ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。ゆるベジタリアンで砂糖断ち中。

ミニマリストのお正月準備。やめた習慣と年末に購入した7種類のもの。

今年も残すところあと3日となり、いよいよ新年が間近に迫ってきました。

2020年は、私がミニマリストになってから初めてのお正月。

実は、本格的な片づけを始めた1年前と、することはあまり変わっていません。

今回は、私が昨年からやめたことと、私なりのこだわりで新年用に準備した7種類のものをご紹介したいと思います。

 お正月準備をミニマルにしてやめた習慣

f:id:ohitorisamazanmai:20191229095351p:plain

私は昨年から、自分から年賀状を出さないことにしました。

2年前の年末に夫が亡くなったことをきっかけに、そろそろ年賀状はやめようかなぁと。

50代になり、少しずつ人間関係の整理をしていきたい、と思ったんですね。

昨年はこちらから年賀状を一切出さなかったのですが、数人から年賀状をいただきました。

その都度、裏面にプリントしてある年賀状をコンビニで購入。

郵便局で無地の年賀はがきを購入するよりも割高ですが、何枚必要になるかは全く不透明。

年賀はがきを余らせたくなかったので、その都度購入することに。

昨年はこのやり方で、何とか全員に返事を出すことができました。

今年も同じスタイルでやってみる予定です。

   

ミニマルなお正月準備で揃えた7種類のもの

年賀状をこちらから出すことはやめましたが、ミニマルになっても年末に準備するものはあります。

縁起物は特にやめられません。

今回は、私がミニマリストになって初めてのお正月に準備した、7種類のものをご紹介したいと思います。

1、鏡餅

f:id:ohitorisamazanmai:20191229103032j:plain

先日、カルディでこんな可愛らしい鏡餅を発見しました。

干支のネズミがあまりに可愛くて、つい衝動買い。

1つが税込み290円以下と、スーパーより安かったこともあります。

こちらは神棚にお供えするつもりです。

 

f:id:ohitorisamazanmai:20191229103327p:plain

リビングに置く大きな鏡餅は、今日中に購入する予定。

調べたところ、メインの鏡餅を飾るのは床の間やリビングで、少し高さがある場所とのこと。

お供えする方角も決まっていて、その年の恵方(えほう)や南向き、東向きがいいそうです。

我が家の場合、少し高さもあって南向きに置いている、ナイトテーブルにメインの鏡餅を飾る予定。

f:id:ohitorisamazanmai:20191229103205j:plain

鏡餅を置くために、ナイトテーブルの上を片づけました。

これだけでもお正月の雰囲気が出てきた気がします。

2、しめ飾り

f:id:ohitorisamazanmai:20191229104537j:plain

しめ飾りは、昨年から100円ショップのセリアで購入しています。

セリアのしめ飾りは種類が多くて、デザインもおしゃれ。

今回購入したしめ飾りは、鶴の飾りが気に入りました。 

100円+消費税と価格もミニマルです。

 

しめ飾りと鏡餅を飾る日にちは、要注意です。

29日は二重苦に通じ、31日は一日飾りになるので、避けます。

28日以前か、30日に飾るのがいいようです。

3、おせち料理

f:id:ohitorisamazanmai:20191229105411j:plain

私は昨年からおせち料理もミニマルにしています。

一人暮らしなので、今年も自分が食べたいものだけを用意。

昨年もかまぼこと伊達巻くらいだったのですが、今年はお気に入りの鈴廣製を購入。

コンパクトな、かまぼこと伊達巻の3本セットにしました。

鈴廣さんは小田原の老舗かまぼこメーカー。

数年前に岡山で見つけて以来のファンです。

近所のスーパーで鈴廣さんのかまぼこを見つけた時は、思わずカゴに入れてしまいました。

鈴廣のかまぼこはおいしいのですが、それ以外にも気に入っている点が一つ。

鈴廣のかまぼこには、化学物質のアミノ酸が入っていません。

f:id:ohitorisamazanmai:20191229105424j:plain

食品に入っているアミノ酸は、自然界に存在するアミノ酸とは別もの。

合成されたもので、アミノ酸は脳に入って鬱の原因になるともいわれています。

私は普段から、食品に使われるアミノ酸をできるだけ摂らないようにしています。

鈴廣製のかまぼこと伊達巻は、コンパクトな3本セットが2,000円と他社の倍近く。

価格はミニマルではありませんが、年に1度のことなので自分のために奮発しました。

 

