ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

ミニマリストになって初の引越しは気づきの連続!持ち物を総点検する訳。

先月ミニマリストになって初の引越しをしましたが、これまでの15回に比べるとゴミの量は格段に減りました。

それでも、どうしても多少の不用品は発生するもの。

片づける中で、今後のミニマルライフに必要な多くの気づきがありました。

部屋の広さや持ち物の量などについて、改めて考えるいい機会だったなと。

今回ミニマリストになって初めての引越しということで、気づいたことをご紹介したいと思います。

ミニマリストになって以来初の引越しで発生した不用品

f:id:ohitorisamazanmai:20200822101635p:plain

先月7月末の引越しは、私がミニマリストになって初めてのこと。

以前に比べれば、持ち物そのものがかなり減りました。

引越しの際に処分した不用品の量も激減し、以前のように大量のゴミを処分することはなくなったなと。

それでもやはり、どうしても多少の不用品は発生するもの。

引越しの際に不用品を処分して、気づいたことがあります。

ミニマリストになって初の引越しとなる今回は、今後の暮らしに大きな影響を与える片づけをしていたなと。

どういうことか、手放した物ごとにご説明したいと思います。

引越しで処分した不用品

1、冷蔵庫と洗濯機

今回の引越しでは新居で冷蔵庫と洗濯機がいただける、という特殊な事情がありました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200822102444p:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20200822102500p:plain

そのため引越し前に急遽、冷蔵庫と洗濯機を処分。

ただ冷蔵庫と洗濯機については、今後もできるだけ引越す際に手放したいと考えています。

可能なら部屋に置いていきたいと思っていますし、ダメならリサイクルサイトかリサイクル業者に依頼する予定。

とにかく引越しの手間や費用を考えると、新居で新しいものを入手したほうが楽かなと。

新たに購入するとなると多少の出費は必要ですが、今回のようなタイミングや使用年数が長くなれば十分実現可能では。

2、不要でも処分していなかったもの

冷蔵庫と洗濯機以外で引越し前に手放したものは、もう既に不要だったのになかなか捨てられなかったもの。

ユニクロの裏ボア付きパーカなどは、慌ただしさに紛れて処分が遅れました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200822103556p:plain


またしばらく使っていなかったシャンプーも、引越しを機にやっと処分しました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200822104337j:plain

 

私は2018年11月から、お湯だけで髪の毛を洗う湯シャンを実践中。

それでも週1回ほどはシャンプーを使用しており、現在マイボタニストを愛用しています。

f:id:ohitorisamazanmai:20200822105050p:plain

 

マイボタンニストのシャンプーに出会う前に購入したのが、先ほどの自然派シャンプー。

湯シャンの合間に使うシャンプーを探していて、最初に購入したものです。

現在愛用中のヘナと同じメーカーが販売していることもあり、安心だなと。

ヘナは、100%オーガニック栽培の植物が原料。シャンプーもノンシリコンで、体に優しい成分を使用。

ヘナは2年ほど使っており、とても気に入っています。

シャンプーもかなり期待して購入しました。

 

ただ成分的には安心なシャンプーでも、残念ながら洗浄力がかなり弱いことが判明。

週1回のシャンプーでは髪がすっきりしないと感じて、購入後2~3回で使うのをあきらめた経緯があります。

それでもいいシャンプーなので、もったいなくて手放すふんぎりがつかずにズルズルと持っていたんですね。

本来ならもっと早く処分しておくべきでしたが、引越しを機にやっと手放すことができました。

 

冷蔵庫と洗濯機を除いて、引越し前に処分したものは自分でも薄々不要だとわかっていたものが多かったなと。

今後の引越しでは、不用品を直前に処分しなくてもいい状態にしておきたいものです。

3、引越し後に処分したもの

今回特に引越し後の片づけから、ミニマリストとして暮らすのに必要なことが学べた気がしています。

まず以前より狭い部屋に引越したことで、持ち物をよりそぎ落とすことができました。

収納が減っても、何とか収まるように持ち物を減らせることを実感。

6畳の部屋でも十分暮らせるなら、もっと広い部屋は必要ないなと。

物の管理や掃除も楽になるし、家賃も引き下げることが可能。

今後一人で住むとしたら、広い部屋は選ばないと決めました。

 

また持ち物に関しても、もっと吟味する必要性を痛感しました。

今回引越し後に処分したものは、必要ではあるけれど収納スペースが減ってコンパクトなものに買い替えたもの。

収納スペースの関係でコンパクトサイズに買い換えたものは、脚立やフライパンなど。

f:id:ohitorisamazanmai:20200822111937p:plain

 

現在の部屋に移って不要になったものもあり、代表はお掃除ロボットのルンバ

f:id:ohitorisamazanmai:20200815133954j:plain

 

広い部屋なら十分収納できて使っていたものが、少し狭くなっただけで使い勝手が悪くなるんですね。

これは今後のためにも、持ち物を全部見直す必要がありそうだなと。

もっと改善すべきことがあると感じます。

 

現在賃貸暮らしなので、いずれまた引越すことになるでしょう。

今後、今より広い部屋に引越すつもりはありません。

となると持ち物はできるだけコンパクトかつ必要最低限のものに絞ったほうが、引越しも楽だし暮らしやすいのは明白。

 

収納スペースが広いと、つい上限まで収納しがちだった私。

今後は収納に関係なく、自分にとって本当に必要なものだけを持つようにしたいなと。

引越しでかなりミニマルになったはずの持ち物を、極限まで削ぎ落したいと考えています。

理想は引越しの際に、不用品を処分しなくてもいい状態。

新たな課題に向けて、また楽しく片づけていきたいと思います。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

引越しは不用品を手放す、とてもいいチャンスだと思います。

今回ミニマリストになって初めての引越しということで、様々な気づきもありました。

気づきを生かしつつ、よりミニマルな暮らしに向けて片づけていきたいと思います。