冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

生活の質を上げるために日々選択すること。

買い物で物を選ぶ時に、大富豪でもなければ、たいていの人は予算があると思います。

私は、その予算の範囲内で、自分が本当に欲しいものを選ぶ、ということを、ここ1~2年心がけています。

私が普段している断捨離とも無関係ではないと感じるので、これから、そのお話をしたいと思います。

 まず予算を決める

買い物は人それぞれ、ほしい物に対しての予算があると思います。

たとえば、靴には2万円、とか、5000円以上はかけない、など様々です。

それをまず、決めることから始めます。

予算の範囲内で買うものを決める

そうしたら、その範囲内で買うものを探します。

予算の範囲内という制約はありますが、ピンとくるものを選ぶんですね。

大抵は予算の上限に近いものが多いですが、そうでない時もあります。

気に入ったものに囲まれる幸せ

とにかく一番気に入ったものを手に入れると、それだけで生活の質が上がります。

毎日それを繰り返していったら、自分の周りにはお気に入りしかない状態になりますよね。

それって、すごく幸せなことだと思いませんか?

f:id:ohitorisamazanmai:20180901181449j:plain

私の考える断捨離

そのためには、もちろん自分にとって不要なものを手放す必要があります。

それが、断捨離だと私は思います。

ただ物を捨てるだけではなく、自分にとって必要な物を入れるためのスペースを作るのが断捨離ではないでしょうか。

そう思うと、物を手放す罪悪感も少し軽くなります。

私はここ1か月ほど毎日不用品を手放してきましたが、ずっと罪悪感があったことに最近気がつきました。

不要なものは置いておきたくないけれど、どう考えればいいのか、迷っていたんですね。

自分が本当に必要な物に囲まれて生きるために、不要なものを手放すのは痛みを伴うけれど、しなければいけないことでした。

無駄な買い物が減る

そうやって、見ただけでうれしくなる物に囲まれていると、無駄な物を買わなくなります。

自分が何を求めているのか、わかってくるからです。

そして、実は節約にもなります。

ストレス発散のために、ものを買うことがなくなります。

自分の望みに正直になる

生活の質を上げるのは、お金持ちでなくてもできます。

その都度自分の望みに正直になればいいだけです。これは買物だけに限りません。

今まであまりそういう問いかけを自分にしてこなかった人は、最初はとまどうかもしれません。

でも、あきらめずに、どんな小さなことでも自分に聞いてみてください。

今日はどの道を通って出勤したいか、今どのドリンクが飲みたいか、おやつはケーキがいいのかお饅頭がいいのか、なんでもいいので、選択肢が複数ある時は実践してみてください。

きっと数か月後には、自分の生活の質が上がっていることに気づくはずです。

幸福度と言ってもいいでしょう。

わたしはまさに、そんな生活を目指しています。