冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

ニットを片づけて改めて気づいた、こんまり流メソッドのメリット。

私は以前から近藤麻理恵さんのメソッドで服をたたんでいますが、ニットだけは違いました。

先日、ニットも近藤麻理恵さん流で片づけてみました。

するととてもいいと感じたので、今日はそのメリットについてお話したいと思います。

こんまりさんとの出会い 

4〜5年前、私の長女は近藤麻理恵さんに関心があり、本をよく読んでいました。

以下、こんまりさんと呼ばせていただきます。

そして、長女が実践していた、こんまり流の服のたたみ方を私にも教えてくれました。

当時、こんまりさんの提唱される片づけのメソッドや断捨離に格別関心があったわけではありませんが、教えてもらったたたみ方は気に入りました。

今もこの方法でたたんでいます。

今までの服のたたみ方

私は今まで下着とパジャマのたたみ方はこんまり流にしていました。

ですが、ニット類はシワになりそうな気がして、このように平らに重ねていました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190108091407j:plain

ですが、これでは下になっているニットを取り出す際に、上のニットが崩れないように気をつかいます。

何とかならないかと考えたところ、ニット類もこんまり流にたためばいいのではないかと気がつきました。

そこで早速試してみました。

ニットをこんまり流でたたんでみた

f:id:ohitorisamazanmai:20190108092841j:plain

こんまり流で興味深いのは、たたんだ服を自立させることです。

娘に初めて聞いた時はびっくりした覚えがあります。

実際にこんまり流でニットをたたんでみると、全く問題ないことに気が付きました。

実際に手順通りにたたんでみたのでご覧ください。

まずニットを広げます。

f:id:ohitorisamazanmai:20190108091606j:plain

次にこのように順番にたたんでいきます。

f:id:ohitorisamazanmai:20190108091641j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190108091658j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190108091724j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190108092049j:plain

このようにたたんでから、立てて収納します。
それでは引き出しのビフォーアフター画像をご覧ください。

(ビフォー) 

f:id:ohitorisamazanmai:20190108091407j:plain

(アフター)

f:id:ohitorisamazanmai:20190108092151j:plain

このようにとても見やすくなりました。

私は冬用のニットと春秋用のニットを分けて収納しています。

赤い線から手前が冬用のニットです。

またストールも一緒にしています。赤い線のすぐ上にある白いものが冬用のストールです。

こんまり流のメリット

上の画像をご覧いただくとおわかりだと思いますが、なんといってもこんまり流で収納すると見やすい、取り出しやすい、片づけしやすいのが一番のメリットです。

まず、一目で場所がわかります。

また、平積みの時のように下のニットを取り出す際に上のニットに気をつかう必要がなくなります。

片づける際もストレスなく収納することができます。

それ以外にもこんまり流のメリットはありました。

こんまり流には濃い色を奥にするというルールがありますが、私にはしっくりきました。

手前になるにしたがって色が明るくなるのはなんとなく安心します。

これは人それぞれかもしれませんが、私には合っていました。

また、このたたみ方だと平積みの時より袖口などもしっかり確認できるので、袖口がクシャッとなることがありません。

袖を手前にしてたたむのは合理的だと感じます。

もともとニット類は綿の服に比べてシワになりにくいですよね。

こんなことならもっと早くこんまり流で片づければよかったと思います。

服のチェック時期は少し違う

ただ、私は全てこんまり流で片づけているわけではありません。

服の断捨離に関しては、こんまりさんはオフシーズンがおすすめだとおっしゃっています。

ですが、私はシーズン中の方がいいという考えです。

シーズン中は服が自分にとって必要かどうかリアルに感じられると思うので、シーズン中の断捨離をおすすめしています。

詳しいことは、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。 

www.yamanoyume.com

ただ、こんまり流の核ともいえる手に取ってときめくかどうか確認することは、服に関してはおすすめです。

実際に私が服の断捨離をする場合は、シーズン中に手に取って、あるいは着てみて自分がどう感じるかを観察します。

これはこんまり流と自己流が混ざっていますが、それぞれ自分のしっくりするやり方ですればいいと私は考えています。

一つのノウハウに統一してもいいと思いますが、私のように自分の感覚に従っていろいろなやり方を組み合わせてもいいのではないでしょうか。

ノウハウとの付き合い方については、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

最後に

下着とパジャマはこんまり流で収納してニット類は違っていたというのも、今考えるとおかしな話です。

ニット類をこんまり流の収納方法に変えただけで、取り出したり戻したりする作業が大変楽になりました。

服のたたみ方に関しては、こんまり流が私には一番合っています。

皆様はこんまり流に限らず、ご自分でしっくりする方法を見つけたらいいと思います。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。