざいにもよく合います。

はちみつは甘みが強いので、少量でも十分満足します。

   

4、紅茶やハーブティーに入れる

f:id:ohitorisamazanmai:20190710184032j:plain

私は現在、ミニマリストしぶさんの影響で カフェイン断ちも実践中。

家では紅茶などカフェインの入ったものは飲みません。

以前紅茶を飲んでいた時は、甘味が欲しくなると時々はちみつを入れていました。

また、はちみつは優しい甘さなので、ハーブティーとも相性抜群。

f:id:ohitorisamazanmai:20170811065850j:plain

ハーブの香りとはちみつの甘さにホッとします。

お茶によく砂糖を入れる方は、これだけでもはちみつに変えてみたらいかがでしょうか。

5、煮物の調味料として使う

f:id:ohitorisamazanmai:20180417103623j:plain

私はもともと煮物には砂糖を入れません。

本みりんを使うことが多いですね。

はちみつを煮物に使うこともあまりないのですが、十分砂糖代わりになると思います。

はちみつを使うとコクが出ると言いますよね。

普段から煮物に砂糖を入れる方は、ぜひ一度はちみつに変えてみてください。

味に深みが出るかもしれません。

その他、お菓子作りでも砂糖代わりにはちみつを入れるのもアリです。

私も以前よくお菓子を作っていた頃は、はちみつを使っていました。

以上、砂糖代わりにはちみつを使う場合の、おすすめの使い方をご紹介しました。

気になることがあれば、参考になさってみてください。

ただし、1歳未満の赤ちゃんには与えないようにしてください。

乳児ボツリヌス症にかかる可能性があるそうです。

 

砂糖断ち中におすすめな無印良品のドライフルーツについても、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。 

砂糖断ちしている人におすすめ、無印良品のドライフルーツ。 - ミニマリスト三昧 

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 最後に

砂糖断ちしていても甘いものは結構食べられます。

はちみつは栄養価も高いので、ぜひおすすめです。

よろしかったら少しでもいいので、はちみつに変えてみるといいかもしれません。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。