おひとりさま三昧

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

私の食へのこだわり

人は日々、様々な選択をしているといわれます。

家を買う、結婚するといった大きな選択から、昼に何を食べるか、などの小さな選択まで、大げさに言うと毎瞬決断しながら生きています。

それこそ水を飲むか飲まないか、というような無意識にしている選択も無数にあります。

 私は選択の積み重なりがその人を作っていると思います。

 

私の場合、いろんなことにこだわりがあるほうですが、特に食べるものには思い入れがあります。

食べ物は直接、体を作るものなので、できるだけ良質なものを取りたいと考えています。

それは合成保存料のような化学物質をできるだけ摂らないようにしながら、自分で作れるものはできるだけ手作りするというスタンスです。

 

f:id:ohitorisamazanmai:20180402092921j:plain

 化学物質はもともと自然界にないもので、人間が作り出したものです。

私は化学物質を摂ると体調を崩しやすくなると思いますし、そういわれているので、全部ではなくてもできるだけ無添加のものを選ぶようにしています。

 

また、売っている梅干や漬物、カレーのルーなども合成添加物が入っていることが多いので、作れる範囲で手作りします。

手作りしたものは安心して食べられます。

それに素材の味が引き立って、とてもおいしく感じます。

 

無理せずできる範囲で、というのが私流で、実はそのほうが続くようです。

あまり完璧にしようとすると、いつか疲れてしまい結局やめることになるので、それぐらいならゆるくても続けたほうがいいと思います。

こういうささやかな選択をしながら、丁寧な暮らしができたらいいなと願っています。