冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

ミニマリストが実践するバスマットの断捨離がおすすめな理由とは?

我が家には玄関マット、キッチンマット、トイレマットがありません。

使っていたのは、お風呂上りに使うバスマットだけでした。

そのバスマットも最近手放しましたが、大変快適です。

その理由をお話したいと思います。

 現在のマットの使用状況

私は一人暮らしなので、狭い部屋に住んでいます。

玄関もものすごく狭いので、玄関マットは置いていません。

また、揚げ物や炒め物をほとんどしないので、キッチンマットも必要性を感じないんですね。

トイレマットはないほうが掃除がしやすいので、以前から使っていません。

唯一使っていたのが、バスマットでした。

使っていた、という過去形なのは、もう今は使っていないからです。

f:id:ohitorisamazanmai:20181006103233j:plain

バスマットをやめたきっかけ

実はバスマットにカビを生やしてしまいました💦

カビが生えた原因は湿った状態が長く続いたことです。

バスマットは毎日洗っていたのですが、それがあだになりました。

秋の長雨と台風で、最近は雨が多かったですよね。

雨の日でも構わずに洗っていたら、乾かなかったんですね。

まさかカビが生えるとは思っていませんでした。

使用後のバスマットには雑菌がいっぱいなので、基本的にはバスマットは毎日の洗濯がおすすめです。

ただ私の管理が悪かっただけです。

カビを生やしたバスマットには申し訳ない気持ちですが、感謝して手放しました。

バスマット自体を断捨離した

これを機に、バスマット自体を使わないことにしました。

それはもう私には必要ないと思ったからです。

初めは、ほかの物で代用しようと思ったんですね。

それはバスタオルです。

バスタオルも、お風呂上りに体を拭くという、本来の使い方はやめています。

なので、捨てようかどうしようか、迷っていました。

そのバスタオルをバスマット代わりに使うのはどうだろう、とふと思いつきました。

実家でも、昔そういう使い方をしていたんですよね。

私もやってみようと思ったのですが、よく考えると、お風呂上がりの足ふきマットはなくなりません。

バスタオルに替えても、またカビが生えるかもしれません。

私はカビと縁を切りたいので、いっそ何も使わないほうがいいのでは、と考えました。

そうすればカビに悩むこともなくなるし、掃除も楽になります。

そういうわけで、私はバスマットを使わないことにしました。

バスマットがなくても大丈夫

バスマットがなくても、平気な理由はただ一つ。

お風呂の中で、全身を拭いてから出るからです。

私はお風呂上がりに、フェイスタオルを使っています。

 これまでは、お風呂を出てから、バスマットの上で体を拭いていましたが、今は中で拭いて、最後に足を拭いてから出ます。

私が憧れるミニマリストの筆子さんも、そうしていらっしゃるんですよね。 

筆子さん以外のミニマリストさんも、バスマットを使わない方が結構いらっしゃいます。

なので、意外とバスマットがなくても暮らせるものではないかと思います。

バスマットを使うべき、という謎の思い込みがありましたが、これを機に今後はバスマットを使わない生活をしていきます。

バスマットを手放すのがおすすめ

実際にやってみると、いいことづくめです。

バスマットがないと床掃除が楽だし、カビの心配もなくなりました。

洗濯物も減りました。

なにより不要なものを減らすことができて、ストレスも減りました。

今までは、バスマットのない暮らしは、考えられませんでした。

それが、一旦バスマットを手放してみると、こんなにスッキリするのか、と感じます。バスマットがなくても、十分暮らせるものですね。

少ない物で豊かに暮らすミニマリストに一歩近づけた気がします。

今回、カビが生えたことがきっかけでバスマットの断捨離をしましたが、とても満足しています。

皆様もバスマットのない暮らしはいかがですか。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。