ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

娘や孫のそばに引越すのは楽しみだったはず!ストレスの原因は完璧主義?

最近、私はや孫のいる高知に引越しました。

孫のそばに住むのは初めてで楽しみな半面、少々ストレスを感じていたことも事実です。

娘とは割合気が合うほうで、孫もかわいい。

昨日、やっと気が重かった理由に気づきました。

今回娘や孫の近くに住むのが楽しみなはずなのに、ストレスを感じていた話をご紹介します。

娘と孫のそばに住むのは楽しみ

f:id:ohitorisamazanmai:20200806095044p:plain

当ブログの読者さんはご存知と思いますが、私は先月末高知に引越しました。

高知に住む長女がこの秋に第二子を出産予定なので、手伝うつもりでやってきました。

高知には2歳半になる初孫もいます。

割合気の合う長女と孫のそばに来るのは、楽しみでした。

 

また農業の盛んな高知では、野菜や花も育てたいなと。

当面はベランダ菜園になりそうですが、生活が落ち着いたら早速始めるつもりです。

娘のそばに住むことで感じたストレス

f:id:ohitorisamazanmai:20200806095835p:plain

実は楽しみな反面、少々ストレスを感じていたことも事実。

高知が生まれて初めて住む土地だということも、もちろんあります。

初めて住む以外にも、娘に対して申し訳ない気持ちがありました。

 

娘は産後1ヵ月ほど里帰りしたかった様子。

私も部屋が広ければぜひそうしたかったのですが、6畳のリビングしかない部屋ではどう考えても無理。

私が次女を産んだ時は里帰り出産したので、娘に同じことをしてやれない自分が情けないなと。

 

そのかわり産後しばらくは、娘に昼食のおかずを作る約束をしました。

2年ほど埼玉に住んでいた頃は、一人暮らしで料理もあまりしない状態。

毎日また料理を作る暮らしができるか、少々不安でした。

数日前久しぶりに煮物を作り、慣れれば何とか続けられそうだなと。

料理に関しては、手ごたえを感じました。

   

実はもう1つ、気がかりなことがありました。

娘とどう付き合ったらいいか、少々悩んでいたんですね。

娘とは2人で暮らしたこともあり、気心が知れていて気楽な親子関係だとは思います。

ただ現在、娘は家庭を持つ身。

私とは親子でも、別世帯。

一緒に出かけた際の支払いをどうするか、気がかりだったんですね。

 

これまではたまにしか会わないということで、食事は毎回ご馳走になっていました。

今後は私も高知の地元民。いくら親でも、毎回ご馳走になるのは申し訳ないなぁと。

先日娘にも、これからは割り勘でいいよと伝えました。

できれば逆に私が食事代ぐらいは、払ってあげたいくらい。

そこまで余裕はないので、申し訳ないなと勝手に思っています。

また孫育てもどの程度関わったらいいのか、よくわからないなと。

最近、娘が孫育てに関する本を貸してくれました。

 

パラパラと読んだ程度ですが、祖母がすべきなのは母親の求めることをしてあげることだとか。

もともと余計な手出しをするつもりはありませんでしたが、娘が望むことさえすればそれでいい。

そう思ったら急に気楽になりました。

 

そもそも楽しいはずの高知移住でストレスを感じたのは、完璧主義が顔をのぞかせていたから。

初めて孫のそばに住むことで、いつの間にか完璧なおばあちゃんでなくてはと思い込んでいました。

完璧な人間がこの世に存在しないように、完璧なおばあちゃんも存在しないはず。

自分にできる範囲のことをすれば、それでいいのですよね。

気持ちを落ち着かせて、娘の出産を迎えたいと思います。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

もともと私には、完璧主義なところがありました。

気心の知れた娘との関わりでも、つい必要以上のストレスを感じていたようです。

もっと心に余裕をもって、二人目の孫の誕生を待ちたいものです。

実はコロナの影響で、娘の出産直後に産院で会えない可能性も出てきました。

少しでも早く、コロナには収束してもらいたいと切に願います。