冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

ショートブーツの断捨離で、二度と同じ過ちを繰り返さないと誓った理由。

今日私が断捨離したのは、ショートブーツです。

このショートブーツを手放す時に、同じ過ち二度繰り返さない、と固く心に誓ったことがあるので、ご紹介したいと思います。

 手放したショートブーツ

今日、手放したショートブーツは、リーガルで10年以上前に購入したものです。

牛革製で、ファスナーではなく側面の両側に幅の広いゴムがついていて、着脱がしやすくなっています。

f:id:ohitorisamazanmai:20180922093346j:plain

はくほどにつやが増していい感じになってきましたが、ある理由があって手放すことにしました。

ショートブーツを手放す理由

以前にリーガルのサンダルを手放した際にも同じことを感じましたが、やはりリーガルの靴は私には合いませんでした。

サンダルを手放した話はこちらから読むことができます。 

www.yamanoyume.com

リーガルはしっかりした作りでデザインもシンプルな物が多く、好きなブランドでしたが、足の幅が広い私にはきついんですね。

以前は、それをわかっていながら、牛革だからそのうち伸びる、とかもったいない、と思って、なかなか手放すことができませんでした。

昨日、急に寒くなってニットのチェックをした際に、ショートブーツもまだはけるかどうか、一緒に確認しました。

ショートブーツをシューズボックスから出して眺めた時に、このショートブーツをはいた時の足の痛みを思い出したので、もう今後はくことはないと感じました。

感謝して手放したいと思います。

 同じ過ちを繰り返していた

夏にサンダルを手放した時に、合わない靴は手放さないといけない、と頭ではわかっていたのですが、お気に入りのショートブーツは手放すことはできませんでした。

側面のゴムが少し伸び気味ですが、まだ十分はけると考えていたんですね。

でも、改めてじっくり観察したら、もう幅の合わない靴をはいて痛い思いはしたくない、と感じたんですね。

これからは、そういう自分の感覚を大事にしたいと思います。

それと同時に、今さらながらに判断が甘かったと反省しています。

今回、反省したこと

靴は洋服と違って、サイズや幅が少しでも合わないとはくのが辛いですよね。

なので、靴に関してはどんなにデザインが気に入っても好きなブランドでも、はいてみて合わないものは買わない、と決めました。

今までの習慣でデザインやブランドで選んでいたものを、自分に合うことを最優先にして買う、という基準に変えたいと思います。

今回の経験を今後に生かしたいと思います。

たぶん皆さんはちゃんと合う靴を履いていらっしゃると思いますので、あまり参考にはならないかもしれません。

それでも、私の失敗談が何かのお役に立てたらうれしいです。