冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

断捨離で泣き笑い。机の引き出しはパンドラの箱だった。

今日は座って使う文机引き出しを片付けました。

引き出しはそんなに大きくありませんが、意外といらない物が入っていたんですね。

また、パンドラの箱さながらの、泣いたり笑ったりの断捨離となりました。

断捨離前の引き出し 

断捨離する前の引き出しはこちらです。引き出しは二つあり、大きさが違います。

f:id:ohitorisamazanmai:20180927100304j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20180927100330j:plain

入っている物の量はほどほどで、引き出しが開けられないということはありません。

ただ、用があって上の引き出しを開けた時に、トランプを見つけました。

そのトランプを見た時にふと、もういらないんじゃないか、と感じたんですね。 

そうしたらほかにもいらないものがあるような気がして、引き出し二つの片付けを始めてしまったという訳です。

泣き笑いの断捨離

引き出しは文具だけだから事務的に分けてすぐ終わる、と思ったのですが、それは間違いでした。

いろいろな思い出の品があって、まるでアルバムを整理しているかのような、泣いたり笑ったりしながらの作業となりました。

そういうからには、泣いたものと笑ったものがあります。

笑ったものからご紹介しますね。

笑ったもの

ビーズのトランプ

f:id:ohitorisamazanmai:20180927101132j:plain

なぜかこのビーズのトランプを見た時に、思わず笑ってしまいました。

まだ持ってたんだ私、と自分に対してなんだかおかしくなったんですね。

もういいから手放そう、とすぐに感じました。

これはファンならご存知だと思いますが、あるアルバムを買うと付いてきたんですね。
その頃はビーズの曲をよく聞いていたので、ベストアルバムが出るたびに買っていました。
でも、一人でトランプすることもなかなかないので、持っていても仕方ないですよね。

ファンはやめませんが、トランプは手放します。

去年ビーズの稲葉さんの故郷、岡山県でコンサートがあり、地元は大いに沸きました。

私はコンサートには行きませんでしたが、地元の駅には大きなポスターが展示されたんですね。

そのポスターくらいは写真を撮りに行きましたよ。

f:id:ohitorisamazanmai:20180927103053j:plain

相変わらずお二人とも若々しくてエネルギッシュですよね。

これからも陰ながら応援したいと思います。

入院中にいただいたメッセージ

私が数年前に交通事故で入院していた時に、担当になった研修中の看護師さんからいただいたメッセージです。

f:id:ohitorisamazanmai:20180927103822j:plain

私の好きな某フィギュアスケート選手の写真を貼った、メッセージカードをくれたんですね。オリンピックでメダルを取った、といえばおわかりでしょう。

ちょうど入院中に私が誕生日を迎えたので、お祝いとして作ってくれた手作りのカードです。

今でも見るたびに元気になります。

これはしばらく手元に置きたいと思います。

泣いたもの

離婚時の記録

f:id:ohitorisamazanmai:20180927111217j:plain

私は最初の夫とは離婚しています。

そのころの経緯を書いたメモ帳たちが出てきました。

あの頃は辛かったり悲しかったりしたけれど、今はこうして前向きに生きている。

もう自分の中では解決済みのことなので、手放したほうがいいと思いました。

長女からの手紙

f:id:ohitorisamazanmai:20180927111300j:plain

今は離れて暮らしている長女ですが、長女が結婚する時にくれたメッセージカードと、夫が亡くなった時にくれた手紙は読み返して泣きました。

決して夫と仲がよかったわけではないのですが、それでもしみじみとした哀悼の意が感じられる手紙です。

この手紙は死ぬまで持っているでしょうね。

今回の反省

引き出しの中はビフォーアフターであまり変わりませんが、載せておきますね。

f:id:ohitorisamazanmai:20180927100304j:plainf:id:ohitorisamazanmai:20180927111904j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20180927100330j:plainf:id:ohitorisamazanmai:20180927111926j:plain

下の引き出しの折り紙は、別の場所に移動しました。

今回、机の引き出しという小さい空間を片付けました。

それでも意外と捨てるものが多かったですね。

こちらが捨てるものです。

f:id:ohitorisamazanmai:20180927105302j:plain

使わない小銭入れや実家の姓のハンコ、ハンドメイドのカードケース、そしてたぶんスマホか携帯用のカードも、一緒に感謝して手放します。

あの狭い空間に、これだけいらないものがあったのが驚きです。

もっとひんぱんにチェックしないといけませんね。

思いがけず泣いたり笑ったりした片付けですが、終わった後はスッキリしています。

今回、机の引き出しは、物だけでなくいろいろな感情も呼び起こす、パンドラの箱でした。

あなたにもそんな箱がありますか。