ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

全捨離とミニマリスト。共通する2つの点と最終目的は同じだということ。

私は3週間ほど前から全捨離という開運法を実践しています。

その中で全捨離ミニマリストは2つの共通点があると気づきました。

また、理由は違っても最終目的が同じだとも感じています。

今日はそのお話をしたいと思います。

   

『全捨離のすすめ』は櫻庭露樹さんの本

f:id:ohitorisamazanmai:20190714114528p:plain 

私が最近始めた開運法は全捨離といい、開運マスターの桜庭露樹さんが『全捨離のすすめ』の中で提唱されています。

『全捨離のすすめ』は風水をもとに、開運するための具体的なやり方が示されています。

全捨離の基本は持ち物の8割を捨てることです。

物は1ヵ月以上手を触れられないと、衰気(すいき)という邪気を発します。

一年も経つと殺気(さっき)に変わってしまうんですね。

人は持ち物の8割を使っていないという前提のもと、邪気を発するものをできる限り手放します。

全捨離とミニマリストの2つの共通点

それでは私が3週間、全捨離してきて感じた、ミニマリストとの共通点を2つお話します

共通点1、持ち物が必要最低限になる

全捨離では持ち物の8割を捨てることを目標にしています。

これは私も経験上わかりますが、普段の片づけではなかなかそこまでできません。

覚悟を決めて取り組む必要があります。

私は今使うもの以外は捨てるつもりで片づけています。

その結果、全捨離では結果的に必要最低限のものしか残りません。

これはミニマリストにも当てはまると思います。

ミニマリストは邪気のことは考えないでしょう。

ただ自分の感覚を信じて不用品を手放していくと、必要最低限のものだけが残ります。

全捨離と似たことをミニマリストの筆子さんも『 1週間で8割捨てる技術』で書かれています。

f:id:ohitorisamazanmai:20190807104438j:plain

たくさんのモノを捨てて、分かった事は、「所持品の8割は必要ないものだった」ということです。

出典:『 1週間で8割捨てる技術』筆子著(KADOKAWA)

また、筆子さんはカレン・キングストンさんに大きな影響を受けています。

カレン・キングストンさんは風水を取り入れた片づけ法で有名なので、筆子さんも風水の影響を受けている可能性はおおいにありますね。

持ち物の8割を手放さないと真のミニマリストにはなれないのかも。

その点では私はまだミニマリストとは言えません。

私は数日前に押し入れから全捨離を始めましたが、それまで片付けていたつもりでもゴミ袋2つも不用品が出ました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190730131401j:plain
もう少し全捨離を続けて、不用品をなくしたいと思います。

共通点2、徹底的に掃除する

全捨離では8割捨てる以外にも、掃除も大変重要です。

これは汚れた場所には邪気がたまるからです。

特に水場に邪気がたまりやすいので、全捨離ではお風呂やトイレなどを徹底的に掃除します。 

ミニマリストは掃除を徹底的にする、きれい好きなイメージがあります。

掃除などの家事を楽にするために、物を必要最低限に減らすミニマリストも多いですよね。

数日前、私もやっと重い腰を上げてお風呂の排水口を掃除しました。

まず、排水口のふたを外してメラミンスポンジでこすります。

ふたはこれだけで十分きれいになりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190807111345j:plain

また、排水口は毎日髪の毛などのゴミを取っていますが、今回メラミンスポンジで念入りに掃除しました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190807111402j:plain

上の中央部にあるゴム製のパイプは取り外しできなくて、こすってもどうしても汚れが取れません。

何か対策を考えなくては。

それ以外はきれいになりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190807111420j:plain
掃除したふたを元に戻してスッキリ。
画像では水がついていますが、お風呂上りには床や壁の水をふき取っています。

おかげでカビも生えずに快適です。

お風呂の水分を拭き取るのも全捨離では推奨されています。

今までは排水口掃除をつい後回しにしていましたが、開運のためにも汚れがたまらないうちに掃除することにします。

全捨離とミニマリストが最終的に目指すもの

こうしてみると理由は違いますが、全捨離とミニマリストが目指すのは少ない物を有効活用してきれいな部屋で快適に暮らすことだと気づきます。

最終目的は同じだと感じました。

きれいな部屋で過ごしたいのはほかの片づけでも一緒ですが、必要最低限まで物を減らすのはほかにはあまりなさそうですね。

必要最低限まで減らすのはなかなかハードな作業ですが、そこまでするメリットが十分あると思います。

全捨離は部屋も気持ちもスッキリして大変おすすめです。

よろしかったらぜひお試しください。

 

『全捨離のすすめ』は今なら講演会動画が無料で付いてきます。

一時間ほどで読めますので、ぜひお読みになってみてください。

8割を手放せばすべてうまくいく! 【全捨離のすすめ】 ★無料プレゼにント★いまなら講演会動画付き!: たった1日であなたの運が絶対によくなる! 史上最高のミニマリストスタイル (DNAパブリッシング) 

キンドルでは900円で読むことができますが、キンドルの読み放題サービスでも読めます。

30日の無料体験があるんですね。 30日以内に解約すればお金もかかりませんよ。 

キンドル読み放題

 

また、筆子さんの『1週間で8割捨てる技術』は現在キンドル版では200円ほど安くなっています。

オーディブルでも聴けるのでよろしかったらぜひどうぞ。

1週間で8割捨てる技術 

 

私は掃除に苦手意識がありますが、それでもトイレは10年間毎日掃除しています。 

これも李家幽竹さんなどの風水の影響です。

私が10年間毎日トイレを掃除している話は、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。 

www.yamanoyume.com

私が押し入れの全捨離をした話は、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

私が全捨離で最初に手放した5種類のものについても、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

 

(この中にミニマルライフのヒントがたくさんあります)
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

お手数ですが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

開運法である全捨離とミニマリストとの関係はいかがでしたか。

持ち物を減らす理由は違いますが、結果的にはどちらも必要最低限になります。

全捨離してもミニマリストになる必要はありませんが、ミニマリスト志望なら全捨離すると早いかもしれません。

ミニマリストは全捨離を知らなくても、無意識に開運法を実践している気がします。

快適な暮らしを感覚的に知っているのでしょう。

私も真のミニマリストを目指してさらに全捨離を続けていきたいと思います。

よろしかったらまたいらしてください。