冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

ミニマリストの娘に手伝ってもらった初めての断捨離と3つの気づき。

先日、次女と会った際に、数日後に私の部屋に配達される予定の小さなテーブルセットの話題になりました。

そのテーブルセットを置くスペースを確保するために、翌日娘が私の部屋に来て初めての断捨離を手伝ってくれることになりました。

持ち物を要るものと要らないものに分ける

f:id:ohitorisamazanmai:20181107204701j:plain

今回は主にクローゼットを断捨離しました。

まず部屋に着く早々、持ち物を夏服やニットなどジャンルごとに、その都度全部出します。一つのジャンルが終わると次のジャンルのものを全出しするということを繰り返しました。

目の前に出したものを娘が一つづつ、これはいる?と聞いてくれます。そうやって、残すものと処分するものに分けていきました。

コツは、あまり考えないで直感的に決めることです。

娘は不用品を捨てるのが好きだそうで、定期的にチェックしていると言います。断捨離に慣れた娘の助けで、あっという間に大きなゴミ袋5つ分の処分品が出ました。

5月の引っ越し時にうすうす気づいてはいましたが、不用品が思ったよりもたくさんありました。

2回目のチェック

そうやって残したものを、もう一度チェックしました。

2回目のチェック基準は1回目とは違って、必要なものを残してそれ以外は手放すというやり方でした。このやり方のほうがさらにものが手放せると感じます。

2回目は断捨離に慣れてきたこともあり、本当に必要な物だけを残してまた少し処分するものが出てきました。

2回目で処分したのは、あると便利なものやいつか使うかもしれないものです。

あると便利なものは実はなくても何とかなるものです。ほかの物で代用できることが多いんですね。

また、いつか使うかもしれないものはいつまでたっても使いません。

そういう本来なくてもなんとかなるものを2回目のチェックで手放すことができたように思います。

2回目の断捨離で、さらにごみ袋2つ分の不用品が出ました。

断捨離の結果

午後1時ごろから始めた断捨離は、3回ほどの休憩をはさんで、夕方6時ごろには終わりました。

結果的にゴミ袋7つ分の処分品が出ました。

これには私もびっくりで、こんなに要らない物を持っていたのか、と少しショックでした。 

f:id:ohitorisamazanmai:20180704104229j:plain

内容は、ハンガーや雑貨などが2袋分、あとはほとんどが服で5袋分ありました。

今、着ない服は手放す、と娘に言われた結果そうなったのでした。

断捨離をして、押し入れの下段半分と、部屋に置いていた服のポールハンガーがそっくり空きました。

f:id:ohitorisamazanmai:20180704112817j:plain

家具の配置を変更

私はテレビを背の低い桐の着物用タンスの上に置いていましたが、押し入れが下段半分空いたところへそのタンスを移動しました。このようにぴったり収まりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20180704112850j:plain

そして、背の低い文机の上にテレビを置くことにしたら、目線より低くなって見やすくなりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20181228162309j:plain

これで、数日後に届くテーブルセットを、明るい窓際に置くことができそうです。

断捨離して気づいたこと3点

今回、初めて大規模な断捨離をしましたが、気づいたことが3つあります。順に説ご明しますね。

これから断捨離する必要性を感じた

自分では要らない物を時々処分しているつもりでした。

ですが、今回の断捨離でゴミ袋7つ分も不用品があったということで、自分の甘さに気づきました。

今後は意識的に断捨離する必要があると感じます。

他人目線を取り入れることが大事

自分ではまだ使えると思っていても、娘が見たらもう寿命だというものが結構ありました。

それは今回とてもいい勉強になりました。

他人目線を取り入れると、自分では気づかないことがわかるので、時々自分以外の人に手伝ってもらうのはおすすめです。

今回の断捨離でかなりのものを手放しましたが、娘によると少し経つとまた手放すものが出てくるそうです。

なので、季節ごとに娘に手伝ってもらうことにしました。

心強い助っ人ができて、断捨離にはずみがつきそうです。

断捨離の基準がわかった

今回とても助かったのは他人目線のことだけではありません。娘の断捨離の方法です。

1回目は娘の指示で断捨離するものをとりあえず全部出しました。

それから、娘が一つ一つこれは要るもの?と聞いてくれて、直感で残すか処分するか決めます。

2回目は選択の基準を変更しました。必要なものだけを残すというやり方です。

この方法でさらに不用品が出ました。持ち物をそぎ落とすイメージです。

この時に、あると便利なものやいつか使うかもしれないものが処分対象になりました。

このように断捨離初心者の私でも分かりやすい断捨離の基準を教えてもらって、今後一人で断捨離する際に大変役立ったと感じます。

教えてくれた娘に感謝したいと思います。

娘に聞いてみると、断捨離の勉強をしたことはないけれど、これくらい誰でも思いつくよ、と言います。また、物を捨てるのが好きだそうです。

確かに娘の部屋は、狭いのですがきれいに片付いています。収納も上手にしていて、隙間の使い方がとてもうまいと感心します。

自覚がないミニマリストなのかもしれないですね。私の知らない娘の一面を見たような気がしました。

最後に

今回初めての断捨離に挑戦しました。

ミニマリストの娘に手伝ってもらって、かなりの不用品を手放すことができました。

最初に慣れた人に手伝ってもらうと、その後一人でも断捨離しやすいと感じました。

その点はラッキーでした。

今後は一人で断捨離をしていく予定です。

気づいたことを記事に書いていきますので、よろしかったらまたいらしてください。