ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

全捨離の奥深さに感動!9割不用品を捨てて天職を見つけた依頼者の実話。

以前、櫻庭露樹さんは汚部屋の住人から依頼があり、全捨離のお手伝いをしたことがあるそうです。

不用品を手放して面積が広がり、部屋はきれいに変身。

意外なことに、依頼者は仕事の業績が悪化。

ただそのおかげで、もっと自分に合う天職が見つかったとか。

今回は全捨離して本当の自分に出会った、櫻庭さんの目撃談をご紹介したいと思います。

 全捨離して売り上げが減った男性

f:id:ohitorisamazanmai:20200329095220j:plain

全捨離を実践すると、様々な想定外のことが起こるようです。

全捨離提唱者の櫻庭露樹さんには、たくさんの驚くような体験談が飛び込んでくるのだとか。

櫻庭さんも一緒にいて目撃することもあるそうで、今回はそのパターン。

以前櫻庭さんが、ある依頼者の部屋を訪問した時のこと。

一人暮らしの男性は、カメラの転売を生業にしていました。

2DKの部屋にはカメラをはじめ、多くのもので足の踏み場もない状態。

掃除も全くしていなくて、まさに汚部屋だったそうです。 

櫻庭さんがその部屋に4回通って、やっと片づいたのだとか。

全捨離すると、たいていの人は仕事の業績がすぐに上がるはず。

なぜかその依頼者の場合、全捨離が終了しても全く売り上げが増えません。

逆に売り上げが下がるという、櫻庭さんも想定外の結果。

それまで売り上げが下がったことがないという依頼者に、さすがの櫻庭さんも困って邪気のせいにするほど。

部屋の邪気がすごいパワーだから、引っ越すしかないと。

100件のうち3件は部屋に強力な邪気がいて、どんなにきれいにしても効果がないことがあるそうです。

そんな時は引っ越すしかないのだとか。

全捨離して天職を見つけた話

f:id:ohitorisamazanmai:20200329100726p:plain 

そうこうしているうちに減った売り上げを補填するために、その男性は別の方法で収入を得ようと画策。

発行していたメルマガで、カメラ転売のコンサル生を募集したそうです。

すると、5~6人の応募があったとか。

カメラ転売の知識を教え始めたら、その時初めて気づいたことがあったとのこと。

それは人に教えるのが好きだということ。

その男性はもともと先生気質だったよう。

それまでわからなかったけれど、転売がうまくいかなくなったおかげで気づいたんですね。

カメラ転売の知識はプロ級なので、その後講師として大ブレイクしたそうです。

   

全捨離で本当の自分が見つかる 

この話を聞いて、全捨離はすごいなと。

全捨離してうまくいくのは当たり前で、そうでない時はほかの道があることを教えてくれているのですね。

櫻庭さん曰く、「床=自分自身」だとか。

依頼者の部屋は、最初床がほどんど見えない状態でした。

その男性は、櫻庭さんと一緒に9割のものを捨てたそうです。

ものがかなり減って床面積が広がったことで、本当の自分が見えてきた。

それで天職が見つかった、という櫻庭さんの説明にうなってしまいました。

神様はわざと失敗させて、その人が進むべき方向へ軌道修正させることもあるとか。

全捨離してもうまくいかないのは、今の道ではないということなんですね。

もし依頼者の転売がうまくいっていたら、講師業はしていなかったのでは。

つくづく興味深い話です。

あまりに面白かったので、シェアさせていただきました。 

 

この話に比べるとスケールは小さいのですが、私にも似た経験があります。

一見困ったことが、実はもっといいものと出会えるきっかけになったんですね。

具体的には、以前より使い勝手のいいバタフライピー茶とトイレットペーパーを見つけたこと。

全捨離していると、こういうことは案外日常茶飯事なのかも。

困ったことが起こったらただ嘆くのではなく、どういう意味か考えたいと思いました。

 

 櫻庭露樹さんのYouTube動画も、よろしかったらぜひご覧ください。

www.youtube.com

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

今回の話は、全捨離の奥深さを物語るエピソードでは。

 一見うまくいかなくても、それは別のほうが向いているという神様からのサイン。

このサインを見逃さないようにしたいものです。

 この記事が少しでも、皆様のお役に立てばうれしいです。