冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

長年使った粉せっけんを断捨離。自分でマグちゃんを作る方法。

私は30年使用した粉石けん断捨離しました。

それはもっと洗濯になるものを手作りしたからです。

今日はそのお話をしたいと思います。

   

粉せっけんを長年使っていた

私は30年ほど前に結婚して以来、ずっと粉石けんを使っていました。

粉せっけんというのは、市販の〇リエールや〇タックのような粉末の合成洗剤ではありません。

生協や薬局などで販売している、石けん分が入った粉末洗剤のことです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190327114150j:plain

 30年ほどの間には、その都度手に入る商品を買っていたので、同じものでないこともありました。

それでも石けん成分の入った粉末の洗剤はずっと使い続けてきました。

粉せっけんを使っていた頃の話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

粉せっけんのメリット

私が30年間も粉せっけんを使い続けてきたのには理由があります。

粉石けんは環境に優しいんですね。

合成洗剤は河川に流出した時に、分解するまでに数日から数十日かかると言われています。

粉石けんは1日で完全に分解します。

これだけでもかなり環境への負荷が少なくなります。

また、河川に流出して1日で分解するならば、皮膚に付いても影響は少ないですよね。

長女を妊娠した時から使っているのは、子供のことも考えてのことです。

粉せっけんのデメリット

粉石けんはデメリットもあります。

あらかじめ溶かさないといけない

粉石けんは溶けにくいので、洗濯する前にあらかじめ溶かさないといけないんですね。

私は毎回5分ほど粉石けんだけを溶かしています。

それから洗濯物を入れて洗濯機を回します。

あらかじめ粉石けんを溶かす一手間がかかるんですね。

たまに溶かした後、洗濯物を入れ忘れて洗うのが遅くなることもあります。

 30年間続けてきたので苦にはなりませんでしたが、洗濯機の操作が2度あるのは多少不便でした。

粉が残りやすい

粉石けんをあらかじめ溶かすのは、溶けにくいからです。

5分間溶かしても時々洗濯物に粉がついていることがあります。

これを嫌って合成洗剤を使う方も多いですよね。

私は多少粉がついても人体や環境に影響が少ない方を選びました。

割高

粉石けんは合成の粉末洗剤に比べると割高感があります。

これは使う人が少ないから仕方がないのかもしれません。そう思って諦めていました。

粉石けんの代わりに使う手作りグッズ

ですが、30年間使ってきた粉石けんを昨日から使うのをやめました。

それはちょうど粉石けんがなくなったからです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190326213123j:plain

この機会に、気になっていたものを手作りしたいと思いました。

私が手作りしたのは、マグネシウムを使ったこちらの洗濯グッズです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190327115630j:plain

洗剤なしでも洗濯できる「洗たくマグちゃん」というものがあると聞き調べましたが、結構高いんですよね。

昨年の秋ごろからずっと気になっていましたが、なかなか手が出ませんでした。

たまたま長女が作り方を知っているというので、作ってもらうことにしました。

材料

材料は楽天のネットショップで購入したマグネシウムペレットと、100円ショップのセリアで購入したランドリーネット、洗濯機の取り換え用くずとりネット2枚です。

f:id:ohitorisamazanmai:20190327115839j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190327115907j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190327115929j:plain

洗たくマグちゃんとの費用の比較

マグネシウムペレットは300グラムで2750円、そのうちの200グラムを使用しています。

お金に換算すると1633円です。

それに100円ショップのもの2つで200円を足すと1833円になります。

一方、洗たくマグちゃんは 50グラムで税込み1944円なので、200グラムに換算すると7776円にもなります。

これは手作りする方が断然お得です。

マグネシウムで洗濯するメリット

マグネシウムペレットを使って洗濯するメリットはいくつかあります。

洗剤がいらない

これが1番のメリットです。

洗剤を溶かす手間も費用もかからなくなります。

洗剤を使わないので、石鹸カスがつくこともなくなります。

これもありがたいですね。

それから、私の場合は洗剤を溶かす手間がない分、洗濯機の傷みが違うかも、と期待しています。

洗剤を使わなくても汚れが落ちる原理は、洗たくマグちゃんのサイトから引用させていただきます。

一般の水道水にマグネシウムを入れる。

マグネシウムが水と反応水素の気泡発生させてアルカリイオン水を生成。

アルカリイオン水は洗濯物につく油脂分を分解して石鹸化します。洗剤と同様に洗浄能力を持つ界面活性効果で汚れを落とします。

出典:【公式】マグちゃんオンラインショップ

節約になる

上にも書いたように私が使っている洗たくグッズにかかった費用は1833 円です。

1年間使えるとしたら、1ヵ月分は152円になります。

粉石けんが1袋1000円近くで、 2ヶ月で使い切ったとしても一か月500円ほどです。

かなりの節約になりますね。

手作りグッズの作り方

それでは早速作り方をご紹介します。

材料を揃えたところで、まずゴミとりネットの中にペレットを100グラムずつ入れます。

f:id:ohitorisamazanmai:20190327121151j:plain

それから口のゴムを切り、3つ折りにしてミシンがけしたものを2つ作りました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190327121215j:plain

この2つの袋をランドリーネットに入れて、チャックを閉めて完成です。

f:id:ohitorisamazanmai:20190327115630j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190327121655j:plain

このランドリーネットは縫い閉じませんでした。

それは中の袋を洗濯のたびに外に出して干したいと思ったからです。

使った感想

洗濯マグちゃんの公式オンラインショップでは、市販の洗濯用洗剤と一緒に使うと洗浄力がさらにアップすると書いてありました。

ですが、私はこちらの手作りグッズだけでしばらく洗濯してみるつもりです。

昨日と今日の二回、こちらを使って洗濯したので、感想をお話しします。

まず、粉石けんを使っていた時は、色の濃いデニムにたまに粉がついていましたが、この二日間はほとんどありませんでした。

今まで洗濯機に残っていた石けんカスがたまにつくかもしれませんが、それもこれから徐々になくなっていくと期待しています。

洗った服にはもともと匂いがついていなかったので、匂いがとれたかどうかはわかりません。

マグちゃんのサイトでは臭い成分の分解率は市販の洗剤よりも強いそうなので、手作りグッズにも同じ効果があるといいですね。

マグちゃんは1年間繰り返し使えるそうなので、私の手作りグッズもそれぐらいは使うつもりです。

もうしばらく使ってから、また感想をご報告したいと思います。

使用上の注意点

マグネシウムを使った洗濯グッズは、使用上どんな点に注意すればいいのでしょう。

洗剤を使わないので、すすぎは1回で良いようです。

これは洗濯時間が短くなって助かります。

また、定期的にクエン酸でお手入れすると長持ちするそうなので、忘れずにしたいと思います。

その情報はよくお邪魔するブログ「ワオ母さんのblog」で、ワオ母さんさんが記事に書いていらっしゃいました。

www.waoko.net

詳しく書かれていてとてもわかりやすいので、今後参考にさせていただきたいと思っています。

 

私はシャンプーがなくなった際にも、シャンプーを断捨離しています。よろしかったらこちらの記事もご覧ください。

www.yamanoyume.com

お手数をおかけしますが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後に

 30年使った粉石けんは意外とあっさり手放すことができてビックリしています。

また、今まで感じていた洗濯のストレスも一緒に手放すことができました。

手作りしたマグネシウムペレット入りの洗濯グッズは、今のところメリットしか感じません。

もうしばらく使ってみて、後日詳しい感想もご紹介したいと思います。

よろしかったら参考になさってください。