ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

ミニマリストになってユニクロに対する考えが180度変わったこと。

ユニクロは私の若い頃から人気がありました。

実を言うと、その頃はユニクロに行っても服はあまり買いませんでした。

ミニマリストになった今は真逆で、4枚のトップスのうち3枚はユニクロ製という変わりようです。

今日は、どうしてこんなにユニクロのヘビーユーザーになったのか、お話ししたいと思います。

   

若い頃はユニクロのデニムパンツくらいしか持っていなかった

ユニクロは私が20代の頃にはもう人気がありました。

調べてみるとユニクロの創業は1949年。

なんと私が生まれる前なんですね。

そんな老舗だったとは知りませんでした。

私が20代半ばで最初の結婚をした時に、元夫はよくユニクロに連れて行ってくれました。

価格の割に丈夫というのが、その頃のユニクロの印象です。

ただ、今ほどおしゃれではなかったような気がします。

私は若い頃、ユニクロのデニムパンツをよく履いていました。

動きやすくて、子育て中に多少汚れても気にならなかったので、とても助かりました。

デニムパンツ以外はというと、あまり買った記憶がありません。

今ほどおしゃれな感じではなかったことと、人と被るのが嫌だったからです。

ミニマリストになってユニクロのヘビーユーザーに

今は積極的にユニクロの服を取り入れています。

現在着ている4枚のトップスのうち、3枚がユニクロで購入したものです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190924111853j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190924111714j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190924111650j:plain

公式サイトからお借りしました。



現在は人と服が被ることが、全く気にならなくなりました。

ユニクロも有名ブランドとコラボしたりして、洗練されてきたと思います。

それ以上に変わったのは私自身です。

以前ユニクロの服をあまり着なかったのは、人と同じ服を着てるとおしゃれじゃない気がしたから。

ミニマリストになった現在はむしろ積極的に、ユニクロの服を取り入れています。

ユニクロの服はプチプラで丈夫、しかもシンプルでおしゃれ。

どんな服にも合わせやすく、コーディネイトがとても楽です。

必要最低限の服で暮らすミニマリストには、大変ありがたい存在です。

今年4月に初めてパーソナルカラー&骨格診断を受けた後も、ユニクロには助けてもらいました。

初めて自分に似合う服のタイプがわかって、どのブランドで買うべきか迷ったんですね。

そんな中、通い慣れたユニクロのショップに入って、ほっとした覚えがあります。

いくら似合う服のタイプが分かっても、いきなり馴染みのないショップでは勝手がわかりません。

そのために失敗もして、この夏は購入したばかりの新品の服を3枚手放しています。

まずは、よく知っているユニクロなどのショップで購入するほうが、失敗が少ないと痛感。

徐々に新しいショップを開拓していくつもりです。

ミニマリストになって人と服が被ることを気にしなくなった理由

私がどうして人と服が被ることを気にしなくなったのかは、薄々気づいています。

今思うと、若い頃は自分に自信がなかったんですね。

服や持ち物に頼っていた気がします。

この歳になって、やっと少し自信が取り戻せたのかなと。

人と違う服を着なくても、自分らしい格好で過ごすことができればOK。

ミニマリストになって自分らしさとは何かが、少しわかってきた気がします。

50代後半になってから気づくのは、遅いかもしれません。

それでもこれが私のベストタイミングなのでしょう。

残りの人生を焦らず丁寧に生きていきたい、と思う今日この頃です♪

 

お手数ですが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

価値観が変わると、同じブランドに対しても考え方が180度逆転します。

人と被るのが嫌でなければ、ユニクロは無印良品と並んでとても便利なブランドだと思います。

お手頃価格でシンプル、他の服に合わせやすい、飽きがこない、とメリットしか思いつきません。

これから歳を重ねていっても、ユニクロにはずっとお世話になると思います。

ずっとあって欲しいショップの一つです。