冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

洗面台の棚を片付けるきっかけになったものとは?断捨離したものとビフォーアフター。

今日、私は洗面台の棚を片付けました。

あることがきっかけで始めたのですが、そのお話と片付けで断捨離したもの、棚のビフォーアフター画像をご紹介します。

洗面台の棚を片付けたきっかけ

私は今年5月に引っ越して一人暮らしなので、そんなに不用品は多くないと思います。

それでも、今回洗面台の棚を片付ける必要性が出てきました。

それは、8月末から肌断食を始めたからです。

私が肌断食を始めて一か月近くたちますが、いよいよ不要だと感じてきたのが基礎化粧品です。お化粧は時々するので、ファンデーションは残します。

それで化粧水などの基礎化粧品を置いている、洗面台の棚をついでに片付けようと考えました。

今回断捨離したもの

そういう理由で、今回手放したのは基礎化粧品が中心になります。

まず、洗面台の棚のビフォー画像からどうぞ。

f:id:ohitorisamazanmai:20180926113339j:plain
左側には上からヘアアイロン、ドライヤーがあり、一番下に化粧品があります。

右側にはブラシや口紅、歯ブラシ、綿棒などが置いてあります。

この中で手放したものをご紹介します。

化粧水とクレンジング、手鏡 

f:id:ohitorisamazanmai:20180926104151j:plain

化粧水

化粧水は以前の記事でも書いていますが、唯一使っていた基礎化粧品です。

その話はこちらから読むことができます。

www.yamanoyume.com

 先月から肌断食を始めたので、真っ先に不要になったのが化粧水でした。

化粧水がきっかけになって、洗面台の棚全体を見直そうと思ったんですね。

この化粧水は30年ほど前から愛用していた、ちふれのものです。

他社の化粧品でかぶれて以来、ずっと使っていましたが、もう私には必要なくなりました。

長年お世話になったことに感謝して、手放したいと思います。

クレンジング(化粧落とし)

それから、外出時に薄化粧するのでクレンジングは使っていましたが、いろいろ調べてみると、石けんでも落ちそうなので、先月から使っていません。

使わなくても化粧は落ちていると感じるので、手放します。

手鏡

この手鏡はいただきものです。

小ぶりでかわいいので持っていましたが、洗面台で使うことがないし、外出時の化粧ポーチには別の手鏡が入っているので、必要ないと判断しました。

旅行用化粧ポーチの中

片付けていて、この棚ではなく洗面台下に置いてある、旅行用の化粧ポーチにも化粧水とクレンジングが入っているのを思い出しました。

f:id:ohitorisamazanmai:20180926110318j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20180926110354j:plain

その二つと一緒に、めったに使わないコットンも手放しました。

そして、上の棚にあった化粧水とクレンジングがなくなったので、洗面台下に置かれていた旅行用の化粧ポーチを、上の棚に移動することができました。

ビフォーアフター画像

もう一度ビフォー画像とアフター画像を比べてみてください。

f:id:ohitorisamazanmai:20180926113339j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20180926110916j:plain

あまり変わりませんね💦

旅行用の化粧ポーチには、ファンデーションのパフの替えや鼻毛切りが入っていて、家でも時々開けるので、私はとても楽になりました。

 洗面台下は今のところ片付ける予定はないので、旅行用化粧ポーチの移動だけでした。

今回の反省

今回手放したものはこちらです。

f:id:ohitorisamazanmai:20180926111946j:plain

見ていただくとわかりますが、数は少ないです。

それでも、当初の目的である、化粧水を手放すことができたのは、よかったと思います。

時々開ける旅行用の化粧ポーチも、取り出しやすい上の棚に移動することができたのは、うれしい誤算でした。

今回、肌断食というライフスタイルの変化があって、断捨離しました。

以前も書きましたが、ライフスタイルが変わると必要な物も変わります

今後、そういう変化にも迅速に対応していかなければいけない、と感じました。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てばうれしいです。