冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

一年前に買った傷んでいないスニーカーを断捨離。靴の購入で注意すべき2つの点とは?

今日私が断捨離したのは一年前に買った黒いスニーカーです。

まだどこも傷んでいないのですが、泣く泣く手放さざるを得ない理由がありました。

今回のことで靴を購入する際に注意すべきだと感じた点があったので、ご紹介します。

私が断捨離したスニーカー

今日私が手放したのはこちらの黒いスニーカーです。 

f:id:ohitorisamazanmai:20181216111700j:plain

一年前に前のスニーカーが破れたので、代わりに急いで買ったものです。有名メーカーのものではありませんが、試し履きして履き心地が良かったので購入しました。

とても軽くて柔らかく、気に入って購入したはずでした。

まだどこも傷んでいないのですが、やはり手放さなくてはいけないと感じることがありました。

このスニーカーを手放す理由

このスニーカーのサイズは私の足に合っています。軽くて柔らかいので靴擦れすることもありません。

今回私がこのスニーカーを手放す理由は、履いていると足が靴の中で滑る感じがしたからでした。

最近、普通に道を歩いていても滑る事がとても気になりだしました。ちょっとした傾斜でも滑るので、さすがにもうこれ以上このスニーカーを履くことはできないと判断したんですね。ちなみに中敷きも入れています。

また、これからの時期に雨が降ったり雪が積もったりした時など足元に気をつかわなければいけない場面では如実に影響します。濡れた階段や坂道などを歩く時は、転びそうな気がするので慎重に歩かないといけません。

買った当初は靴下が滑りやすい素材だからだろうかと考えました。

ですが、私の靴下は綿素材のものがほとんどで、滑り易い化学繊維の靴下は持っていません。

また、靴底の内側を触ってみると滑りやすい素材です。

今までこんなに滑る靴を履いたことがないので、やはり靴自体に問題があるのだと判断しました。

私は右足首を数年前に骨折した影響で右足首と左の膝が多少悪いので、足に負担のある靴は履くべきではありませんでした。

買った当初から滑ることはうすうす気づいていましたが、見て見ぬふりをしてきてしまいました。新しいものを捨てたらもったいないと言う思い込みがあったんですね。

一年間だましだまし履いてしまいましたが、やっと手放す決心がつきました。

もっと早く気づくべきでしたよね💦

これから寒くなって道路が凍ったり雪が積もったりすることも多くなります。靴の外側の底部分も滑りやすい素材のように見えます。道路が歩きにくくなる前に履いていて滑る靴は手放した方がいいと考えました。

一年間履いたことに感謝して手放したいと思います。

靴の購入で注意すべき点

今回まだ十分履ける靴を手放して気づいたのは、靴を購入する際には特に注意すべき点があるということです。

1)しっかり確認する

靴を購入する時はたいてい試し履きをして履き心地を確かめますよね。その際にできるだけ念入りに確認したほうがいいと感じます。少しでも違和感があったら買わないほうがいいですね。

靴は購入する時点で大丈夫だと思っても、履いているうちに違和感を感じることも多いですよね。最初にしっかりチェックしておくとそういうことが減ると思います。

私も手放したスニーカーは少しゆるいような気がしていたのですが、きついよりはいいと思い、購入していました。こういう違和感を無視するとよくないなと今回強く感じました。

2)有名メーカーが安心

また、私のスニーカーは無名メーカー製でしたが、有名メーカーならこんなことはありません。以前はニューバランスを履いていましたが、靴の中で足が滑ることはありませんでした。少なくとも私にはニューバランスのほうが合っています。

有名メーカーは靴の研究にかなり労力を費やすと聞きます。そういう研究をもとに作られる分、価格は高くなりますがしっかりした靴が完成しますよね。

今後はできるだけ有名メーカーのスニーカーを選んだ方が安心だと感じました。

最後に

一年前に購入する際、しっかり試着して納得して買ったはずでしたが、結局傷まないうちに手放すことになってしまいました。

これは大変反省すべきだと感じています。急いでいたとはいえ、もっとじっくり自分に合った靴を選ぶべきでした。

新しいスニーカーはまだ購入していませんが、今度は時間をかけてもしっかり自分の足に合った靴を選びたいと思います。

持ち物はその都度じっくり選ぶことが大事だと痛感した出来事でした。