おせち料理は量が少ないのですが、お雑煮は何日か作ります。

おもちは既に購入済み。

f:id:ohitorisamazanmai:20191229105358j:plain

亡くなった夫は岡山出身ですが、たまたま茨城出身の私と同じ醤油味のお雑煮でした。

夫と再婚して以来、ずっとおすましのお雑煮なので、もちろん今年も同じものを作ります。

岡山ではブリをお雑煮に入れるようですが、夫は脂っこいブリが苦手。
お雑煮には、夫の希望でかまぼこ、私の希望でにんじんとほうれん草を入れます。

夫が好きだったネギも入れた、あっさりしたお雑煮です。

f:id:ohitorisamazanmai:20191229113802j:plain

醤油味のお雑煮イメージ

ちなみに茨城では、おもちを焼いてからお雑煮に入れます。これには夫も驚いていました。 

お雑煮は地域ごとに特徴があって、興味深いですね。

4、お神酒(おみき)

f:id:ohitorisamazanmai:20191229105448j:plain

お神酒と呼んでいいのかわかりませんが、私は30年ほど前から毎年、お正月に日本酒をいただいています。

今回購入した日本酒はお神酒用ではないのですが、あまり飲めないので量の少ないものをチョイス。

「祝駒」という銘柄がお正月にふさわしいかなと。

また、こちらは栃木県産。

スーパーには有名メーカーの日本酒もありましたが、兵庫県産など今住んでいる場所から遠いものが多かったんですね。

私はできるだけ住んでいる地域の近くで作られたものを、食べたいと思っています。

スーパーにあった中では、栃木県が一番近かったことも選んだ理由の一つです。

5、カレンダー

昨年は、セリアで購入したファミリーカレンダーを使っていました。

書き込む欄が多く、一人暮らしでも使いやすかったですね。

f:id:ohitorisamazanmai:20191229105507j:plain

今年は、数年ぶりに日本画家、東山魁夷(ひがしやまかいい)さんのカレンダーにしました。

シンプルなセリアや無印良品のカレンダーも検討しましたが、好きな絵に落ち着きました。

私は今年2019年7月から始めた全捨離のおかげで、部屋がかなりスッキリ。

見方を変えれば、何もなくて殺風景。

カレンダーで彩を添えたいなと。

今回購入したカレンダーは、1ヵ月ごとにめくるタイプ。

今年の東山さんのカレンダーには、以前はなかった私の知らない絵も何枚か入っています。
毎月カレンダーをめくるのが、今から楽しみです。

6、お箸

お箸は、新年にできるだけ新しいものをおろすようにしています。

今回はセリアでピンクの花柄のお箸を購入。

f:id:ohitorisamazanmai:20191229121225j:plain

雑貨はできるだけ白にしたいのですが、白いお箸はなかなかありません。

それならと、気持ちが明るくなるピンクのお箸に。

風水師の李家幽竹さんによると、お箸は自分の格を表すもの。

できる限り気に入ったものを選びました。

7、下着

f:id:ohitorisamazanmai:20191229122239j:plain

下着も新年には新しいものに取り替えます。これは亡き夫も同様でした。

新年に下着を替える方は多いのでは。

李家幽竹さんも、下着は1年程度で取り替えることをおすすめしています。

高級でなくても新しい下着に身を包むと、気持ちが引き締まりますよね。

 

私は1年前から、体を締め付けないふんどしパンツを使用しています。

minne(ミンネ)というサイトで、ハンドメイドの下着を購入。

体を圧迫しないので、とっても楽なんですね。もうほかのパンツは履けません。

下着がきついとお感じの方には、ふんどしパンツがおすすめです。

minne | ハンドメイド・手作り・クラフト作品のマーケット

 
以上、ミニマルな暮らしを目指す私のお正月準備について、ご紹介しました。 

 

お手数ですが、押していただけると大変喜びます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

今日は、私が昨年から年賀状をやめたことと、この年末に購入したものを7種類ご紹介しました。

購入したもの自体は皆様とあまり変わりませんが、選ぶ際のこだわりをお話しました。

お正月も普段の暮らしと変わらず、自分なりの基準でものを選びたいと思っています。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。